FC2ブログ

プロフィール

あまの

Author:あまの
白雪納戸(シラユキナンド)という
屋号でハンクラ活動しています。
英語表記 whitesnow closet
(ほわいとすのーくろーぜっと) です。

記事は基本的に長めです。
改行も少なめで密度が高いです。

↓作品販売しています↓
* ショップカート *
* ハンドメイドマーケット minnne *

* Twitter @whitesnow_c *
↑新作など最新の情報を載せています↑
みんね経由でない販売を行うこともあります。

ブログ内検索

最新記事

カテゴリ

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

【新作】L字型かんざしケースできました。

制作過程を撮るほどでもなかった…

幅8.5、高さ22、厚み約1.2センチ。
L字型の口金で、単純にざくっと突っ込むタイプです。
190401-1.jpg

内袋はふかふかめ。真っ黒でなんも写りません。
190401-2.jpg

長い軸が入るように22センチ。これはわかりやすいように軸から突っ込んでいるけど、垂れから突っ込むほうが良いと思う。
190401-3.jpg

L字の口金は天溝と言って、溝が外側が向いているのが一般的かと思うんですが、
これは内側に溝があるので、袋の角に取り付けるだけの簡単仕様です。
両側のヒンジが内側に曲がっていたので、袋に干渉しないように伸ばしてみたら、なんと口金が開かない。
(開くんだけどきつい)
ので、やむなく内側に曲がったままのを取り付けています。干渉しています。おのれ。

口金とほぼ同サイズの袋に取り付けるなら問題はないと思うんだけど、そうじゃないからどうしたものか。

長辺のヒンジは諦めるけど、短辺のヒンジは袋の方に切込みを入れることで回避しようかと考えています。
また無駄にハードルが上がるけど…

天溝タイプも内側に曲がってるんだけど、ヒンジの場所がちょっと違うのであんまり気にはならなそうというか、ごまかせそうというか。

これもモニター兼プレ企画の一品です。量産するかは未定。天溝よりは作りやすいけど、仕上がりが微妙なので、このタイプで作るのは口金がある分だけになると思います。

スポンサーサイト



edit↓ top↑

  • 2019
  • 04/01
  • Mon

帰路の思案。

できたばかりのボックスがまの反省と練り直し。

展開図が同じだと縫い代も重なってしまうし、キルト芯を使っている分内外の誤差が出るわけですよ。
縫い代の重なりを少しでも減らしたいなーと思うし、試作の芯だとやっぱり潰れかねないなと思うし、
芯は柔めにして、壁部分にポリ芯を仕込もうかなとか、あれこれ思案なのです。
柔い芯なら少し縫いやすくなるし。

ポリ芯は何もぐるりと入れなくても、四つ角だけでもいいかな?
壁ぐるりが50センチくらいあるので、芯の切り出し方によってはだいぶハードルが上がるし、お値段も上がるわけですよ。
(0.5ミリのポリ芯ってなかなかないのだこれが)

そんな感じで設計を練り直すことはままあります。
マイナーチェンジのレベルなんだけど、こうしたらもっと良くなるかも、の試行錯誤だし
(超大型がまなんて7回ぐらい直している)
型紙も浮かばないときは一時間以上白紙のまま唸ってたりもするし、
その上澄みをかっさらって我が物顔をする「模倣」という行為はやはり嫌なものだと思いました。

数日前にツイッターで模倣をネタにしたのもあるのだけど、
かんざしケースはガチで模倣されたことがあるので(それも知人に)
なんとなく思い出してしまうのです。

よく「模倣して恥ずかしくないのか」なんて言いますけども、そんな羞恥心があったらそもそもしないのだろうし、
ついでに矜持も良心も持ち合わせていないのだろうから、そのあたりを説いても無駄なのだろな、と思ったりします。
持ってないものの感覚なぞ解らないですものね。


当時の顛末は追記に。

edit↓ top↑