FC2ブログ

プロフィール

あまの

Author:あまの
白雪納戸(シラユキナンド)という
屋号でハンクラ活動しています。
英語表記 whitesnow closet
(ほわいとすのーくろーぜっと) です。


自己流ミラクル技が多いので、レシピは載せていません。

記事は基本的に長めです。
改行も少なめで密度が高いです。

↓作品販売しています↓
* ハンドメイドマーケット minnne *

* Twitter @whitesnow_c *
↑新作など最新の情報を載せています↑
みんね経由でない販売を行うこともあります。

ブログ内検索

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
  • --
  • --/--
  • --

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

edit↓ top↑

イベント参加のお知らせ。

デザインフェスタvol.43 http://designfesta.com/
2016/5/14(土)~15(日) 11:00~19:00
東京ビッグサイト 西2ホール B118 「白雪納戸」


です。

二度目の参加です。
一度目は机の配置からいまひとつだったので、反省を踏まえてみっちみちに遠慮無く敷き詰めてやろうと思います。


スポンサーサイト

edit↓ top↑

ミシンを探す。職業編

新宿にきたのでちょろっとオカダヤさんに。

そういえば一月に来た時に欲しい生地があったんだった!!

なくなってたけど!

二色欲しかったうち一色なくなってました。
うう、やはり一期一会か…見つけた時に買わねばならんか…。

転居を控えている所為もあってか、布欲しくなりませんでした。
いいこっちゃ。

ミシン屋があったので、職業ミシンの話を聞いてみようと立ち寄りました。
オッサンの接客具合が実に鬱陶しくてイライラしましたが、ブラザー、JUKI、ジャノメの運針を見せてもらえたのはよかったです。
職業ミシンはうるさいとも聞いていたのだけど、確かにちょっと音は大きい。
室内で聞いたら四割増しくらいかも。
個人的感覚としては、ブラザー>ジャノメ>JUKIの順です。

1番の売れ筋はJUKIなんですって。
重機から来ているJUKIなんですって。知らんがな。
自分はジャノメ信者ですが、それを言うとまためんどくさくなりそうだったので、カタログだけいただきました。

よそはわかりませんが、ジャノメは売ってる場所で機種が違うので…
とりあえず楽天で見てみたけども、公式サイトに載っている機種があるし、楽天購入でもいいかなあ??

…って買うのかという話ですが、
欲しくはあるんですよ。
大物を作るのが増えてきたら、厚みがあるのをぐいぐい縫えたらなあ、と思ってしまったりして。
今のミシンだって比較的買ったばかりなんだけど…

人形を買う金があるならミシン買えって話ですよね。

とはいえ職業用は14キロもあるので、机上上げ下ろしするのは厳しいのではないかと。
かといって据え置きにするだけのスペースがあるのかと。
前のミシンが11キロだったので、なんとかなるような気もしますが…
今の机が140センチとかなり幅広なので、部屋の中でかさばるんですよね。
今度はこれにPCデスクと棚を連結して置きたいわけだし。
机が狭まればまた別なんでしょうが、そこまで買い換えたくないなとも思うわけです。難しい。
(職場の110センチでも狭くて、サブ机占領してたし)

edit↓ top↑

ドールショップを巡る。

人形関連なので興味ある方のみ続きをどうぞ。

edit↓ top↑

アイドールでした。

初参加です。

奥行き90センチ、はまあいいとして、左右びっちり隙間無しです。
島の端の方だったからまあいいけど、出入りが不自由で設営するにもやりにくいなあ…

一所懸命作ったベッドで半分くらいスペースを埋めまして、
大阪でゲットした棚を置いてみたんですが、

うん、狭い(えっ)

180×45の細長スペースだとちょうどいいんだろうけど。
90×90だとどうディスプレイすればいいのかという感じです。
奥行きが合って接客しようにも前屈みになるので、高いディスプレイはできないし。
ものが小さいしそれほど数もないので、平置きでも足りるくらいではあるけど…

ベッドがある分逆に谷になってしまったかなあ。シミュレーション不足です。

来場者は思ったよりいました。
会場全体にずーっと人がわやわやいる感じ。マルシェが間借り状態(前回は分断)だったので、まんべんなく回れます。

なんでこんなにわやわやいるんだろう、と思ったのですが、
会場にはディーラー名だけ載ったフライヤーがあるものの、ディーラーカットを紹介するのがなく(webだけ)、
どこがどんなものを置いているか、が正直わからない状態。
一応写真みたいなのを掲載するボードはあるけど、開場一時間くらいだと貼ってあるのは数えるほど。
なので、一通りぐるーっと見て歩こう方式なんだなと理解しました。
回れるくらいの規模だしね。
プロブースだけわーっと最初に並んで、あとはのんびり巡る…という具合です。

そんななので見ていくひとは多かったのだけど…
財布の紐が固いこと固いこと…
これはもしかしたら売り上げゼロかも知れないです…

…まあ結果的にはゼロではないのだけど、限りなくそれに近かったです。
よりによって土壇場で形にしたエプロン…
なんか…スミマセン…
なんか…
ちょっと情けない…

水城氏が遊びに来てくれたので、だらだら喋ってさみしくはなかったのだけど、
これひとりでやってたら確実に心折れるなと思いました。

何事も最初からうまくはいかない、うん。

ディーラーカットに書いた内容にこだわってしまったけど、見てる人の方が少なそうなので、スルーでもよかったかなと。
まんべんなく見てくれるのはいいところでもあるので、目立つように大きめPOPを用意すればよかったです。
あとは平置きでない方がいい。自ら谷を作ってしまって失敗でした。

五月のドルパの練習も兼ねていたので、改善すべき点が見えたのはよかったです。

会場アンケートで「マルシェとアイドールの同時開催はどうか」みたいなのがあったんだけど、
同時開催でなければキャパが埋まらないのではと正直思います。
今回だってアイドール7マルシェ3くらいの配置だったし、これを別々にしたらそもそもサークル集まるのか?みたいな。
(アイドールにはなんぼか来ると思うけど…)

17時までだけど15時くらいで人も落ち着いたし、買い手が来ないままいるのもしんどかったので、
15時半ほどで撤収しました。

その後水城氏とだーらだーら喋って、
「勝てるイベントではないよ」と言われたのが慰めになりました…
一月のマルシェでの売り上げをざっくり聞いて、この売れっ子でもそうなのか!と。
YOU系はだいたいそんな感じらしいです。
まあ自分だって今まで参加してなかったくらいだしね。

今回は初めてとはいえ、準備不足を痛感しました。
売り物を絞ってピンポイント客層を狙う方がいいかもしれません。
あと何回かは出てみるけど、何回か、ですね。

edit↓ top↑

ドールサイズを作る。

人形がらみの話ではありますが。

がまぐちのバッグは何個かできました。
グラニーバッグを作ろうとして、本体はできて、いざ綾テープを巻いてみたのですが…
1.5センチ幅のテープだと、縁をうまくくるめないことが発覚。
試作のが1.5センチ幅でできたので、1.5センチ幅テープを数メートル買ってはあったんです。
でも、くるめない。

テープがバイアスではないので、カーブにぴったりフィットしない所為もあります。
多少浮くのも含めて、なるべくくるんで縫い付けるのだけど…

1.5センチ幅を二つ折りにすると7.5ミリ。
浮が数ミリでると、縁をくるむ部分も数ミリになってしまいます。
かなりタイトです。
というか、もう時間無くて焦りすぎて作業が雑になっています。

…これはダメだ!

グラニーバッグ、今回は諦めました。
試作がうまくいったのは、カーブがそれほどきつくなかったからかもしれません。
なんにしても今この状態で作れる気がしない。
テープは2センチ幅のを用意します。

で、もうひとつ。エプロンを作りたいんです。
フリルエプロンというのか、いわゆるお手伝いさんとかメイドがつけているアレ。
肩とスカートにフリルがついているアレ。

胸当てありのロングタイプを予定していましたが、肩フリルを作れる気がしないので腰からのショート丈に。
せめてヘッドドレスっぽいもの、台襟、ショートエプロンの三点セットにします。

端処理のためにロックミシンを引っ張り出してきたものの、設置している余裕がない。
そもそもフリルにギャザーを寄せている余裕がない。
台襟にスナップを留める時間がない。
ないないづくしです。

台襟は形を作っただけで、できあがらないのでやめました。
フリルはギャザーレースにして、なんとか格好をつけた感じ。
チャコマーカーを使っているので水洗いもしなくてはだし、乾かしてる時間も足りない。
最初から「ヘッドドレスとショートエプロンをギャザーレース使い」で作っていたら、もっと時間があったと思います。
作りながらどんどん削っていったんだけど、削る判断が遅すぎました。

まあエプロンはただの趣味というか、おまけというか、本命のかばんはできたのでよしとしたいところですが…
雑な作業で仕上げたものって全然満足感がないです。

18時くらいにぼんやりと、「あーまだあと一日あるしちょっとくらい寝てもいいんじゃないか」と思って我に返りました。
いつもは土曜日出発ですが、今回は土曜日イベなので金曜出発なのです。
今夜出発ですよ。しっかりしろ自分。

荷造りが終わるまではだらだらしない、だけはきちっと守って、ギリギリではない程度に発てたのはよかったです。

土日イベにも出ているから、金曜出発もたまにはあるのだけども…
単独で土曜開催のイベには今後でないことにしよう、と思いました。なんとなく。


edit↓ top↑

ヘッドカスタム。

人形関連なので興味ある方のみ続きをどうぞ。

edit↓ top↑

ベッドを作る。後編

人形関連なので興味ある方のみ続きをどうぞ。

edit↓ top↑

ベッドを作る。前編

人形関連なので、気になる方のみ続きをどうぞ。

(といっても今回は人形は出てきません。アホな紙工作です)

edit↓ top↑

arteVarieでした。

バス降りて真っ先に新宿郵便局に行きました。
ATMほぼ24時間ってなんだよ…すごすぎるよ新宿…
小銭はあまり崩せず、名乗り出てくれたオトモダチを頼ることにしました。
バスが40分ほど早く着いたおかげで、朝ご飯も食べられたし、まあなんとかなるでしょう!

なお会場では、分厚いチラシを使ってお財布を作りました。
普段布で作っているのを紙に置き換えるだけだし、裁ち切りだしテープでぺたぺた貼ればいいのでかえって楽です。
小銭は紙箱をつくって対応。
うん、なんとかなるものです。

気にする方が一番多かったのが、B5の縦バッグ。
横バッグより安価だし、縦長で張り出さないのがいいのかもしれません。
今回は試作も兼ねて桜柄のみですが、定番に加えようと思います。

で、横長と縦長でお値段に結構な差があるのはなぜか、という問い合わせがありましたが、
主に口金の金額の差です。
それと芯も違います。
横長は硬い芯を全面に使っていますが、縦長は厚みのある芯をマチと底に使って形を整えています。
サイズが似ていても材料費が違うので、お値段にも差が出るのであります。
どちらを選ぶかはお好みで。

最近やっとフォロワーさんになれた「たお×」さんにちゃんとご挨拶できたのはよかったです。
春っぽい明るい色のお着物がまたかわいいのです。
いいなあ、こんな感じでもっとがりがり作りたいなあ。

過去に比べるとあと一押し少なめでしたが、そこそこ黒になったのでよかったです。
でも新作はそんなに減ってないのです。小物に至ってはまったくでてない。
何が減ったのだろうか…謎。

撤収後は肉食べに行きました。
そこで本日の水城さんの集計を観察させてもらったのだけど、かなりびっちりメモしてあってまたびっくり。
桁も違っててびっくり。この売れっ子め…!!
(もっとも仕入れの額も桁違いではあるらしい)

自分はまだ漫然とやっているところがあるので、勉強になる方がまわりにいるっていいなあと思います。


edit↓ top↑

印鑑ケースを作る。

朝7時頃帰宅しました。
二日ほど北の大地をさまよっておりました。
手芸店に寄った割りに、布もなんも買ってこなかったのは自分的に頑張ったと思います!!

出発までまだ間があるので、追加でちょっと作ることにしました。

はいっ。
160312.jpg
桜祭りてことで、またしても印鑑ケースをちょこっと。

口金の接着剤より、朱肉を接着してる接着剤がなかなか硬化しなくて困ったもんだ…
口金を閉じておけばそのまま固定されるので、会場に着く頃には硬化するでしょう。


あーまだ時間あるなーで小一時間だらだらした結果、
ギリギリに飛び出す羽目になってなんかもうアホかと。
出発がちょっと遅いからって油断しすぎました…

とりあえず間に合ったし、とひーふーひーふーしながら寝ようとしましたが、
釣り銭お財布を持ってきていないことに気がつきました。

うん、かばんに入れた記憶が無い!!
マジか! アホか! アホすぎるうううううう!!

手持ちのお金もそんなに無いし、まったく対応できません!!
あの小一時間でもっとしっかり荷造りしておけば……!!

二時間ほど正座させて自分を説教したいです…

お札はとりあえずATMで下ろせばなんとかなるし!とがーっと検索して、
バスの後車場の近くに郵便局があることを発見。
朝早くから稼働しているみたいだし、とりあえずはここに突入する!!

とまあそんな感じで30分くらい七転八倒して、なんとかなりそうな目処をつけてから寝ました。

反省。完全に荷造りが終わるまでは絶対にだらだらしない!
というかね、ギリギリに飛び出すというのを何度繰り返しているんだと。
ギリギリでも間に合ったりして痛い目に遭わないから学習しないんだよな…


edit↓ top↑

搬入しました。

三時間くらいのつもりが五時間以上寝たよくある話(ダメだろ)。

集荷の時間にはまだ間があるので、新作をツイートしながら荷造りしてましたが…

もうね、ガラケーでこちこちやってると思った以上に時間かかるんです。
タブレットでも時間かかると思います。

全体六割くらいまで終わったところで、これは間に合わないと気がついて、寸法をメモって写真撮るだけにして、
大急ぎで荷物詰めたんですけども。

伝票を書くのが間に合わなくて、集荷のヤマトさんを追い払ってしまいました…
ほんとにね、あと15分くらいあれば終わったんですけどね!!
時間通りに来てくださるのにホント申し訳ないです!!

結論。ツイートしながらの荷造りダメ絶対。
集荷までよほど余裕があれば別ですが、自分かつてそんな余裕持ったことないですからね!

小一時間後にまた来てくれたヤマトさんに無事引き渡して、あとは書類作って旅に出るぞーーっ!

(新幹線開通に伴って廃止になる夜行列車に、もう一度乗りたいのさ!)

edit↓ top↑

イベント用巻き財布を作る。春の陣

大物を一通り作ったので、新作のラストスパートです。
今日の夜には旅に出るし、夕方には搬入もしなくてはだし、頑張れ自分。

ラストはイベント用巻き財布です。
いまひとつ不人気のアレです。
ジャバラポケットのがいいーとハードルを上げられたアレです。

言われた時に脳内で何となく設計はできていたのだけど、実際に模型を作ってみたらもっとシンプルに済みました。
(脳内設計図がふわふわしている時は紙で簡易な模型を作ります。立体+視覚化して設計を固めるのです)
畳むからジャバラポケットにはフタ無しでも、という話でしたが、自分だったら何かの弾みでばらまきかねないので、
簡易なフタもつけることにしました。

ジャバラの仕切りをつける部分がちょっと手間でしたが、思ったよりスムーズに作れたと思います。
ファスナー付けがなくなるし、トータルでの手間はちょっとだけ増えたくらいかな。

ポケットのフタは、最初はそのままぺろっとフラップだけでしたけども、
何かの弾みで以下略なので、留め具もつけることにしました。
理想はバネホックなのですが(またか)、それ用の作りにしていなかったこともあり、今回は大きなスナップ留めで。
フラップをもう少し長くしてバネホックに出来ればいいと思います。次回以降。

ジャバラポケット以外は同じなので、おおむねすいすい縫いました。
まだ記憶のフタが開いていたみたいだよ…よかったね自分…

この財布は口金がないので、縫い上がり=できあがりになるのがいいです。

さて次は搬入準備だ!

…の前に、ちょっと寝ます。

edit↓ top↑

一尺がまを作る。春の陣

薄い本がもりもり入る一尺がまを作りますよっ。

また作り方を忘れていますよっ。

思い出すんだけどね…またすぐ忘れるんだよね…

だいたいなんでこの寸法なんだろう…アホだな…


…と、型紙に書いてあったポケットの数字を直して5ミリ足して縫っていきました、が。

外側本体が形になってから、ポケットが長すぎることに気がつきました。
底部分の折り目にかぶらないように「5ミリ短く」設計していたのに、
それを5ミリ伸ばしたら折り目にかぶるじゃないの!!
ポケットの裾を引きずっちゃうじゃないの!!
アホなのーーーーーっ!!??

ポケットを本体に縫い付けるのは結構始めの段階でして、
ここからほどいてリカバリするのはかなり無理があります。
できなくはないけど、かなり無理があります。

そもそもすでに十数個この寸法で作ってきたのに、何を今更トチ狂って手直しなんかしたんだろう。
忘れるにもほどがあるというか、もうね…

激しく落ち込んだ結果、底鋲をつけて底面を持ち上げることにしました。
それならポケットの裾もギリギリ擦らなくて済むと思うんです…
底鋲ってことでちょっとゴージャス感もでるし…
黙っていればわからないよねっ……(号泣)

また間が空くと同じ過ちを繰り返しそうなので、型紙には「5ミリ短くしている理由」を書き込んでおきました。
これで、あとから見た時にまた寸法を直すことはないと思われます。
アホらしいと思われるかもしれませんが、アタシは自分の記憶力をまったく信用していないのです。
なので、職場でも「明日やる仕事」をメモして目に入るところに貼り付けてから帰宅してました。
帰宅したら仕事のことをすこーーんと抜いてしまいたかったし。
同じことをプライベートでもやりなよ…、ということです…

(メモしたことで記憶から抜けるクセ、が逆についてしまった可能性も否めませんが)

そんな感じでちょっと遠回りしつつ、まあまあ格好をつけることができました。
薄い本バッグ、今回は在庫と合わせて三個だけだけど、まあいいか。
縦型バッグも作ったしね。

edit↓ top↑

桜祭り2016。3

桜柄を再び使って、親子口金の財布を作ります!!

設計上の問題はカードポケット。
横並び二列だとぎゅうぎゅうなので、縦並びにしたのが二年前。
発掘して解体してみて思ったけど、縦並びが使いやすいとは思えないなあ…

そもそも親子口金でポケットが三つもあるし、これはどちらかというとイベント用とかに直接提げて使って欲しいので、
あえてカードポケットは減らしました。

縦二列を両側に。四箇所あればまあいいでしょうと。
160303-2.jpg

カードポケットを山折り谷折りで作るとなると、アタシの頭ではまた計算違いをやらかすので、
(それと生地も多く使うので)
ありきたりに小さなポケットをふたつ作ってそれぞれ縫い止めることにしました。

ポケット作るのも面倒なんだけどね…小さいだけに些細なサイズ差が目立つし。
縫い代の寸法を間違ってかなりギリギリになってるし。
なんだろう。なまじみっちりに計算するとしくじるのだろうか。ただのアホの子か。

この形での試作も兼ねているので、行き当たりばったり手探りで進めて時間かかってます。
子がまの底を親がまの底に縫い込むというレシピは自分的にいまひとつなのでやめました。
かといって子がまの底を固定しないでおくと、財布としてはふらふらして使いにくいかもしれない。
そんなわけで妙な工程で縫い止めています。
一部手縫いになるけど、このやり方の方が自分としてはきれいに仕上がる感じ。

できました。
160306-2.jpg
ちょっとハの字にシワが入るので、型紙はもう少し見直した方がいいかもです。
これはこれでまあまあうまく出来たと思うけど。二年前よりははるかに良くできたからよしとしよう!

edit↓ top↑

桜祭り2016。2

起きて一発目にホックを打ちましたよ。

雑誌を数冊重ねて、ドキドキしながらゴイン!と。
打ち過ぎてもホックが曲がるし、足りないと外れるし、そもそもこの打ち込み作業に妙な恐怖感があるので、
あまりやりたいことではないのです。
有明でカシメばんばん叩いていた人を思い出すよ…あれくらい叩き込めれば楽だろうなあ…

ともあれ、凹側の比較的やりやすい側だったのもあって、無事にみっつ打ち込めました。
挟み込みの凸側は、本当はフタ的なものにつけるのが正しいんだろうけど、まあいいかと。
160306-1.jpg
ポケットはやはりちょっと浅かったです。反省。
(といっても口金使い切りなのでリベンジもできないのですが)

今後似たようなデザインのときに活かすということで。

バッグできました。
160306-3.jpg
角丸になっているドMデザインですよ!

お気に入りは黒だけども、手持ちの桜生地から厳選しただけあってどれも可愛いなと思ってます。
長財布が縦に入るくらいのサイズにしてみたつもり。



edit↓ top↑

桜祭り2016。

一月のarteVarieで「祭すんぞ!」って水城さんに誘われましてね。
昨年の祭で作ったポーチがもりもり残っている状態なので(しょぼん)、
そんなに頑張らなくてもいいよワシは…と思ってましたが、
何となくやる気がわいたので小さめのバッグを作ってみました。

160305-1.jpg
外側にポケットをつけたのはいいけど、思ったより丈が短い…
口金がつくとマチがへこむので、干渉しない高さにしたつもりですが、
あと2センチ高くても大丈夫だった気がします。

何よりこの丈だと入れ口がちょっとぱかぱかします…

ホックをつけるならつけるで芯が必要なので、ここまで作ってからバネホックをつけるのは難しい。
スナップは手作り感が強くて好きじゃない。
バネホックをつけるにしても、打ち込みが響くのがかなり怖い。

以前、一度試しに打ちました。
居室だと響くかと思って玄関で。

…いやー響いた響いた。玄関前のホールにがいーんと響いた。
それ以来怖くて打てませんバネホックもカシメも。

スナップをつけてみましたが、袋状になっているものに縫い付けるのは結構難しい。
というか自分、スナップとかボタン縫い付けるの下手なんだと思います。
なんか小汚い…

というわけでスナップは諦めて、夜が明けたらバネホックを打ち込むことにしました。
雑誌をゴリゴリ重ねて打ったらなんとかなるんじゃないかな…
それにこの前は打ち台行方不明だった気がする。

凸側は挟み込むタイプなので、凹側を3回打てばいいだけだし、頑張ろう…

打ち込みが気軽にできるようになればもっともの作りの幅が広がる気がするのです。
転居先は一階だし角部屋だし、今より条件はよくなるんじゃないかな…
(今は四階の角部屋。角部屋率高いのですアタシ)


edit↓ top↑

ミシン糸届きました。

愛用していたミシン糸を使い切ってしまって、やっと注文しました。

色番号41、42、43の三色。
160304.jpg
一巻3000メートルです。

41と43を使ってて、41は生成、43は濃い色で使い分けてました。
中間色の42もあれば便利かなと。
というか単に送料が同じなのでついで買いしたんですけども。

前に買ったのは約五年前です。
買った時に、自分が違うステージに来たなーと思ったのを覚えています。
なんというのかな、趣味の域から一歩踏み出したぞコイツ、みたいな。
お店で売ってる200メートル巻きじゃもう足りないんだなと。
たくさんあるから惜しみなくばんばん使っているのもありますが、綿麻はだいたいこの色でまかなってます。
色糸は200メートル巻きで充分です。色を合わせだしたら切りなく増えるしね…

次に買うのはまた五年後になるのかな。

edit↓ top↑

眼鏡口金を使う。

前回いまひとつだった眼鏡口金バッグのリベンジです。

ゲンコが大きくて重さがあるので、マチにはシール芯を入れました。
160301.jpg
生地は大事に抱えていたソフト加工の綿麻。
ソフト加工なだけあって柔らかいので、バッグに使うのがためらわれる代物です。
その分がっつり芯を貼り込みます。

幅を広げて台形にしたのが敗因だったので、できるだけすとんと落ちるデザインにしました。
面白みは無いけど、口金が面白いからこれくらいでいいんじゃい。
二個だけだと割と早く仕上がっていいです。

問題は口金がお高くて、全体のお値段も上げざるを得ないことです…
質のいい口金ではあるんだけどね…

edit↓ top↑

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。