FC2ブログ

プロフィール

あまの

Author:あまの
白雪納戸(シラユキナンド)という
屋号でハンクラ活動しています。
英語表記 whitesnow closet
(ほわいとすのーくろーぜっと) です。

記事は基本的に長めです。
改行も少なめで密度が高いです。

↓作品販売しています↓
* ショップカート *
* ハンドメイドマーケット minnne *

* Twitter @whitesnow_c *
↑新作など最新の情報を載せています↑
みんね経由でない販売を行うこともあります。

ブログ内検索

最新記事

カテゴリ

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

カン付きの口金。

クリマ中にちょっとハマラボさんを覗いてましたら、
デッドストックだった大型眼鏡口金を復活させて定番化する!というお知らせが。
面白い口金なので、いろいろ作ってみたいとは思っていたので、
定番化するというのは大変大変嬉しく思いましたのです。
(いつ買えるかはさておいて)

しかしながらですね、ただでさえカンがついた口金なのに、
ゲンコを大玉にリニューアルしたというのを見て、だいぶがっかりしました。

なんで口金自体を重くしてしまうかな…

以前、大玉の口金を別なところで購入しましたが、本体ががっちりしてないと口金の重みでつぶれてしまうのです。
かなり大玉だったのもあって、重くて、全体的にも重くなってしまうので、どうにも使いづらい。
数本購入したものの、一本だけ使ってあとは廃棄してしまいました。
(使えないで放置してたらさびちゃったし…)

カンつきの口金は、持ち手も口金に装着するので、本体の重さを支えるのが口金とのつなぎ目だけになります。
縫い付け口金だったらつなぎ目をきっちり縫っちゃうので、強度もあると思うんですけど、
差し込み型のは、接着剤と紙紐で支えているのです。

強力な接着剤を使うようにはしているけど、耐荷重何キロ、と計測できるわけでもなくてですね。
経年変化もあるだろうし、正直そこまで保障できないんですよ。
なので、大型のバッグを作るときは、口金に負荷をかけないよう、本体に持ち手をつけるデザインにしています。
カン付きの大型口金を使うときは、容量を小さくしています。

なにぶんワタクシのまわり、重い荷物を持つひとが多くてですね。
大きくて重い、はもちろん、小さいけど重い、もアリなんですよ。
故に、カン付き口金のバッグは、危なくて使えないという方もいるのです。

それとワタクシ自身が、重いかばんを持ちたくないたちでして。
重いものが入るのは仕方ないので、入れ物自体は出来るだけ軽くしたいわけですよ。
だから大玉は好きではないのです。少し大きめ、くらいならバランス的にもいいんだけど…


ハマラボさんは大玉が売りだもんなー…
木玉にしろ金属玉にしろ、大玉ばんばんありますもんね。
カン付きもお好きなんでしょうね。
レチックスボンドで外れたことありません!とまで仰っていますし。

荷物の軽い方なんだろうな、と思います。

眼鏡型は欲しいけど、カン付きはなあ…
おまけにめちゃくちゃ高いっていうね! 
強度を考慮すると、大容量には出来ないのに、全体としてそこそこのお値段にせざるを得ないという…
量産型には向かない代物だなあ……


スポンサーサイト



edit↓ top↑

コメントの投稿

secret