FC2ブログ

プロフィール

あまの

Author:あまの
白雪納戸(シラユキナンド)という
屋号でハンクラ活動しています。
英語表記 whitesnow closet
(ほわいとすのーくろーぜっと) です。


自己流ミラクル技が多いので、レシピは載せていません。

記事は基本的に長めです。
改行も少なめで密度が高いです。

↓作品販売しています↓
* ハンドメイドマーケット minnne *

* Twitter @whitesnow_c *
↑新作など最新の情報を載せています↑
みんね経由でない販売を行うこともあります。

ブログ内検索

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
  • --
  • --/--
  • --

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

edit↓ top↑

細長がまぐちを作る。

6月中に納品に行きたかったのですが…
どうもこう、現実逃避しすぎて時間を無駄遣い。
あとはがまぐちをがっつら20個作ればイイだけなのになーーーー。

気分が乗らないので実況していこうと思います。

20個分の生地。カットクロスを20枚ゲットしたので、一枚ずつ色違い柄違いです。
150630.jpg
25×25の生地はそのままのサイズですが、別のクロスが25×30で、
こちらは裁ち落としはせずサイズを大きくすることにしました。

タグをつけるのが面倒なのですよね…
リボンタグにする方が圧倒的に楽だけど、
自分的に手抜きになるのであえて縫い付けます。

……えーと。
ミシンを使うのが約一ヶ月ぶりな所為か、なんかモタモタします…
縫うの自体が下手になっているのではないけど、段取りが悪いというか、ミシンの扱いが下手になっています…
うーん、すごいな、下手になるものなのか……

というよりも、異常にハイペースで使いすぎて、扱いがスピーディーになりすぎていたのだと思われます。

ああそれにしても集中力がもたないです…
5時間も縫っていた自分はどこに行ったんだ……
一時間もてばいい方で、30分くらいでふっとやる気がなくなるのです。困った。



スポンサーサイト

edit↓ top↑

長財布を買う。

撮影のサンプル用に長財布を探していたのです。
先日レンタルボックスの回収にいってお店をうろうろしたときに、とっても素敵な長財布を見つけたのです。
離れたところからふらふらーっと吸い寄せられてしまったのです。

といってもまあ結構なお値段なのですね。
自分は二つ折り財布派なので、もうサンプルとしてしか使わないのにこの値段はないわーと。

というわけで、1,000~3,000円くらいで何か素敵なのないかなと。
だってホラ。使わないし。
ある程度の形が整っていれば、好みのでなくてもいいんです、正直。
(まあ使う以上はある程度気に入ってる方がいい)

そんな感じでもやもやと探していたのですけども。
もう、思いきってそのお高いお財布を購入することにしました。
7月から値上がりするっていうしさ。買うなら今じゃないかなと。
うん、いいんだ。自分にご褒美だ。(なんのだ)

HIRAMEKI.というブランド?の革のお財布です。
これから撮影時にばんばん使います。楽しみ!!


(ちなみに自分、お財布はわちふぃーるどと決めております)

edit↓ top↑

ミシン探し。そのよん

仙台滞在二日目。
朝からトーカイに行きまして、もさもさとカット売り生地をゲット。
もっと買い込むようだったら二割オフ券を発動させたのだけど、案外ピンと来ませんでした。
ミシンも置いてあるけどねー…元々台数が少なくて選びようがないのよね。

買うのはもうM500かDC6030に絞られてきているわけですが、
何が違うのかで悩んでいるのです。
直営店だからサポート確実、5150も引き取ってくれる、新しい。
M500のメリットはこんなところ??
三万円の上乗せはそのあたりなわけです。

しかしですね、この10年、一度もサポートを受けたことがないので、もういっそそこはカットしてもいいのかしらと。
五年保障だと言うし。
押さえ厚の作りも、実はおんなじみたいです。
それと、M500がエンジカラーなのもちょっとだけネックなのです。
今の機種がほぼ白一色なので。まあ使っていれば逆に気に入るかも知れないけど。

そういう細かいところに固執するとよくないなーというのも思うのですけどね。
悪い意味での保守的すぎるというか。

ぐるんぐるん悩みながらネットで情報をあさっていたら、
M500とDC6030は、ほぼ色違い機種らしいことが判明。
……そうだよねー……機能的に差が見当たらないもんね……

というわけで、DC6030を買うことにしました。
発売約三年前で、M500より二年は前だけど、まあいっか。
ぐるんぐるんぐずんぐずん七転八倒するのはアタシの悪いクセですが、
着地点を見定めると行動は早いのです。

所用が終わったところで大急ぎで移動して、お金下ろしてマブチの中のミシン店に。
昨日話を聞いた人はいなかったのだけど、見積書みたいなのを書いてもらってたので、それを見せてお話。
本体一式、ワイドテーブル、フットコントローラーつき、自宅まで送料無料ではちまんきゅうせんえんにちょっとおつり。
安くない買いものですが、ベストに近い選択ではないかと思います。
何せ二割オフだしね!!

到着は水曜日。
最速月曜着だけど、近頃帰りが遅いので先延ばしです。

せっかくなので、基本的な糸通しと縫いを教えてもらいました。
玉留め縫いはあるけど、すきなところで玉留めはできなくなったんだなー…
まあそこは使いながら慣れるしかないですね。
説明DVDもついてくるので、ガン見して、もっともっと使いこなせるようにします。

edit↓ top↑

ミシン探し。そのさん(長文)

所用で仙台に赴きました。
ついでに手芸店やら直営店をもりもり回って、さらにミシンを探してみる魂胆です。

最初についたのが直営店。
使っているのがMC5150であること、修理対象でなくなったこと、
なので買い換えを検討しているので話を聞きたい旨を伝えました。

修理を受け付けないって、うちじゃないですよね?というので、
いやあジャノメさん(で言われた)ですよ、と。
なんでしょう、地域によって修理対象が違うのでしょうか。

相手からは特に何か訊かれることもなく。
何を作ってるか、とか、どれくらい使うのか、とか、知らないと話ができないと思うんだけどな…
(MC5150自体が10年以上前の機種なので、使用年数はそれでわかるけど)

で、そんな状態で勧められたのがまたしてもHORIZON。
速攻でお断りしました。
高いし、機能ありすぎても使わないからと。

次、M500。
うん、これ最新機種ですもんね。
発売時期を訊いたら、今年の三月とのこと。
うーん、この間は昨年末って聞いたよ??
カタログは確かに2015.3だったけど、実際のところはどうなの??

次、シェーネⅡ。
縫いがダイレクトボタンのがいい、といったら出してきたもの。
確かにダイレクトボタンだし、操作性も似たような感じではあるけど…
ヘルプ機能がついていたり、ボタンに日本語で「○○縫い」と書かれていたり(他機種は縫い模様のみ)、
不必要なくらい親切設計な感じです。
あからさまに初心者向けすぎるというか…購入者も年配の方が多いそうだけど。

これ、この間もちらっと聞いた機種かもなー。
ここまで丁寧でなくても大丈夫ですよねって話になった気がする。
M500より高いし。

発売時期(カタログ時期)は2008年。
7年前の機種だけど、現在も継続して生産されてるんですって。
修理の部品保有期間は「生産終了から8年」だから、生産されている限りはずっと保有してるってことになる。
どうせ買うなら少しでも新しい方がいいんだけどな…(M500の生産があっさり終了する可能性もあるけど)
第一、いらない機能に金かけたくありません、と言い切ってこちらもお断り。

かがり用のロックミシンをもっているなら、直線ミシン(職業用)もありだっていうのだけどさ…
ボタンホール無いのよね?? いくらバッグっていったってボタンホール必要なんですけど。
いずれ服も作りたいって言ったんですけど。
イマイチ話が噛み合わないなーって感じでした。
アタシもそれなりに調べて武装してますしね。
 
しかしアレだね、話を聞きたいと言ったはずなのに、もう買わせる気満載でしたね。
お金もってきてないから、といったらカード払いを促してくるし。
ゴリゴリ押してくる感が強くって、押し切られて買ってしまいそうな気がします。
提示された額はほぼ同じだった(テーブルつきで税込みじゅうにまんちょい)ので、買うならM500なんだろうなと思います。


次、マブチ。
正確には、マブチの中にあるミシン店。
さすがに置いてある台数が多いです。
で、カタログで目をつけていたDC6030があったので、一点集中で話を聞きました。
これ、機能も形もM500とそっくりなんです。
押さえ厚はダイヤル式だけど、ほとんどいじらなくてもいいみたい。
テーブルとフットコントローラーつきで税込みきゅうまん弱。

元々は税込みじゅういちまん超だけど、よりによって20%オフなんですよ今…。
なにこれどうしたらいいのこれ。


押さえ圧の調整があるのが小さなネックだけど、フットコントローラーくれるのはいいなあ…
直営店との差はサポートの強弱だと思われます。
でもマブチ(の中のミシン店)、五年保障がつくんだって。
修理も受け付けてくれるみたいだし。

迷うなあ。
いろいろ見て歩くから迷うんだろうし、M500に決めちゃったほうがいいのかなあ…

edit↓ top↑

ラップブレスを作る。後編

一本目こそかなりぐたぐだに時間がかかりましたが、
二本目は少しスマートに仕上げられました。

こんな感じです。
パープル、ピンク、クリア、グリーン、ブルーの五色使いました。
150614.jpg
ナチュラルカラーの紐だし、ビーズ自体も色が淡いので、
またしても地味っちゃあ地味なんですが…
同系色かマルチカラーしかできないのか自分は、とも思います…

まあマルチカラーなだけあって、服の色を選ばず気軽につけられるんじゃないかなと思うんですけど。どうでしょう。
レインボー加工なので、きらっとします。

(全色透明タイプのを選んだつもりが、グリーンだけ不透明だったのは内緒だ)

(四色だけで仕上げようとしたらどぎつくなったので、とりあえず買ってみてたクリアを差し込んだのも内緒だ)

さて材料使い切りまで作るかー。

edit↓ top↑

ラップブレスを作る。前編

材料が揃ったのでラップブレスを作ります。
150613-1.jpg
ティラビーズと牛革紐と、シェルビーズとモノコード。
ベージュ色のビーズスレッドを購入しましたが、渋いピンクのモノコードが見つかったのでそちらを使うことにしました。

ティラビーズはパステルカラーのレインボー加工のみをピックアップ。
60色くらいあるモノの、加工が微妙に違うので、色を揃えるのはなかなか難しかったです。

一度作ってみたかったんですよねーラップブレス。
まだいろいろ売られているので(定着したのかしら?)、流行りのうちに作ってみっかと。

だいそーで先日購入したビーズ用ワイヤー針。
消耗品なので、安く買えると助かります。
というか、こんなものまで売るようになったのかだいそーよ…
150613-2.jpg
(ここ一~二年くらいでハンクラ品がかなり増えてるよなあ…)

諸々のレシピをあさってある程度作り方はわかったので、見様見真似で作ります。
問題は必要な量がよくわからないところだけど、まあなんとかなるでしょう。


最初の数個を通すまでは形が安定しなくて作りにくいのですが、そのあとはまあいい感じで進みます。
形も揃ったビーズだし、比較的作りやすいのかも。

とはいえティラビーズ、片面が微妙に盛り上がっていてそちらが表?なので、そこの目極めに少し手間取ります。
それと、途中で糸を足すのがかなり面倒です。
なので糸は長めにして作業してるのだけど、それはそれで引き締めるのに手間がかかります。
あー、この感じ、テグス編みでもやったわあ…

最初なだけあってビーズの並びを間違ってほどいたり、
どうにも進みがのろいです…

edit↓ top↑

ミシン探し。そのに

芯やら生地やら持ったまんまジャノメの直営店に行きました。

ミシンの調子が悪くて、から始まり、機種名を告げたら何か引っかかる様子。
いわく、「修理受け付けを終了した機種リストに今月から追加されました」とのこと。
ええもう確かに、ひとつだけ赤字で載ってましたよ、メモリークラフト5150……
よりによって今月かよ…
もっと早く行動していればもしかしたら修理で済んだかも知れないのに!!

この時点でだいぶ正気を失いました。

巻の芯を抱えたままだったので、「それは接着芯ですね! 巻きで買うくらい作るんですか!?」と突っ込まれ、
はいまあそうですとほどほどにカミングアウトし、それ故にそれなりのミシンを探しておりますと尋ねました。

これがいちばんいいものですけど、と言われたのがHORIZON。
メモリークラフト7700番様です。
小売価格二十五万くらいの超ハイスペックマシンです。

そこまで高価なものは要りません!!
むしろ使いこなせません!!

ということで、店頭にあったもので勧められたのが、メモリークラフト4300と、エクールM500。
M500の方は、一般ミシンでは最新機種だそうです。
4300だと文字刺繍ができるよう。どちらも現状より機能は上。

で、ダイレクトボタンなのがM500、4300はカウンター式。
試し縫いもさせてもらいました。

自動返し縫い機能をまったく知らなかったのはまあいいとして、
三段縫いを知らず使いもしていなかったのにまた心が砕けました。
一目を三回ずつ縫ってくれるのだそうです。
持ち手付けなどで一往復半するのと同じことなのです。
ええ、まったく知らずに一往復半やってましたよ、何度も!!
(そこで縫い目が曲がったりする危険性も高い)
「宝の持ち腐れです(泣)」とも言われましたが、売る側としては「なにそれマジ勿体ない!」って感じなんだろうなあ…

カウンターで縫い目選択もできなくはないけど、ダイレクトでやってきたからちょっとストレスかもな…
文字縫いは要らないし、M500の方が安いみたいです。

肝腎のお値段はといいますと。
現機種を下取りに出してなんだかんだお値引きいただいたとして、じゅうにまんちょい
覚悟はしていましたが、案の定高かった…

量販店に置いてある機種名を挙げましたが、よくわからないようで説明はもらえず。
直営店と量販店で買う差を尋ねましたが、アフターサポートの差らしいです。
量販店だと修理は受け付けてくれないし、請けたとしても修理先に送るからそこだけで料金がかかる。
直営店は事前の指導もあるし、修理の対応も早いとかなんとか。

でもアタシ、この10年サポートを受けたことがないのですよ。
つまりサポートが要らなかったら、量販品でも構わないってことじゃないですかね。

なんだかんだ話は盛り上がりましたし、営業トークコミでいろいろ勧められましたが、
もうちょっと探してみると言うことで退散しました。

なお、アタシが一番困っているのは、スタート兼ストップボタンの利きが甘いことですが
(スタートしないのはまだいいとして、時々止まってくれないのはなかなかに困る)
その辺が効かなくなるのは「使いすぎ」だと笑われました。
ええまあこの四ヶ月ほどヘビーユースだったのは自覚しております。
二月に破壊しかけたのも寿命を縮めたと思っております。
でもね…10年も使ってきたから愛着があるんだよ…

今月中に仙台に行くので、手芸店巡りしていろいろ訊いてみようと思います。
時間があれば直営店も行きたいな…行けるかな…

edit↓ top↑

セールですから。-2015初夏-

一日のんびりぐだぐだすっかと思いましたが、
荷物が届いたりして目が覚めたので、建設的に外出しました。
トーカイのセールなものですから。
オーダーを受けている記事の買い足しと、なくなってしまった芯を取り寄せしてやるのです。

一応、新作生地もチェックしまして、アリス柄のかわいいのがあるのでちょっと欲しいなとか。
麻紐を買い足すかなとか。

生地はぱぱーっと見まして、北欧柄っぽいオックス生地を色違いで二種。
これは新しい口金を入手したら、A4バッグに仕立てようと思います。

買い足しの生地も無事ゲット。
120センチ購入したあとで、100センチでよかったことに気付いたのはご愛敬。アホめ。

で、肝心要の芯を買います。
フツーにセールだったのに加え、芯がさらにお買い得になってたという幸運。
取り寄せしてくださいと言ったら店員さんが「うへっ」って顔をなさいました…
在庫のある分もとりあえず買い占めます。
だってね、だいたい三割くらいオフだからね!!

一巻で一年もつかもたないかなので、思いきって二巻買うのです。
オフだしね。三巻買ってもいいくらいだね!

今回の収穫は、ダイソーに新しい口金が入ったことであります。
10センチの角形で、大きめ小銭入れにしても小さめポーチにしても、縦長にしても薄くしても厚くしてもと
なかなかに使い勝手があると思うのです。
何より価格的にリラックスして取り組めるのがよいです。
というわけで興奮して5本買いました。

そんな感じでもさもさっと買いものしまして、
そういえば今日は平日だったなーと思い出し、
思いきってジャノメショップに行ってみることにしました。


edit↓ top↑

つくるっこでした。

開催は10時からなのですけども、
できれば9時すぎには設営を終えてたいのですよねー…
その頃からいらっしゃる方もちょこちょこいるので。

しかしながら一本遅らせた所為で到着が9時半…
大急ぎで設営して、開会には間に合いました、な状況。
遅らせたあげく品物が間に合わなくて、
余裕もって詰めたはずが、出せないものをもってきたり、出したいものをもってきてなかったり、


ふふ…余裕なんて全然無いじゃないか……

今回もかなりの晴天に恵まれました。
前回、用意した日よけ手袋が短くて意味無かったのを反省して、肘まである長手袋を用意。
肘下が太すぎてキツキツだったのはご愛敬……グスン。
しかし日傘はすごいですね。グレー地と白地という、比較的遮光率低めっぽい傘なのですが、影ができるとかなり日差しが軽減されます。

さておいて。
今回は、レンタルボックスから回収した小物をもりもりっとならべました。
ゆびぬきが初めて売れたのも嬉しかったし、数年前にこしらえたバッグを持った方がまたいらしてくれたのも嬉しかったです。
「(作ったものを)覚えているものなんですね」と言われましたが、
数時間その布と向き合っているし、形(型紙)も自分独自のものなので、ピン、とくるのです、数年たっても。

そんな感じで嬉しいことはちょこちょこあるのですが、

ううーん……リターンが少ないなあ……

もうね、開催時間の半分を過ぎて、ブース代とその日の飲食代でとんとん、なレベルで。
以前に比べると、人通りが格段に落ちたような気がするのです…

採算度外視にも限度がありますので、
こういうのが次回も続くようだとちょっと厳しいな…

と、むずっとしていたのですが、
少し前から御贔屓にしてくださっている方が見えたりして、一発逆転また参加します状態になりました。
気に入ってくださる方がいるってありがたいなあ、としみじみ痛感であります。
ついったのフォロワーさんがいらしてくれて、差し入れのお菓子までいただいてしまったのも本当に嬉しかったです…
うん、次回も頑張ろう……!!

お暇な時間帯に、隣接するホーマック行ってハンダごて買ってきたのは内緒だ。
福田パンをもっさり買い込んだのも内緒だ。

閉会後はそのまままっすぐ帰路につきました。
荷物も大きいし、やはり日差しがきつかったらしくて、飲んでも飲んでも乾いてる感じで、
おまけに激しく寝不足でさすがにちょっこし具合悪くなりまして、
高速バス乗って五分くらいで気絶しました。

次回は10/4だそうです。
その頃には県内に転居できてるといいなあ(希望)

edit↓ top↑

ロウ引き紐との戦い。

ロウ引き紐でブレスレットを作りたいのです。
ちょうどいい感じの紐(糸?)をやっと入手したので、これならできるんじゃないかなと。

販売されてる写真を見まくって見まくって、見まくっているうちに何となく結び方(編み方?)が見えてきて、
何事も修練だなあと感心しました。
自分の伸びしろを感じるってすてき。

というわけで見様見真似ながらここまでできました。
150606-2.jpg
白いのは、カラーチェンジのビーズと、淡い色のクラック水晶。
赤いのは、何となく面白そうな、キャンディ染めのジェードとマザーオブパール。
仕上げはまとめてやるつもりなので、とりあえず本体?を作ります。

調子に乗ってこんなのも。

平らな両面バラに、葉のイメージのアベンチュリンとプレナイト。
150606-4.jpg


ルナフラッシュをメインにして、同系色の石とクラック水晶。
150606-3.jpg

1枚目の状態までは割とさくさくいくのですよ。
端の紐を重ねて、まとめて平編みまでもまあなんとかいきます。
紐の端は、炎で溶かしてきゅきゅっと撫でつける、らしいのですが…

ライターでのやり方は紹介されてましたが、とりあえず、ろうそくでやってみることにしたのです。
炎の青い部分でじゅわーっと溶かして、溶けているうちに撫でつけて固める、

とまあ理屈はわかるしその通りやっているのですが、

うまくいきません。
白い紐だと焦げたのも目立つし、溶けすぎてどんどん短くなるし、
うーん、ろうそくなのがよくないのかしら…
やっぱりハンダごて買ってくれば良かったな……せっかくホーマック行ったのにな…
(とりあえず手持ちの道具でやってみよう、で失敗した例です)


同系色でまとめすぎて面白くないし、まだまだ修練が足りませんな…
最初からうまく作れるわけもないということです(泣)

いきなり完成品を仕上げる方が無謀なので、もりもりと練習してからまたトライします。


そんなこんなうだうだした所為で、出発の便を一本遅らせました…
あああ、休憩しすぎなんだよもーーーーー


edit↓ top↑

久々に結ぶ。

夏なのでブレスレットを作りたいのです。
かれこれ一年ぶり近いです。
レシピ本を行方不明にしてどうしたものかと思っていたけど、結び方自体はメルヘンアートのwebでがっつり見ることが出来ました。

三本で一セットにしたかったので、先端のループ部分をどうするのか悩んでいたのだけど…
先日ウエダで見たものがまさに、お悩み解消な形をしておりました。

というわけでループ部分は三つ編み。
両端をまとめて二本ずつ芯にして、それぞれ色糸を結んでいきます。
(「編む」と言うらしいですが、作業的には「結ぶ」なのよね)

飽きて投げ出しつつもできあがったのがこれだ。
150606-1.jpg
おフランスカラーのねじり結びです。
麻紐だしがっちり結んでるので固いけど、使っていくうちになじんで柔らかくなるのではないかな。
何より、汚れたら洗えるというのがいいところだと思います。

edit↓ top↑

クラッチバッグを作る。そのさん

ビニールコーティングなんて二度と使うか!!

と、思いそうになっております。
クラッチだからね、手持ちするからね、多少の汚れ気にしなーい!の素材でチョイスしたわけですが、

縫いにくい素材ではあるわけですよ。
まち針刺しにくいし(刺すけど)。
シリコンをこまめに塗るのと、裏側からなので、それほど目飛びもせず縫えました、ある程度は。

本体こんな形。
150601-1.jpg
どうなんでしょうかこれ…
ただの台形がまにするとつまらないので、平たい六角形を目指してみたのですが。

とりあえず一個完成させてみました。
150601-2.jpg
どうなんでしょうかこれ…
設計通りだけど、もっとこう、横に張り出したかったんだよな…
クラッチバッグと言うよりも「ただの大きいがまぐち」になったように思います…

edit↓ top↑

イベント参加のおしらせ。

てづくりマーケット つくるっこvol.4
2015/6/7(日) 10:00~16:00
ショッピングモール アルコ 屋外スペース
(矢巾町南矢幅、矢巾ショッピングセンター内)
18ブース 「白雪納戸」

リンクはこちら→つくるっこvol.4

遅まきながらのおしらせです…

主催のずずみ屋さんのおとなりです。
自己都合であまり数を持ち込めないので、
三月からの新作をメインに、一点ずつもりもりいろいろ可能な限り並べます。
ブースに余裕があるのでもったいないのですが…我慢です…

夏向けの小物も作りたい妄想の予定です。

edit↓ top↑

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。