プロフィール

あまの

Author:あまの
白雪納戸(しらゆきなんど) こと
ほわいとすのーくろーぜっと です。

天野忍の行ったり来たりハンドクラフト制作記録。
お裁縫、ビーズ、レジン、など。

自己流ミラクル技が多いので、レシピは載せていません。

記事は基本的に長めです。
改行も少なめで密度が高いです。

↓作品販売しています↓
* ハンドメイドマーケット minnne *
* Creema *
* tetote *

* Twitter @whitesnow_c *
↑最新情報はこちら↑

新作をご覧になりたいときは、
ブログ内検索で「新作」を検索してください。

ブログ内検索

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
  • --
  • --/--
  • --

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

edit↓ top↑

【新作】 ニット柄のぼってりバッグできました。

幅28、高さ19、マチ11センチ。
リアルなニットプリントの生地です。
160928-3.jpg

マチが分厚くて自立します。
合皮をあしらって底板を入れてあり、型崩れしにくくなっています。
160928-4.jpg

プリントなので毛玉も出来ないし、引っかかりません。


アタシにはこれ、プリントに見えるのですけども、
ほんとのニットだと思う方が多いのか、よくさわっていかれます。
そんなわけで注目度の高い一品だと思います。


スポンサーサイト

edit↓ top↑

口金を使い切る。

一本だけあった口金を買い足して、二個作ろうと思ったのですが…
地味に形とサイズが違うというね…
口金そのものの長さは同じなので、型紙使い回せるような気もしますが。

残り少ない生地をまんべんなく使おうとした結果、
160928-1.jpg
無駄にマチを厚くしすぎた感があります。

足りない分を合皮で補って、底板も入れてみたりはしました。
160928-2.jpg
生地が足りないから合皮なんだよー(小声)

柄の出し方も美しくしようとすると、思ったような形にできないと言うね。
左右対称の柄になった方が見た目美しいと思うもんね。そういうとこにこだわってしまうボクの悪いクセ。

口金を取り付けては見たものの、思ったようなシルエットにもなってないなあ…うーん…

edit↓ top↑

せっけんを作る。

手作りせっけんを作ってみたくて、材料を買っていたのです。
それが発掘されたのでやってみることにしました。

MPソープというもので、レンジで溶かして材料混ぜ込んで固めるというそれだけのものです。

ポンコツ気味のレンジで何度も加熱して、いろんなパウダーを混ぜて、シリコン型に流し込み。

抜いた。
160927.jpg
見た目えげつないわあ…

バターが溶けきってないのもあるし、混ざりきらなかったパウダーが沈殿しちゃってるわあ…

ホワイトソープとクリアソープを混ぜたのも色合い的にはよくなかったです…
ホワイトだけだったらもっといい発色になったと思う。

大きさはかなりいい感じです。

思ったよりせっけん素地を消費しましたが、パウダーはまだまだあります。
ローカルイベ用に時々は作ってみたいな。
着色パウダース捨てちゃったのが惜しまれる…

edit↓ top↑

木玉を仕上げる。

少し前に購入していた木玉口金をいよいよ消費します。

注文した数より一本足りなくて、問い合わせしたのはご愛敬。

大きさもいい感じの木玉で、黒に近いブラウンと、塗装なしのナチュラルがあります。
これね、塗装だけでなくて仕上げもないのね。
なのでさわっていたら汚れてしまうので、ニスを塗ることにしました。
ブラウンの方も仕上げ無しなので、色落ちしそうなので塗ります。

ニスというか耐水性のコート?? 粘土用に買って置いたのがこんなところで役に立つとは…

塗る前(左)と塗ったあと(右)。
160927-2.jpg
ナチュラルの方は一段階色が濃くなりました。
マットタイプのはずなのだけれど、厚めに塗ると艶が出てしまいました。いいけど。

ブラウンの方は塗っている段階でもう色が落ちてきたので…
普通に使ってたら確実に色落ちするだろなあ。危ない危ない…

edit↓ top↑

かぎ針編みをする。

イベ中手が空いていたので、持ち込んで毛糸でもっつもっつ編みました。
端がでこぼこして格好悪いのが悩みだったのだけど、編み物をされている参加者さんにご指導を賜って、まあまあ美しく出来たと思います。

160925-1.jpg
長編みオンリーの超シンプルマフラー。
ドールサイズなので、7×65センチくらいです。
フリンジをつけたらもう少しそれっぽくなるかなあ。

毛糸は腐るほどあるので、ちょっとずつでも消費できたら助かるな…
思ったより短時間で出来たし…


edit↓ top↑

【新作】 大きめポーチできました。

幅19、高さ13、マチ4センチ。
160924-3.jpg
アリス柄の大きめポーチです。内側もアリス生地。

口金と生地使いきりするので6個作ります。

(生地目一杯にした結果、大きくなりすぎた感はある…)


edit↓ top↑

ひとつぶチャームを作る。

ChikChikさんで購入してきた小さめのビー玉。
160924-1.jpg
ガラスドーム用のキャップがあったので、ぺたぺた貼り付けました。
この模様のビー玉はよくあるけど、フロストになっているのは珍しいなと思いまして。
それに一回り小さいので、お手頃価格のチャームにしようかと。

破損防止を兼ねてがっつりラッピングします。
マカロン用に買ったコンパスカッターが思わぬ活躍をしてくれました。
160924-2.jpg

言ってしまえばパッケージ詐欺でもあるのよ(言うな)。
ひとつぶチャーム自体は昨年作っているけど(そしてなかなか出せないでいるけど)、
むき出しで入れ物にじゃらじゃら入れてました。
省スペースな反面、握り込まれて隠されたらアウトというリスクもある。
(実際それで気がつかなかったので)
8月のがりゅうさい出品で、「あえて大きくラッピングする」のも大事だなと思って、
名刺大の無地カードを台紙にしてみました。
その分価格も上乗せするのです。出来ると思うんです。

まずはイベントでの反応を見てからだね。

edit↓ top↑

仕切り箱を作る。3

貼れました。
160923-1.jpg
最初に出来た5センチ箱も、シワが気になって結局剥がしたり…
とりあえず週末のイベに間に合ってよかったー

4センチ、6センチを二個ずつ、5センチをひとつ重ねるとぴったり四角になる不思議。
160923-2.jpg

4センチと5センチを重ねるとこうなる。
160923-3.jpg

5センチと6センチを重ねるとこうなる。
160923-4.jpg

狙って作ったわけではないので、なんだか不思議。

それにしても時間食ってしまった…

edit↓ top↑

仕切り箱を作る。2

箱が出来ました。
160922-1.jpg
底が浅いので、まあ結構楽に作れました。
こんな風に並べて使うことも出来るし、場所に応じて一個だけにしたりずらしたりも出来ます。
それぞれの箱にして正解だったな。ものに応じて使う箱だけ持って行けるし。

小物を入れてみるとこんな感じ。
160922-2.jpg
幅に応じて高さもちょっとずつ変えています。
出来るだけ立てて並べたいし、これはなかなかいい感じ。

サイドが貼れました。
160922-3.jpg
隙間を出さないように手探り作業なので、最初の一個に時間がかかります。
あとはそれを踏襲していけばいいんだけど…
なるべく少ない枚数で貼ろうとするからめんどくさいのよね、我ながら。

5センチ幅のが貼れました。
160922-4.jpg
…いや一番楽な4センチからやるつもりだったんだけどね??
4センチだと思い込んで作業したのが5センチだったのよ。

しかも思ったよりシワがでてしまいましてね…
これはこれでかなり時間かかったし、よしとするか…

edit↓ top↑

編み物をする。

買いものに出かけたついでに、本屋に立ち寄りました。
シーズンなのでまあ編み物本たくさんありますよ。
アタシが作りたいのはかぎ針編みのマフラーとか帽子くらいなので、その辺の小物がちょっと載っていれば充分なんです。
編みもなるべくシンプルでいいんです。

本屋の本は本格的。
そこまでやらないから、半分以上は使わない内容になってしまうわけで…
お値段もするしなー…

…と買わずに済ませましたが、百均にこれがありました。
160922-5.jpg
毛糸メーカーのごしょう産業さんの本。
セリアとかの毛糸はここのメーカーのが多いです。

基本的な編み方のみが載っております。オールカラーで。
160922-6.jpg
いやー、アタシにはこれで充分ですよ。
マフラーだもん。まっすぐ長く編めばいいだけだもん。
お値段的にもありがたいです。

てかアタシ、本当にかぎ針編みを始める気だな…
10代初めの頃に手習いは受けたので、できなくはないのです。
棒針編みはついにものに出来ないけれども、かぎ針編みなら当時もそこそこ出来ていたはず!!

そんなわけで手芸屋さんでふっといかぎ針を買いました。
(そこは百均にしないのか…)


edit↓ top↑

仕切り箱を作る。1

口金消費祭でできあがったのがこれだけあります。
160921-7.jpg
49個(確か)。これだけ集まると気持ち悪いね(えっ)

省スペースでスマートに並べたいので、これを設置する箱を作るのです。
主にがりゅうさい用。ペタおきすると場所とってしまうなと。

正方形に近い感じで、4、5、6センチの仕切りをつけて作ろうかと。
…これ、なんか前にも作った気がするな…

作ってます。
130810.jpg
マルセルの引き出しです。実に三年前です。
今見ても美しいわこれ。

かさばるのはいやだなーとか何とかぐるんぐるんしたあげく、
4、5、6センチ幅の箱をそれぞれ作ることにしました。

外装はこれです。
160920-1.jpg
和柄物のラッピング用にとしこたま買ってしまった包装紙です。
いやこんなに要らないんだけどね? ロットが大きくてね?(泣)
レトロな感じするしまいっかー、と。

パーツを切り出します。
長方形だけなのでそんなに難しくないです。横幅は共通だし。
それだけに間違えやすいので、パーツに名称を書き込んでおきました。
160921-8.jpg


edit↓ top↑

【新作】 ちっちゃい小銭入れできました。

幅9・5、高さ6・5、マチ3センチ。小さいです。全3個。
160921-5.jpg
やっと口金使い切りました!

幅7、高さ6、マチ4センチ。さらに小さいです。チェーンつけるかも。全6個。
160921-6.jpg


小さくて手縫いさぜるを得なかったりするので、積極的に作りたくは無いサイズなのですが…
地方イベントで捌けやすいのもこのサイズだったりするのよね…
東京だとどうだろう。試しに何個かやってみようかなあ。

edit↓ top↑

【新作】 縦長ポーチできました。

新作がま 幅10、高さ14、マチ3センチ。珍しく縦長です。全9個。
160921-4.jpg
サイズ的にシガレットケースあたりかなと思ったりします…
幅が狭くて足の長い口金って、案外形にしにくいなと思いました。

edit↓ top↑

【新作】 スクエアポーチできました。

新作がま 幅14、高さ11、マチ4センチ。全7個。
160921-3.jpg
形とサイズが気に入っているので、小物の定番にしようかと考えています。

何を入れるにもちょっと中途半端な気はするけど…
捌け方次第かな。

edit↓ top↑

【新作】 大きめポーチできました。

幅17、高さ13、マチ5。ポーチとしては結構大きめです。全六個。
160921-1.jpg
これも口金使い切りました。

edit↓ top↑

【新作】 持ち手つきポーチできました。

幅15、高さ12、マチ3・6センチ。ミニ持ち手つきます。
160920-2.jpg
全7個。
口金使い切ったので増産しません。

edit↓ top↑

イベント参加を考える。

什器作らなきゃなーと参考に楽天をだらだら眺めつつ。

がりゅうさい、継続参加しようと考えていましたが、什器も作るつもりでいましたが、

やめっかな

と思えてきました。

12月から一般公募がなくなる(紹介制になるらしい)、というのを知った時点で、なんだかすごく萎えてしまったのです。
「アタシが参加できるのか」が現時点ではっきりしていないので、予定が立てられないというか、
頑張って什器作っても一回二回しか使わないんじゃない?と言うか。
スペースのサイズが独特なので、使い回せないですし。

8月は夏コミ、10月はarteVarieとかぶっているし、同時進行するのはちょっとキツイのもあります。

先月申し込んだ時はあんなにやる気に満ちあふれていたのにねえ??
ハッシュタグ絡みで増えたであろうフォロワーが一気に減ったのもショックだったし、
またこれ繰り返すの?と思うとやだな、というのもあります。

一回二回でうまいこと結果が出るわけでもないだろうけども。
萎えた気持ちを奮い立たせるだけの材料が今は見つからないです。
「12月からも出てください!」というオファーがあるなら別だけどさ…
主催もまだいろいろ考えているみたいなので、答えが出ないというか。
(問い合わせたんだけど明確な返事はいただけませんでした)

そもそも、全国規模で開催するのがいいなと思ったのですが、通販があるわけですよ。
通販って全国規模ですよ。
大型イベだって全国から参加するだろうし。
分散して不完全な注力になるよりは、できる範囲のことを120%やりきる方が大事なのじゃなかろうか。
委託販売も増やしたいわけだし、アタシ、手一杯じゃない??


…ここまで悶々としてるんだったら、やめなよ。
やめちまえよ。精神的にすっきりするよ。




edit↓ top↑

口金消費祭開催2016秋。5

縫うのに飽きて、できあがったもののゴミをとりつつ薄紙を詰め詰め。

くし形の小銭入れ大、閉じた時の形を整えるのも大事だと思いました。
型紙がもうぼっこり張り出す形になっちゃってるから今更なのだけど、いまひとつかわいくないなあ。
自分的ベスト小銭入れは、数年前に作ったもので、いまだにそれを超える美しいものができません。
(そもそも仕立てていないのもある)
小に至ってはサイズオーバーだしね、ほんともうアホかとね!

仕立てたものの中で一番可愛いと思う形。
口金幅12センチ、幅14センチ、高さ10センチのマチ4センチ。
160918.jpg
片手の平より少し大きいくらいで、ちょっと小ぶりですがいろいろ入りそうな気がします。
これ定番サイズにしようかな。

マチ無しのくし形(丸型?)がドヘタだというのも判明しました。
あまり作ることがないからだろうし、何となくコツもつかめてきたけど、頑張りたい部分じゃないかも。
需要はそれなりにあるだろうし、小物という点では、二種くらい定番に加えてもいいのかもしれません。
ジャストな型紙が作れれば少しは楽しくなるかもしれない。

…と、考えましたが、角形オンリーでもいいかもと思い直しました。
10センチと12センチの角形で、ポーチと小銭入れ定番。どうかなー。
お財布の中にがまぐちを入れる人も見たことあるし、そういう方には7センチくらいのがいいのだろうけど…
ジャストな型紙が(以下略)。

カーブのキツイ13センチくらいの口金も数本見つかったので、これも消費してしまいます。
デザインどうしようかな…丸くて大きいのって案外面倒なのよね…
どうも丸みのある形に苦手意識が芽生えてしまったようです。

サイズオーバーした小銭入れ小は、幅を狭めて縫い直すことにします。
2個できあがっちゃったのはそのままにするとして、残り9個はびしっと仕上げたい!!
面倒だけど、オーバーするとわかっていて完成させるのは苦痛なのです。


さて小物の目処がある程度ついたとして。
これをうまいこと立ててディスプレイできる箱が欲しいのです。
仕切りつきの箱を作るつもりではいたけども、仕切りだけでも取り外しとか組み立て式にならないかなあ…
何も入れられない箱を作るとなると搬入でかさばることこの上ない…

仕切り取り外しの箱とかいいのだけどね、それをカルトナージュでやるのかって話ですよ。
作れるだろうけど至極めんどい。
どうしよ。

edit↓ top↑

口金消費祭開催2016秋。4

口金の端をかしめた結果、しまりがゆるくなることがあって、
ゲンコを曲げて調整したりしますが、

一個ぶっ壊しました…
うん、このタイプは折れるよね…

余っているものがないので、似たようなサイズのを探しましたが見つからず。
本体をちょっと縫い直して、少し大きい口金に取り替えることで事なきは得ましたが(一応)。
見た目があまり美しくないというのが切ないところです。
しかもこれ結構いい口金だからね…これだけお値段アップしちゃうよね…美しくないのに…

ぐすん。

同じタイプのがもう一本ゆるくなりまして、破壊ダメ絶対とおそるおそる調整してましたが、
ゲンコではなく枠そのものをちょこっと動かして、元通りぱちっと閉めることができました。
この方法を一時間前のアタシに教えたいよ…
へこむ。


さて大物(といっても両手のひらサイズ)をクリアして、小銭入れに着手しつつあります。

マチのない形を大小二個作りましたが、

大もちょっと本体サイズオーバー気味でしたが、

小は完全にオーバーしました。

仕方ないので真ん中にギャザー寄せて無理矢理整えました。
元からこういうデザインですが何か、ということにしたい。

うーん、芯の厚みを加味して、2ミリくらいずつ大きく縫ったのがマズかった…
口金が小さいほど逃がし場所がないです。
角形だと角のあたりで調節できたりもするのだけど、くし形なのでそれもできない。
久しぶりにしくじりました。

作業しながら、精力的に活動しているオトモダチの作品をツイートで見たりして。
アクセ系(と思う)のジャンルですが、見るたび思うのですが、
もし自分が同じものを作れたとしても、これほど魅力的には見えない気がします。

机の上で眺めてみて、果たしてこれってどうなの?と首をかしげる自分が想像できます。
バッグチャームが今のところそれに当たるのですが、何をどう作っても手応えが薄いのは、
そっち方面の自信がまったくないからだと思うのです。

無理しないで自信持てるとこを伸ばしなさいよってことよね、と思いたいわけですが、
目の前にはサイズオーバーした本体。
うう、さらにへこむ。

ほかのひとが作ったものはだいたい魅力的に見えるのですよ、アタシ。
自分と同じものを他の人が作ったとしても、「わあ素敵!!」ときっと思うでしょう。
なんだろうね、自分が作ったものに対していまだに自信が持てない時があります。

しかしこのサイズオーバーはダメだろ…黙ってればわからないだろうけど、ダメだろ…

edit↓ top↑

口金消費祭開催2016秋。3

本体合体までできたのも十数個できてきたので、口金付けを並行して進めます。
一気にやると洗濯ばさみが足りなくなっちゃうので。

はめ込み前にアイロンで形を整えるのですが、
小さいものはアイロンが入らなくて四苦八苦します。
和裁用コテだったらぐっと押さえられるものを……!!

と憤った結果、

購入することにしました。

結構な値段するので今じゃないけど…
ポイント10倍とかスーパーセールのときにでも!!


できあがっているのはほとんどが大きいものなので、さくさくと差し込んでいきます。
いやー、びっくりするほどジャストフィットだわあああ!!

14個ほど差し込んだところで洗濯ばさみが足りなくなりました。
60個くらい作っているから、あと3ターンです。

かばん用に大きな口金も買わねばーってことで、もりもりと注文。
注文後に数えたら、ぴったり50本でした。
60本使って50本買い込んだのかアタシ…
サイズが大きいから全体のかさは増えてるよね…

まあ、これらリピート口金ですから。
使わないものはどんどん減らしていって、使うものだけが減ったり増えたりしている分には構わない、と思います。

edit↓ top↑

仕事にすると言うこと。その3

コンサルタントの本はなかなか読み終わりません。

読むのが苦痛になってきました。

言わんとすることはわかるし、仕事にするためには必要なことなんでしょうけれども、

「やってられっか」

というのが正直な感想です。

売り上げ>満足度もそのひとつ。
好き勝手作っていっても思うような顧客はつかない。(作家買いするなら別だけど)
自分を抑えて「売れるもの」を作っていく必要がある。


やだよそんなの。

作りたいものが売れるのが一番いいです。
売れるようにも考えて作っています(一応な)。
というかそこまで固定客持ってないわこんにゃろう。

イベで惨敗したあとなんて作るのすらいやになるけれども、それも許されなくなるでしょ。
会社勤めで考えれば「いやだから休む」なんてのはできないし、ごく当たり前のことではあるのだけども、
ものつくりにまでそれを持ち込んだら、作ることを楽しめなくなってしまいそうなのです。


敬愛するがまかばん作家さんが、イベント参加を縮小すると仰ってました。
新作の開発やら何やらがイベで中断されてしまう、というのが理由のひとつでしたが、
アタシ「開発」らしい「開発」なんて考えたこともなくて、なんだか衝撃を受けました。
布か口金を眺めて「何が作れるかなー」でふわーっと設計してますもの。
定番になるかどうかは作ってみて、売ってみてのあとなので、これまたふわーっとしているのです。

ああアタシはほんっとにフワフワ作家だなあ。

でもフワッフワでいいんじゃないの。
全力で人生を注ぎ込んでフワフワすればいいんじゃないの。

すきなことを仕事に出来るひともいて、出来ないひともいて、
アタシは後者なのだろうと思いました。

edit↓ top↑

口金消費祭開催2016秋。2

選別の中からさらにとりあえず60本くらいを使い切ることにして、
片っ端から型紙を作りました。

裏生地はめんどいから、この間買ったオックスっぽい茶無地でいいです。
バキバキに硬かったので水通ししたけど、乾いたらまたバキバキになった生地です。

片っ端から芯を90枚くらい切り出して、片っ端から貼っていったんですが、

めんっどくせええええええええ

熱と圧で貼り付けるというのを今更学んだので、重いアイロンで体重をかけてプレスしてますが、
アイロンを上げ下げするのも結構な重労働です。
熱も相まってめっちゃ汗かきます。もう涼しくなってきたのに。

あー早くプレス台が届かないかな…

edit↓ top↑

漢字タグができました。

入稿からこちらまったく音沙汰のなかったビスネームが届きました。
(データに不備がないと沈黙のまま進むのよ)

イエローに茶刷りと、ベージュに茶刷り。
160912-1.jpg
イエローが思った以上に黄色かった…

全4色。
160912-2.jpg
取り違えないように色分けしております。
2色以上を同時に使うことも今までなかったのだけど。

どれも「ゴールド」ぽい色味で作りましたが、

黄色すぎたな…

edit↓ top↑

エプロンを作りたい。

人形がらみです。
そしてちょっとオトナの話です。


edit↓ top↑

ChikChikさんに行きました。

市内でハンクラ品の委託販売をしているお店です。
数年前につくるっこで声をかけていただいたのです。
開店前だったのでお店の名前はわからなかったけど、だいたいの住所を聞いていたのでここだ!と。
開いている時間場短いのでなかなか機会がありませんでしたが、もう、今しかないという勢いで突入しました。

田園と住宅の中にある古民家ぽいお店です。

迷いましたよね思いっきりね。
グーグルマップを見ながら近くまでは行ったのだけど、そこから無駄に15分くらい行ったり来たりしましたね。
現在地も時々更新しておかないと、反対方向に走ったりすることを学びました。

店主さんに話を聞いたら、やはり声をかけてくださったとのこと。
ブログにコメントしようとして書き込めなかったと言うことです。
ううーん…ろくなコメントがないから閉鎖していた可能性があります…申し訳ない…

12月にハンクライベを開催すると言うことで、参加する気は満々でしたが、細かいところをいろいろ訊いてきました。
あと委託も申し込んできました。
送って並べてもらうこともできるそうなので、雪が積もったらそれで行こうと思います。
規約がしっかりしていて驚きましたが、置き方は結構ゆるいみたいです。
決まった場所がなくて、好きに並べてもよい感じ。
なるべく早いうちに納品したい!!

イベント主催者と言うことで、よその話もアレコレと聞けました。
市内開催が複数ある状態なので、やはり重ならないようにはしているのだそうです。
ちゃりっブーが最終週末というのも初めて知りましたよ…
来月は土沢があるけど、ぶつけるのかな…ぶつけたらさすがにアホだよね…
参加する人もかぶっているので、奪い合いになるのはよくないです。

ちくちくさんは年三回の開催なんですって。
つくるっこは年二回だし、arteVarieとかぶらない限りはこちらも出るだろうし、
arteVarieとかぶらなければてどらんごにも出たいし、
手応えがあるなら土沢にも出たいし(望遠カメラ野郎に耐えられればでもある)
これに東京イベを足したら月一ペースになるじゃない??
なんかもうこれで充分じゃない?? 委託もしたいし通販もあるし??

手応えないorメリットが感じられないところは割り切って切り捨てる、というのも必要なんだろなあ…


edit↓ top↑

口金消費祭開催2016秋。

やっとものつくりの意欲が戻ってきました。
というか月末からイベント三連続だからあまりのんびりもしていられないです。

さしあたりのイベントやら納品でいろいろと小物が欲しいのです。
なので、手のひらサイズの口金を一斉消費することにしました。

選別された口金。少なくとも68本ある模様です。
160908-5.jpg

選別理由は、「購入後ほとんど消費していない」「今後買い足す予定がない」の二点。
五年前に買ったまんまのものもあります。
最初は手のひらサイズの小物を作るはずだったのですよね…
年々サイズアップしていって21センチでも小さく感じます。

凝った作りにはせず、シンプルなものを淡々と作るのです。

edit↓ top↑

続・カスタムしてみた。

人形がらみですので、興味のある方のみ続きをどうぞ。

edit↓ top↑

委託参加の道。そのに

10月のがりゅうさいに申し込みしてみました。
arteVarieとかぶっているのがちょっとアレなんですが…
見た感じアクセサリー系のキラキラ作家さんばかりで気後れもするんですが…
まあ競合相手がいないと言うことでポジティブにとらえようと思います…

お客様次第では撤退も考えております…(ポジティブじゃない)

いやーだってさ、アクセ系がメインのところにかばん放り込んだとして、それって場違いということじゃない??

数納品できるように小物つくらねばです。
大物納品すると本当に数個だけになっちゃうからねえ。
今度は什器も作るぞー。


edit↓ top↑

根がチキンな話。

がりゅうさいの前にフォロワーがちょびっと増えました。
三週間後に見たら、増えた分の7割が減ってました。

増えたフォロワー、がりゅうさいのサークル参加者もいたし、多分それがらみ。
アタシからはフォローしませんでした。
フォローバックしなかったから外されたのだろうな、とは思うんです。
ハンクラアカではものつくりでないアカは知り合いでなければ基本フォローしないけども、
ものつくりだからって必ずするとも限らないのです。
フォローしてくださるのはありがたいけど、まったく興味持てないものつくりだったりもするし。
そういうひとの作品はリツイートする気にもならないだろうし、それ以前に別に見たいとも思わない。
素敵だと思ってもそのときだけのことです。


少し前に見たツイートで、

Twitterはそもそもフォローバックを強要するようなものではない

のような主旨のがあったのです。
あーそうだよねーと改めて目からウロコが落ちたというか。


宣伝目的でフォローしてきたのでしょうし、フォロバ無しがお気に召さないなら去られても仕方ないです。
そういうひとは多分、アタシの作るものが好きなわけではないだろうから。

おんなじですよ。興味ないものは興味ない。

まあね、黙ってフォロバしてミュートにするくらいのが宣伝としては賢いのかもしれません。
フォロワー数だけ増えたってことになるし、それはそれで空しいとアタシは思うけども。

これ、またハッシュタグつけてツイートしたらまたフォローするのかな。
で、フォロバしなかったらまた外すのかな。
なんかやだね、それ。

自分がフォローする時は、その人の作品を見たいと思うからで、その人からフォローされなくても気にしないです。
知らないアカウントでも、ご挨拶などされたら喜んでフォロバします。
無言で来られると意図がわからないし、合わないなと思ったらフォローしないし、マズいと思ったらブロックもします。

なんて言っちゃうとまた減るんだろうけど。
変わらずにフォローしてくださっている方には感謝です。改めて。

増えたの減ったのと言っても数えるくらいですが、一気に減ったのはさすがに悲しくなりまして、
プロフィールに「フォロバ任意です」と付け足しました。
フォロバ目的でフォローされるの、いやですもの。
捨てるくらいなら拾わないで!と言うあんな心境なんです。チキンだから。



(追記すると一ヶ月後には完全に数が元に戻りました)


edit↓ top↑

漢字タグを作る。

懸案事項だった「漢字ロゴのタグ」をいよいよ入稿いたします。
さて何枚作ろうかなあ…100枚3,000円、300枚7,500円なのよ。どうせなら200枚5,000円とかあればいいのにさ…


二年前に作った300枚ずつ二種、は半分減ったかどうか。
なので年間100枚も使わないと思うのですが、逆に言えば100枚は二年ももたないと言うことです。

タグの種類が増えるわけなので、消費ペースはますます遅くなるのだけど。
100枚オーダーだと一枚あたり30円だし、それはちょっと高いよなあ…

まあ300枚オーダーしたところで一枚25円だけど。

タグって地味に高いのですね…スタンプタグだと一枚10円もしないような気がするけど、
その分縫い付けの手間が出てくるから材料費としては同じくらいかもしれません。

原稿は片面同デザインだし、前のデータ流用なので楽勝です。
シンプルすぎて余白が目立つような気もする…難しい…

二年前の入稿時はサイズがピクセル指定だったのですが、今見ると「原寸の3~5倍の大きさ」になっています。
逆にアバウトでわかりにくいのはアタシだけですかね…
データで完全版下が作れるひとには、もっとタイトな指定でいいと思うのですよね…
手書きデータとかなら倍数指定でいいだろうけどさ…

前回データのサイズを5倍に拡大して入稿しました。300枚ずつ二種。
ああほんと200枚が欲しいわ…100枚を2個オーダーするくらいなら300枚作っちゃうもんねえ。

edit↓ top↑

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。