FC2ブログ

プロフィール

あまの

Author:あまの
白雪納戸(シラユキナンド)という
屋号でハンクラ活動しています。
英語表記 whitesnow closet
(ほわいとすのーくろーぜっと) です。

記事は基本的に長めです。
改行も少なめで密度が高いです。

↓作品販売しています↓
* ショップカート *
* ハンドメイドマーケット minnne *

* Twitter @whitesnow_c *
↑新作など最新の情報を載せています↑
みんね経由でない販売を行うこともあります。

ブログ内検索

最新記事

カテゴリ

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

撮影のコツ。

方眼紙の上で撮影したらサイズがわかりやすい、という
オトモダチの意見に従って、ひとまず定規をおいてみました。
150927.jpg
定規のマス目がちょうど1センチ角になってるんだけど、どうだろう。

方眼紙置きは形状的にちょっと難しいのです。平らな物ならいいんだけど…


先日のアメトークで、SNSの写真の話になって、
一日何枚も写真アップするにしても、時間経過で変わっていくのと、
一度に同じようなものばかりなのとでは違う、というのを近藤春菜嬢が言ってたのです。

後者はほとんど変化のない写真だけがだらだら続く。
見る側も飽きる、と。

ああそっかー、とすとんと納得する物がありました。
そうなんだよ、同じような写真ばっかって、自己陶酔の自撮りを押しつけられてる気がするんだよ。
だからイラッとくるんだな、と。


ここからはマニアックな話なので畳みます。


商品撮影にも同じことが言えると思うのです。
同じようなアングルで同じような距離の、変化のない写真がいくらあっても、詳細説明は果たしていないわけで。

最近知った、オクの某出品者さんの写真がすごく上手なのです。
出品はカスタムメイクのドールヘッドで、ヘッドのアップ写真が多いのは当然だけど、
ドールハウスみたいな立派な家具付きの背景で、ヘッドに合わせた衣装とポーズで、どの写真もめちゃくちゃ素敵。
カスタムの腕もさることながら、この背景で知らず知らず惹かれてしまうひとも多いはず、と思います。
むしろもっと見たいハスハス!ってなります。

もうひとつ、前から時々見るドール出品者さんは、どうも苛々します。
ここもカスタムドールなんだけど、同じようなアップアングルばかり。
衣装もお手製なので、ものつくりびととしては前から後ろから遠近いろいろ見たいのですけど、
写真数の割に変化がなくて、見たいのはそこじゃねえんだーーー!!と、いつも思うのです。
私の腕を見ろーー!!って感じが押しつけられるのもちょっと苦手。

この方は文章もちょっと鼻につきます。
パソコンをパーソナルコンピューターとわざわざ表記してしまうような「知ってます」感が漂ってきます。
いちいちめんどくせーヤツだなオイ、って感じがします。ので、好みの問題もあると思います。


でもまあ、前者の素敵写真のひとが、まる剥げヘッドのみ散らかった机上に置いてたらやはり魅力は半減なわけで。
(素敵カスタムだから見つけるひとは見つけるだろうけど)

大事なのは品物そのものだけども、気に留めなくても目に入っているはずの背景の力も大事、と
つくづく思うのです。


形から入る人間なので、そんなことを考えます。ぼくのわるいくせ。

スポンサーサイト

edit↓ top↑

コメントの投稿

secret