プロフィール

あまの

Author:あまの
白雪納戸(しらゆきなんど) こと
ほわいとすのーくろーぜっと です。

天野忍の行ったり来たりハンドクラフト制作記録。
お裁縫、ビーズ、レジン、など。

自己流ミラクル技が多いので、レシピは載せていません。

記事は基本的に長めです。
改行も少なめで密度が高いです。

↓作品販売しています↓
* ハンドメイドマーケット minnne *
* Creema *
* tetote *

* Twitter @whitesnow_c *
↑最新情報はこちら↑

新作をご覧になりたいときは、
ブログ内検索で「新作」を検索してください。

ブログ内検索

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
  • --
  • --/--
  • --

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

edit↓ top↑

年越しです。

このまま帰宅したら、バスの中で新年じゃん!と気がつきまして、慌てて宿を取りました。
気がついたのが遅くて、近場はことごとく埋まってましたとも…
なので会場から小一時間ほどかかるとこまで移動。あー前にもこんなことあった気がする…

年越しそば。
151231-1.jpg
左上、光って見えないのはどん兵衛です。

紅白を見ながらどん兵衛と緑のたぬきをいただくというのが年越しの儀式なのですが、
鴨出しそばの小さいのもあったのでみっついただきます。
151231-2.jpg
自分、そばよりうどん派です。
なので、自発的にそばを食べるのは年越しくらいなのです。


イベ直前になって作り始めるのもどうかと思いつつ、
何もせずにはおれない貧乏性。
同人誌で参加していた時分、出発の30分前までかかって製本していたとかざらだったので、
何かしてないと落ち着かないのですね。

自分バカだよなードMだよなーとしょんぼりしつつ、
「上手に手を抜くなら問題はない。それでも跳ぶしかないんだ」という
烏養監督(ジジイ)の言葉がぐるんぐるんしてました。
好きなマンガの中の台詞ですが、作者古舘氏の言葉選びは心の中をざわざわさせます。
やるしかないんだな、自分。頑張れば結果はかえってくる。
(かえってこないこともあるかもしれないけど、頑張らなかったら結果絶対でないもんね)
報われたなーと思った一日でした。

しかしなんだ、
ドラクエに始まり冬コミに終わるとか、
今年一年の計がすべて煩悩に支配されていたのではないかアタシよ…

さーて明日は犬印鞄にいくんだもんねっ!
(元日からやっぱり煩悩に生きるのかアタシよ)
スポンサーサイト

edit↓ top↑

冬コミでした。

狭かったです。

ここしばらく、180センチ前後のスペースが続いていたので、90センチ幅というのがとにかく狭く感じました。

奥行きはまあどうにでもなるんですが、今回は45センチとこれも狭いので、
諸々の作業は全部机の外でやる形になります。
そこで横幅90センチ。両脇にはどかせない人々がいる。
しかも棚板設置で壁を作ってしまっているので、
どうやって接客する気だアホか!! と。

でもえぬえちけーの薄い本はゲットしにいったんだぜ。

そして今回一番困ったこと。
最初のお客様から三連続で一万円札を出されたこと。
小銭と札で二万円分のおつりを用意しているのですが、
あっという間に足りなくなりました。

4回目の一万円札で、不憫に思ったお隣さんが両替してくれまして…
とりあえずしのげた!と思った矢先に5回目の一万円札。
もうね、泣きましたよ。半泣きでしたよ。

お客様、いらしてくれるの嬉しいです。とても。
でもねっ…

千円札、せめて五千円使ってくれると助かるなあっ……!!

しかしこれは、。高額商品が多いからだよとオトモダチにツッコミをくらったので、反省すべきところでもあります。
こちらの準備が足りなかったですね…
ていうかいつもはだいたい間に合うんだよ…

なお、このような状態を「諭吉アタック」と言います。
福沢諭吉がジェットストリームアタックを仕掛けてくるという状態です。

とにもかくにもお立ち寄りありがとうございました!!
一尺ボストンがもりもり捌けたのが特に嬉しかったです。
わかってますよ、アタシも同人屋ですから。

で、A4がまを愛用してくださってるあやさんがお越しくださって、ヘビーユース過ぎて持ち手がくたびれてきたって話に。
布製持ち手は使えば使うほどくたびれては来るわけで…
革(合皮含む)は伸びるし、やっぱりテープかなーと。
わかってるけどねーテープって諸刃の剣なんだよ…

両替してくださったお隣さんがとてもいい人で、
いろいろと話が盛り上がってたくさん喋って、楽しく過ごせました。
ここしばらく、近隣に恵まれなかったのでほんと楽しかったです。
すごく大きなキャリーケースを持ち込みしていて、搬出入の外箱として使っているんだとか。
段ボール箱に比べてへたれないし、キャリーが着いている分運ぶのも楽。
人間が入るんじゃないかっていうサイズで、それも有りなのかなあと。

自分は引っ越しで使った段ボール箱をとっかえひっかえ使ってますが、
一度つぶれると戻りません。
あと引っ越ししないと手に入らなくなります。
(そろそろもう頼むことのない業者の箱だしね…)
そうなったら箱を買えばいいかなと思ったりもしてましたが、キャリーもちょっと探してみよう…

それと今回から、捌けたものメモに品名も書くことにしました。
今まで金額だけメモしてました。値段と品物はだいたい一致するからいいかなと。
でも品数増えてくると、同じ値段のも増えてくるわけで…
毎回思い出すのが億劫になってきました。今さらですが。


戦利品はUSHIQことうしおさんのペンダントヘッド。
別の石を目当てにしてたのだけど、現物を見たらとろっととゅるんな質感にやられました。
151231-3.jpg

edit↓ top↑

【新作】 一尺ボストンできました。

幅36、高さ25(ゲンコ含まず)、マチ12センチ。口金は銀。ハード芯使用で自立します。
151229-2.jpg

ポケットは内側によっつ、外側にふたつ。外側はスマホやパスケースに便利な幅18×高さ16センチ。
151229-3.jpg

B5が横に入ります。見本は先週の週刊ジャンプ。
底板入りで型崩れせず、口が閉まるので中身が見えません。
151229-4.jpg
薄い本仕様です。
繰り返します、薄い本仕様です。たくさん入ります。
持ち手が本体についているので、口金に負荷がかかりません。

大事なことなので三度言います。薄い本の収納に最適です。

二柄作りました。
151229-5.jpg

【おまけ】 それぞれ小さいのもありますよ。
151229-6.jpg


【追記】 二点とも完売しました。ありがとうございました。

edit↓ top↑

一尺ボストンを作る。年末編2

シール芯の貼り込みで、一気に芯が貼れてこれは楽だわと思いましたが、
なにぶん一年ほど放置していた所為か、芯自体が波打っておりました。

巻きで保管してるんだけどね、時間経過や環境で伸縮するんだと思います…
剥離紙が伸びるのか芯が縮むのか、まあ結構なでこぼこですよ。
貼り込んだ布も見事にぼこぼこになるので、ここはやはりアイロンゴリゴリが必要でありました。

底板を入れることにしたのはいいけど、入れる順番をしくじって縫いにくくなったりとか…
なんかマチがあわないなと思っていたら、底幅を2センチ多く切り出していたとかね。
(小さく切り出していた、じゃないのが救いではある)
手間かけて縫ったところをやり直す羽目になって、二度手間三度手間を連発しています。
自分、焦ってるないろいろ。

持ち手とポケットの裾を縫い込んで隠すのも含めて、底は無地生地を接ぎ合わせているのですが、
これ、マチを縫うときにだいぶやりにくいのです。
接ぎ合わせた縫い代が邪魔になるのです。
持ち手を底まで一周させれば接ぎ合わせ要らないんだけど、
持ち手を長く作るのが結構なストレスでしてね。
うん、やっぱり次はアクリルテープ使おう…

ハード芯なので本体もがちんがちんだし、外袋をひっくり返すのが毎回困難です…
なかなか上達しなくて哀しくなってきたよ。ぐすん。

本体こんな感じです。
151229-1.jpg
人気のある北欧柄(奥)と、使い切りのストライプ柄。

固い本体を深い溝の口金に入れるのにまた一苦労です…
でも大型クリップ用意したから固定できるもんね!!

そんなこんなで大型新作二個ですよ。


edit↓ top↑

一尺ボストンを作る。年末編1

搬入も終わったし、在庫も足りているので、冬コミ用には作らなくてもいいはず! と思っていたのですが。
実際作らなくても足りるんですが。
時間があるのに何もしないというのがかえって落ち着かなくなりましてですね。
こういうときこそ大掃除でもしろと思うんですけど。年末だし。

というわけで、一尺のボストンがまをサイズ調整して作ることにしました。
ねーもうなんだってめんどくさいのに手を出すかねえ…


10、14、16センチマチと作ってきたように記憶していますが、
脇に抱える形なので、あまり厚くても邪魔になるかと思い、12センチで固定にしました。
口金一尺(30センチ)の魅力はやはり、B5が横にして入ることだと思いますので、
高さは少し上げて26センチ。
前回のボストンより少し薄く、少し高くなった感じです。

でも持ち手はやっぱり120センチなのよね…
学習能力ないなあ…(しょぼん)
無地生地の手持ちで使えそうなのが黒だったので、黒ベースの生地を合わせることにします。

今回の大きな変更点は、芯です。
なかなかくっつかないアイロン接着のハード芯を、シールタイプのハード芯に換えました。
通常は芯を貼ってから縫いますが、シールタイプの場合、ノリでべたつくので、縫ってから貼ります。
ハード芯を××言わせながら縫うこともないし、何よりすぐくっつくので、だいぶストレスフリーになるのではないかと。

デメリットは、縫い目の上から芯で覆ってしまうので、縫い直しができないことです…
いや、縫い直すとなれば芯を剥がさねばなりません…
まあこれは慎重に縫えば防げるかなと。

さらに今回よかったのは、光の色を間違って購入してしまったクリップライトを、アイロン台のサブライトに据えたこと。
部屋の明かりに背を向ける形で設置しているので、自分の影で手元が見えにくかったのです。
普通に使う分には問題ないけど、持ち手の合わせみたいなのを作るときはもっと明るい方がいい。
爽やかに明るい! とまではいきませんが、だいぶ明るくなりましてよかったです。

しょっちゅうしくじる持ち手の縫い合わせも一発で決まったし、アイロンゴリゴリがないのはだいぶ気楽だ…


edit↓ top↑

人形服を作る。

人形がらみなので、気になる方のみ続きをどうぞ。

edit↓ top↑

カン付きの口金を考える。

ハマラボさんの12月の開店には乗り遅れましたので、大型眼鏡口金は二号店に降りてくるのを待ちます。
今のところ、ゴールド、シルバー、黒ニッケルと、アンティークゴールドがあって、
今後は二色程度に絞るとのことですが、
シルバーとアンティークゴールドあたりに落ち着くのではないかなと思います。
世の中の持ち手でもその二色が多いですしね。
黒ニッケルの持ち手があったらアタシが欲しいくらいですしね。

で、カン付きめぇぇぇと呪詛を吐いていたわけですが、この際、カンを無視して本体にDカンなり取り付けてしまってもいいのではと思い当たりました。
口金カンには、手持ちようの短い持ち手を装着すれば2wayで使えるんじゃない?みたいな。
本体に持ち手を装着できるなら、そこそこの容量の大型バッグにも出来るわけですよ。

口金カンを無視した設計はたまに見ますが、好きではないんですが、
使い勝手を考えれば、本体持ち手の方が安心感高いです。
うん、2way、いいかもしれない。

といってもねー、値段が値段なのでいつ買えるのかという気はします。
イベントでの人気もイマイチだし。これはアタシのデザインの所為なんだろうけど…

あ、カン付き口金を否定するわけではないですよ。
持ち手つけるだけでいいっていうのはすごく楽だし。
ただこのような理由で、大物には適さないなと思っているのです、個人的に。

edit↓ top↑

イベント参加のおしらせ。

arte Varie15 https://www.zr.akaboo.jp/artevarie/item/p0034.html
2016/1/24(日) 11:00~15:00
東京ビッグサイト 東5ホール K03 「白雪納戸」


です。

A4がまをいろいろ持ち込みたいと考えていたりもしなくもないのですが、
相変わらずのがまぐちもりもりってことです。

ドールサイズも置こうと思いますのですよ。

edit↓ top↑

セールでしたっ。

ふらふらと外出したついでに、まちなかの手芸店に行きました。
糸切りばさみ、もう新調してやろうかと。

そしたらまあなんと、セール中だったのですよこれが!!
やっだもうなにこれ今日ミラクル過ぎる!!
(お出かけから小さないいことが続いたのですね!)

愛用していたハサミは、出所不明、多分100均のだと思うんですが、刃先が尖っていて重宝するんです。
100均で買ったハサミは他にもあるのだけど、刃先が丸かったりすぐ切れ味落ちたりで一時しのぎレベル。
なのでいっそメーカー品を奮発して買ってやんぞと!!

の、前に、セールなので店内をうろうろと。無駄にうろうろと。
10ミリ幅のスエード風テープも置いてるし、いっやー…あるもんだわあ!!

カット売りになっていたレースがちょっとかわいかったので、シンプルすぎる人形服につけてやろうかと購入しましたらば、
途中で切れていたみたいでその分おまけしていただきました。
まちなかの手芸店はこういうところがありがたいです。

糸切りばさみは、クロバーブラック見つけてもう即買いですよ。
倍の値段のもっとすごいのもあったけど、ひとまずプロ仕様って書いてるからここで落ち着こう。
それとツイルのエンジと紺。唐草の帆布にギリギリ合うかもしれない。
4色作りたいけど、4色揃うというのはまずないので、とりあえずこれで。

糸切りばさみ、机上に適当に放置するから行方不明になるのよね。
提げ紐つけてぶら下げておくことにしよう、うん。高いハサミだし。


で、帰宅してちょっと机をあさりましたら、

ありましたよ糸切りばさみ…

探していた方向とは逆のところ。なんでここにあるんだーそりゃ見つからないよねー。
新しく買い直したら見つかるってよくある話ですよねー。

提げ紐つけてぶら下げておくことにしました。ぐすっ。

edit↓ top↑

ドルパ(委託)でした。

がっつり人形がらみですので、気になる方のみ続きをどうぞ。

edit↓ top↑

ドール服を作る。

がっつり人形がらみですので、気になる方のみ続きをどうぞ。
写真多いです。


edit↓ top↑

搬入しました。

そろそろ年末の搬入の時期です。
スペースが90×45と狭いので、無差別に持ち込んでも置ききれません。
なので新作のみに絞って持ち込むことにしました。

さらに、事前シミュレーションもします。
というのも、名古屋クリマでの設営で、棚を組み立てるのに二時間近く使ってしまったのです。
ハンギングネットを組み合わせて、もののサイズや机の幅に合わせて棚にするんですけども、
机幅が180だの150だの、今回に至っては90で、都度変わるのがネックなのです。
だから変更の利く棚にしているんだけど…
名古屋ではさらに、棚自体をL字に組み立てたので、普段やらないので余計時間を食いました。
(普段は机幅目一杯に横一列で棚を作ります)

会場入りは速やかに行う予定だけど、設営も速やかにやれたらいいな、と。
なのでリビングの床に90×45の目印をつけて、目一杯で棚を作るにはどうするか、と四苦八苦。
縦横目一杯でL字の棚が作れそうです。

しかし床の上だと目線が違うから非常にやりにくい…腰痛い…
次は机上でシミュろう…それくらいの広さはあるはず!!

組めた状態で撮影もしてみたんですが、まわりのごちゃーっとしたものも入る上に、
ネットの網目が重なって多分ワケわからなくなるぞと。
ネットのサイズも似たり寄ったりなので、一応撮影もして、手帳に図解しておくことにしました。
ふふ…なんだかんだ言ってアナログ大事よ。

大物が多いので箱は二つ。一つは半分くらい詰め物状態です。
搬出入を繰り返すと品物にシワがついてしまうのが切ないところ。
しかもイベントまでまで十日もあるもんね…すごい量になるんだろうから仕方ないけど、間が空きすぎだと思うこの頃。



edit↓ top↑

久々カスタム。

上旬に購入してきたヘッドのカスタムをします。


気になる方のみ続きをどうぞ。

edit↓ top↑

イベント参加のおしらせ。

arte Varie14 https://www.zr.akaboo.jp/artevarie/item/p0033.html
2016/1/10(日) 10:30~15:00
インテックス大阪3号館 H38 「白雪納戸」


です。

試験的に机を二本にして、180×90のスペースで申し込んでみてましたが、
先日参加したマルシェやクリマで、奥行き90でも問題ない!ということが判明しましたので、
今後はこの感じで申し込みします、
+1000円だしね。

大イベント明けのイベには結構人が来るんだなーということで、
調子に乗って関西まで足を伸ばしますよ!
いや大阪自体は何度か行ったことはありますが、観光で行くのとはまた違った遠さを感じて泣きそうですよ!!
なので、大阪参加は最初で最後の予定です。
東北人にはおっかねーんです。

edit↓ top↑

【新作】 ドール用がまバッグできました。

がまぐちですが、人形がらみなので気になる方のみ続きをどうぞ。

edit↓ top↑

ドールサイズのがまを作る。2

3センチに苦戦したところで、8センチの小銭入れをがーっと作成。
基本的にはほんと、小銭入れを作るだけなので、楽勝です。
これにチェーンをつけて人形用にして、こんなお値段をつけちゃうというドールマジック。
小銭入れだったらもっと頑丈に作ってなおかつ半値以下なんだけどなー…ぼったくりだよなー…

と、お人好しはそんなことを考えながら作っています。

近い道に困っていた半端な端布も消費できるし、
なんだかんだミニチュア好きだし、作るの楽しいね。


一部で大人気のモノトーン北欧柄でも小銭入れ型を作りたかったんですが…
うーん、駄目だな時間足りない。省略。

ボストンバッグで北欧モノトーン柄を、二色二個ずつ作りたかったんですが…
内袋作って外袋の芯貼りまで行ったけど、これも一個ずつが限度。

グラニーバッグは…無理!

というわけで、作れたのはトータル17個。
これでも多いですか、そうですか。

アクリルひな壇に並べてみたらぎゅうぎゅうぽかったので、
これはこれで打ち止めでやむを得ないということにします。

で、片っ端からチェーンをつけていったのですが、銀10本購入のうち、3本がナスカン片側のみ、2本にいたっては両側なくてチェーンのみっていう…
まともなのが5本だっていう…
金10本とAG20本は大丈夫だったので、たまたまだと思うのですが、割合的に酷いのでショップにメールしたら、代わりのを送ってくれるみたいです。よかったよかった。

短くカットして使うのだけど、半端になったチェーン同士をつなぎ合わせる術がないので、ちょっと勿体ないです。
もう少し研究したら復元できるかな…
あと長さ調節できる方がいいと思うので、持ち手は要検討です。


あー、搬入箱も小さくていいわあーーーー!!!
名古屋のおみやげもこっそり突っ込んじゃうんだもんねー!

出かけるのが億劫なので、普段なら集荷をお願いするところですが、
指定時間の早いうちに来るのが常で二時間くらい削られてしまうので、
今回は持ち込みで発送しました。
割と近く(2キロくらい先)に営業所があったんだね…しらんかった…

---

出かけたついでにお買い物してたら、建物内でクラフト系の展示会みたいなのをやっていたので、覗いてみました。
売値がピンキリ過ぎてびっくりでした。
出店代がすごく高いんだろうなーと言う感じ。みんねでも百貨店出店を募っていたけど、売り上げの4割がマージンとか…
タティングレースにビーズを編み込んだモチーフで、ピアスを作っていた方のが気に入りました。
お値段も良心的だし。
どうやったら作れるんだ?と思ってじーろじろ眺めてスミマセン…(もう買えよ!)

edit↓ top↑

ドールサイズのがまを作る。1

昼までもったり寝ました。
いやー、さすがに寝ておかんと体力もちませんよー。
これから24時間ノンストップですよー。

水城さんがデザフェスの登録をついーとしていたので、今日発表だったのを思いだしてメールチェックしたら、

【重要】デザインフェスタvol.43【当選/仮申込完了】

ですって??
仮て? 仮申込って何??

と慌てて本文を読みましたが、

ブース代の入金をもって申込完了になるというそれだけのことでした。
一発当選したの初めてだからさ…

よし、今度はもっとうまくディスプレイするぞ!!

と気合いを入れたところで、小さながまバッグづくりに着手しました。


身長60センチくらいの人形に合わせたサイズのバッグです。
人間サイズの約1/3で考えて設計します。

製作予定は、通し持ち手のボストンバッグ、カン付き口金の小銭入れ型バッグ、カン付き口金のポシェット、グラニーバッグの4種。
これを口金の色ごとに数個ずつ。

8センチの角形カン付き、3センチの角形カン付きを金銀AG3色購入しておいてましたので、これを二個ずつ計十二個、
小銭入れ型の口金があと3本あるので使い切って三個、
ボストンは銀二個とAG四個で計六個、
グラニーを二個で、全部で23個、の予定。

様子見だし少量でって言ってたのに全然少量じゃないねー。
よそ様に預かっていただくのに随分ぶっ込みますねー。

基本的に「残った端布で作る」ので、机の傍らに山積みになっているのをもしゃもしゃあさります。
うーん、ここの山が大変なことになってるし、どうせ詰むんだったら端布突っ込み用に箱を設置しよう…

で、8センチくらいのは人間でも小銭入れとして使えるサイズだからいいものの、
3センチの口金で、マチ付きのぽこっとしたのを作るとなると、小さすぎて入れ口にミシンが入らないという罠。
ミシン縫いすると精度が落ちる→イライラ または、手縫いで時間かかる→イライラ どっちに転んでもイライラという悪循環。
時間も無いしね、もういろいろと切羽詰まってきてますよねアタシ。

3~4センチの口金は、ぷちがまで今までも扱ってはいるのですが、
今回のは足も短くて、自分が作った中でも最小です。
小さすぎて紙紐を押し込むのも困難極まります。
こんな小さいのに一個あたり20分近くかかるとか何事…!!

小さいのできました。
151216-1.jpg
比較対象は500円玉。いやー暗いのと色飛びしてるのとで何が何だか。

硬貨も入りますよ。
151216-2.jpg
この小ささは写真ではちょっと伝わりにくいですね…

これにチェーンをつけて、ドール用に仕上げます。

edit↓ top↑

憧れのアクリルひな壇。

復路も名古屋から東京に戻りまして、東京から帰るんです。
また昼行便に乗る予定だったけど、所用を作ったついでにあれこれ買いものすることにしました。

まあお目当ては浅草橋のシモジマさんですけどね!
サイズを間違えて買い損なった、梱包用品が欲しいんですよね!
それとアクリルのひな壇があるはずなんですよね!!

ついでに養生テープと布ガムテープと、白無地のマスキングテープゲット!!
白無地は型紙をつなぐのに必要なんです。
柄テープでもいいんだけどね、白無地の方が見やすいですからね。

布ガムテープは、巻き(芯)が小さいもので、持ち歩きに重宝します。
考えてみれば、テープの真ん中って空洞だから、荷物として詰めるにはロスなのよね…
普段使いにはそれでいいんですけど、イベント用には小さい方が便利です。

で、ありましたよーひな壇!!
アクリルのボックスにしようかと迷ったけども(ひな壇はかさばるので)、やっぱり段が格好いい。
幅が21センチというのもA4にジャストで収まる!!
小さく梱包できそうな半分の幅のを二つ買うか迷った末、21センチ幅のにしました。
それともう一つ、長財布などを立てて飾るための財布立て。
高さはないけど、傾けて自立させられる優れもの。
これがあれば小銭入れの展示に便利かも知れないということで、これもゲット。
幅もほぼ同じなので、組み合わせればA4内でかなり展示できるぞ!!

浅草橋にいるので、貴和さんやパツクラにも寄ったものの、思考回路がオーバーヒートしててなんも買えませんでした。
うん、目的は果たした、とりあえず。宝くじも少し買った!!

次は新宿のオカダヤさんですよっ。
会員更新を兼ねて、15ミリの綾織りテープをゲット。
ちっさいグラニーにはこの幅がジャストです。
それと20ミリ幅のアクリルテープ。次のA4がまはテープを使います。持ち手作ると手間過ぎます。


もっといろいろ歩きたかったのですが、さすがにくたびれて早々にネカフェに引っ込みました。
明日はまた修羅場だし、体力回復に努めよう…

edit↓ top↑

イベントのあとは・名古屋編。

人形がらみなので、気になる方のみ続きをどうぞ。

edit↓ top↑

クリエイターズマーケットでした・二日目。

設営もないのでのんびり入場です。

って、朝の内によそのブースを見て回ればいいじゃない!

と、思ったんですが、まあのんびりになりました。

自分とこはブースに50センチほど、完全に通路を作ってたんですが、
昨日とは違うお隣さんが、お隣さんの通路を隣り合う形で設営してたんですが、
これはひとが通れる幅ではないだろう…

30センチあるかないかという幅でしたから。スリム体系が横歩きすればギリギリでしょうか。
こちらがブースのきわに高い壁を作っていたら通れないんじゃないでしょうか、という幅です。
少なくとも自分の場合、尻が確実に引っかかります。

どうするのかなあ、これ。

ていうかあからさまに共用する気だよね、これ。
今から机ずらして、通路を逆に設けてもいいんだよー?
そんで引っかけて落としたら怒るよー?

ワタクシは基本的にいい人ですから、あらかじめ申し出があれば共用もありっちゃあありなんですよ。
持ってきた什器がことのほか大きかった!ということもあるでしょうし。
でもね、相手の好意や遠慮に黙って乗っかるような行為をされるとあっさりブチ切れます。

というわけで、こちらにははみ出さないでくださいねー気をつけてくださいねーというのを半笑いでお願いしました。
まあ通ってもいいですけどねーーーーーーともいいましたよ。いい人ですから。
あんまりぎすぎすしたくないけど、もやもやしたまま一日を過ごしたくもないわけですよ。通路にだってお金払ってるんだからさ。


で。
例のフレグランスはやっぱりキャンドル屋さんでした。
見えるところのは梱包してあったのだけど、ブースに寄ってちゃんと見てみたら、
むき出しのフレグランスキャンドルがごっそりありましてですね…
これだ!って言うビンゴの香りは「プルメリア」でしたけども、
あの手のが混じり合うと結果的に、あの人工的な香りになると思われます。

ちなみに、昨日和解した反対側のブースとはなんか仲良くなりました。
名古屋の方だそうで、イベント出展自体が初めてなのだそうです。
デザフェスってのがあるよーって宣伝しておきました。

客足は昨日ととんとん、ですが、お財布の開き具合は半分以下。
ううーん、客層的には横浜をホーフツとさせますね…
ななしの水城さん曰く、ミニブースの2号館の方が人通りが多いとのこと。
ブースの密度が高いからかも知れませんが。
こちらは通路も広いしね。

次回出るかはちょっと迷いますなあ…
出るとしたらミニブースでもいいかも。

---

閉会後は水城さんと、CRYSTALGARDENのあおいさんにくっついてご飯食べました。
自分はどうもまわりの配置に恵まれないと思いましたが、端から見てもそうみたいですよ(泣)
フレグランスについては、事務局に言ってもよかったみたいです。割と対応してくれるようなので。

151213-1.jpg
名古屋コーチンの親子丼。薄めのお出汁味で美味しい!!

151213-2.jpg
唐揚げと手羽先揚げの金賞セットも奮発。

名古屋らしいことをしたのはこれだけです…

edit↓ top↑

カン付きの口金。

クリマ中にちょっとハマラボさんを覗いてましたら、
デッドストックだった大型眼鏡口金を復活させて定番化する!というお知らせが。
面白い口金なので、いろいろ作ってみたいとは思っていたので、
定番化するというのは大変大変嬉しく思いましたのです。
(いつ買えるかはさておいて)

しかしながらですね、ただでさえカンがついた口金なのに、
ゲンコを大玉にリニューアルしたというのを見て、だいぶがっかりしました。

なんで口金自体を重くしてしまうかな…

以前、大玉の口金を別なところで購入しましたが、本体ががっちりしてないと口金の重みでつぶれてしまうのです。
かなり大玉だったのもあって、重くて、全体的にも重くなってしまうので、どうにも使いづらい。
数本購入したものの、一本だけ使ってあとは廃棄してしまいました。
(使えないで放置してたらさびちゃったし…)

カンつきの口金は、持ち手も口金に装着するので、本体の重さを支えるのが口金とのつなぎ目だけになります。
縫い付け口金だったらつなぎ目をきっちり縫っちゃうので、強度もあると思うんですけど、
差し込み型のは、接着剤と紙紐で支えているのです。

強力な接着剤を使うようにはしているけど、耐荷重何キロ、と計測できるわけでもなくてですね。
経年変化もあるだろうし、正直そこまで保障できないんですよ。
なので、大型のバッグを作るときは、口金に負荷をかけないよう、本体に持ち手をつけるデザインにしています。
カン付きの大型口金を使うときは、容量を小さくしています。

なにぶんワタクシのまわり、重い荷物を持つひとが多くてですね。
大きくて重い、はもちろん、小さいけど重い、もアリなんですよ。
故に、カン付き口金のバッグは、危なくて使えないという方もいるのです。

それとワタクシ自身が、重いかばんを持ちたくないたちでして。
重いものが入るのは仕方ないので、入れ物自体は出来るだけ軽くしたいわけですよ。
だから大玉は好きではないのです。少し大きめ、くらいならバランス的にもいいんだけど…


ハマラボさんは大玉が売りだもんなー…
木玉にしろ金属玉にしろ、大玉ばんばんありますもんね。
カン付きもお好きなんでしょうね。
レチックスボンドで外れたことありません!とまで仰っていますし。

荷物の軽い方なんだろうな、と思います。

眼鏡型は欲しいけど、カン付きはなあ…
おまけにめちゃくちゃ高いっていうね! 
強度を考慮すると、大容量には出来ないのに、全体としてそこそこのお値段にせざるを得ないという…
量産型には向かない代物だなあ……


edit↓ top↑

クリエイターズマーケットでした・一日目。

はーるばるーきたーぜなーごっやーーーー!!

よく寝たぜーーー!!

寒くないぜーー!!

もっと薄着でもよかったぜー!!


ええと、名古屋には10年以上前に一度来たことがあります。
某イベント?のためで、会場と宿を往復した記憶しかありません。
名古屋コーチンのカステラを購入した記憶しか残っていません。
つまり土地勘はまったくありません!!
(そもそも名古屋駅を名駅ということすら知らない。そういう短縮形をよく理解できないかわいそうな子です)

とりあえず朝ご飯を食べたいのですが、案外お店がなくてですね…
パン屋さんに入って無駄に買いすぎて涙目で飲み込んだりしましてね…
寝過ぎて頭が働いていないです。

でもって、会場直通のあおなみ線が駅のまるで反対側で、
対角線を突っ切ることも、逆方向に回ることも出来ない一方通行状態。遠い…
でもホテルが目の前だったので結果オーライです。駅前のにして良かったー。

---

さて。
雰囲気的にはデザインフェスタに似ているなーと思いました。
オトモダチらのいるミニブースとはホールがちょっと離れていて、自分のとこにはミニブース以外がありました。
150×45センチの机を二本借りまして、L字で配置予定だったんですが、
マルシェでL字も案外見づらいのが発覚したので、普通にゲタ(=型)に並べました。
奥行き90はarte Varieと同じだね。
それでもいい感じに埋まってます。というか置ききれないです。アホか。

ブース内の通路を確保してください、というのをしょっちゅう放送していたし、要項にも書いてあるのがいいなあと。
音もにおいもはみ出しちゃ駄目だよーってのも書いてたし。
フレグランスで酷い目に遭った身としては、はっきり「駄目です」ってあるのはありがたいです。
でもどこからともなく漂ってきてたけど…例の香りが…
近くのキャンドルかしら。包装した上で漏れちゃうのは仕方ないし、それほどぷんぷんでもないから大丈夫かな。

で、立ち止まっていくお客様はわりかしいるのですが、
お財布を開くかというとそうでもないっていうね。
クラフトイベントにはまだまだ弱いなーと思いました。

それで困ったこと。
お隣のブースでパフォーマンスをしてて、それの見物客がこちらのブースまで塞いできたこと。
ブースのギリギリ外側から見るならまだしも、内側まで入ってきて、脇の隙間から見るんです。
オッサンだけやるのかと思ったら女性でもいた。ブースの概念無しかこのやろう。
当然、こちらの品物は一ミリも見やしないし、営業妨害にもなるので、都度追い払いましたけども、
すんごくいやーーーーな気分になるわけですよ。こちらが。被害者なのに。
パフォーマーも少し考えろよ!!と、めっちゃいらいらしてました。

もっともこれに関しては、お隣さんに申し立てをしてきちんとお詫びいただいたので、和解しております。
こちらの品物を見るために隣を塞ぐ人もいるので、それは追い払ってください!ともお願いしました。
話し合いが出来ればどうってことはないんですよ、うん。


それで、だ。
もそっと作った人形サイズのバッグをオトモダチらに見せに行ったらえっらい反応が濃くてですね。
サンプルつくってよかったーとおもいました。ぬひひ。


edit↓ top↑

人形サイズのがまを作る。サンプル編

がまぐち話ですが人形がらみなので、気になる方のみ続きをどうぞ。

edit↓ top↑

おたふくがまを作る。2015冬の陣4

搬入には三個突っ込んだので、残り五個を同時進行で進めています。

終わる気がしませんけどね!(えっ)
終わらせますけどね!!(えっ)
一行程ずつ着実に進んではいる!

120センチの二枚重ね持ち手に比べたら、三つ折り70センチなんて楽勝レベルっ!!

内外の結合と強度を考えて、本体を合体させてから持ち手をつけているのですが、
袋状になってから縫い付けるので、動かしにくいししわも寄ります。時間もかかります。
これを外袋のみに縫い付けに変えれば、平らな身頃の状態で縫えるのでかなり楽なんですがー…
さてどうしたものか。次ドット版を作るときは後者の方法でやってみましょうか。


(16時までに終わる予定を突破)

(18時までに終わる予定突破)

(20時になっても終わらない)

21時頃になってやっと! 縫い上がり! ましたよ!!

口金付けなんてもうかなり! 楽勝! レベル!!
何度も作っている型なので、口金だってさくさくはめ込みはめ込みしちゃいますよーー!!

できたーーーっ!!
ストライプがま八個できたーーっ!!!
撮影は会場でやります!多分!!

さて明朝の出発まであと8時間強。
ここからもう一踏ん張りします。

明日は昼行便で長々と移動だから、その間寝ればいいもんねー!




edit↓ top↑

続々・IDDのそれから。

参加した方から少し話を聞くことができました。

気になる方のみ続きをどうぞ。

edit↓ top↑

おたふくがまを作る。2015冬の陣3

戻ってきてその足で所用を足した結果、帰宅できたのが夕方でしてね…
寝たよ、もう。寝たよね。

そんなわけで搬入まで二日、出発まで三日になりまして、

16個作るのは無理だな

という結論になりました。
八色の二柄(ドットとストライプ)で16個一気に並べたかったんだけどなー。
着手が遅すぎました。反省。

なのでとりあえず、ドット一柄だけ作ることにしまして、ざくざくと芯を裁ち、べたべたと貼り、

裁ち方をしくじったという悲劇発生。

半端に持っていた分も含めて、この生地からは身頃が取れる、持ち手が取れる、というのを事前にメモしていたのですが、
そのメモをあっさり廃棄したという大変駄目な感じ。
で、持ち手を取るべき布から身頃を取ってしまい、長さが足りなくなりました。

買い足しもしてあるし、接ぎ合わせればなんとかなる!と引っ張り出したものの、
柄の濃度が違うというさらなる悲劇発生。
あーこれがロット違いと言うことですか…

なのでとりあえず(二回目)、接ぎ合わせ対象の二色を急いでオーダーしたのですが…
これ、今日中に発送にならないともうアウト。
あーもー、やっぱり昨日のうちから作業するんだったあーーーっ!!

で、オーダーしてさらにべたべた芯貼りしてから気がついたのですが、
ストライプ柄なら確実な量の生地があるのだし、そっちを作ればいいんじゃないか?と。
ドットはもしかしたら八色揃わない可能性もあるのだし…

でもせっかく芯まで貼ったんだし…

悶々としたあげく、ドットは保留にしてストライプを八個作ることにしました。
イベントは次もあるしね。柔らかアタマ大事よ(ぐすっ)

ドット八色は自分の中の大本命だったので、この諸々の不手際でだいぶへこみました…


edit↓ top↑

マルシェでした。

ビッグサイト西ホールの…半分??
会場に入って、狭いなーと思いました。
入場9時半からで、9時には着いちゃったので、近くのカフェで時間つぶしたんですが、どうも早く入れたようです。

ブースは長机を一本と小机一本でL字配置にして、ポールハンガーを立てました。
お隣のひとがそれはもう要塞のごときディスプレイで、おしゃれで素敵ったらない。
反対側のお隣からは、机がゲタ(=型)にずらーっと並んでます。
そうか、こういうディスプレイもありか。てかこっちにした方が面積広く取れたな、失敗。

1.8平方は案外狭かったです。
自分の通路を確保しようとするとかなり狭いです。
通路はね、5月の横浜で悶々としたからすごく気にしているんだよ…

マルシェは客足それほど…とななしの水城さんから聞いてはいたのですが、
確かにそれほど混雑する感じはなく。
某社の社員販売会とかぶっていた所為か、そっちからのお客様かなってのもちらほら。
見るひとはいるけど財布を開かないという感じです。うー、いつもかこれは(泣)

背後のブースは服数人の参加だったようなのですが、
ここのつれている未就学児がまーーーーーーーーうるっさいのなんの。
走る叫ぶで警備員さんに注意もされていたし、ひとりものすごくけたたましい男児がいて、
ホールの隅々まで響き渡るわめき声を上げていて、だいぶはっ倒したくなりました。
世の中の人間がすべて幼児に優しくはないんだよ?
その対極にある性分の人間なので、これは参りました。
館内放送でもほぼ特定されて注意されてたと思います。



で、水城さんとCRYSTALGARDENのあおいさんのブースにお邪魔してだらだらとおしゃべり。
机、ゲタ配置がデフォルトなのだそうです。
アタシは床ブースをとって机をオプションにしたのですが、
机ブースを二個とればゲタが丸ごと使えるのです。
なんだそれ。

今更要項を見直したら、机ブースは90×90でした…
机半分って言うのでてっきり90×45だと思い込んでたよ…
バカだな…
次参加するなら机ブース×2で充分です。
搬入も大物が多かった分三箱になってしまって、だいぶ足が出ました…。
次回の3月は土曜日開催だし、単独開催の土曜日って集客的にどうなんだろう…


そんなこんなしているうちに事件は起きました。
ここからはいささかマニアックな話になるので、気になる方のみ続きをどうぞ。


edit↓ top↑

おたふくがまを作る。2015冬の陣2

これももう何個か仕立てているものではあるのですが、
しつけ縫いをしてもマチと身頃のカーブがうまく縫えず、イライラすることがあります。
イラつくから余計精度が落ちます。
一度引っ掛かったところはなかなかきれいになりません。

イライラしすぎてまたミシンぶっ壊しそうになります…

…いや、ミシン悪くない。というか前みたいなことしたら今度のミシンは絶対壊れる。


うまくできなかったら、できるように工夫するしかないわけです。
うまくできないやり方、に固執する必要なんか一ミリもない。
フツーに美しく仕立てるのが大事なんであって、ガチガチのこだわりなぞ要らないのです。
柔らかアタマと、広い視野大事。

そんな煩悶を経て、どうにか16個縫い上がりました!!
ポケット32個はさすがに目眩がしたけど、できあがるものですよ!!

で、カーブの縫い代部分にギャザーを寄せて縫い止めます。完全手作業。
時間かかってしまうのだけど、できあがりがきれいになるはずなのでちょっと省略できません。うぬう。

出発前に一個二個完成できるかも!と夢を見たりしてましたが、膨大な芯の切り出しがあることに気がついて夢がしぼみました…
ちくしょー、アタシ、もういい加減疲労困憊だよ!!


そんなこんなで旅立ちます。

edit↓ top↑

おたふくがまを作る。2015冬の陣1

16個作りたいので、芯の切り出しが32枚です。
これは心が折れるよね最初からね。

裏地用のは薄い芯なので、重ねて一気にカットできるのが救いです。
台形なので、上下交互に並べて裁つと無駄がないのだけど、それをやるにはまた別の手間がかかるっていう。

まあとりあえず内袋から一斉に作ります。マルシェ前日(五日)までに内袋全部完成させたい。
で、クリマの搬入(九日)までには八個仕上げたいな…どうかな…

生地の裁ち方も下手なので、なるべく隙間なく裁てるように何度か計算しているのですが…
たびたび計算結果が異なるという、もうかなりどうしようもない状態。
誰かアタシに算数の能力をください。
(数的推理やパズルもの、決して不得手ではないんだけどな…)


edit↓ top↑

ハンガーポール買いました。

日付対抗戦に明け暮れた11月が終わりました…
サイズ問わずで一応30個以上は作ったはず。レンタルボックス分抜きで。

クリマ向けにおたふくがまを16個作りたいので、そろそろ着手しなくてはなりません。
しばらくは一個も完成しない忍耐の時期が続きます。

それはさておいて、
広いブースイベントで置けそうなハンガーポールを購入したのが届きました。
昨年導入した斜めハンガーは見事に失敗で、搬入できそうに無い大きさだった上にめちゃくちゃ重くて、
結局使わないまま廃棄しました。
パイプハンガーも考えたりしたものの、ポールくらいでもいいかなーと。
木製のハンガーもかわいいかな、とか。

で購入したのが、台座直径30センチ、高さ170弱、重さ3キロ弱という組み立て式のもの。
搬入したいわけなので、分解できるのと軽いの大事です。
台座が小さいのも大事です。
これはハンガーを掛ける部分が矢印になっていて、回転もするし、何より見た目がちょっとかわいくて一目惚れしました。

組み立ても慣れたら10分かからないと思います。
矢印部分は短いから、たくさん引っかけられるわけではないけど、イベントで使う分には充分じゃないかな。
イベで使わなくなったら部屋で使うしね。

edit↓ top↑

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。