FC2ブログ

プロフィール

あまの

Author:あまの
白雪納戸(シラユキナンド)という
屋号でハンクラ活動しています。
英語表記 whitesnow closet
(ほわいとすのーくろーぜっと) です。


自己流ミラクル技が多いので、レシピは載せていません。

記事は基本的に長めです。
改行も少なめで密度が高いです。

↓作品販売しています↓
* ハンドメイドマーケット minnne *

* Twitter @whitesnow_c *
↑新作など最新の情報を載せています↑
みんね経由でない販売を行うこともあります。

ブログ内検索

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

トーカイ巡り二日目。


小雨の降る中、ちょっと遠いとこのトーカイまで足を伸ばしたり。
いやあ、この情熱を他のことに生かして欲しいですね自分。

系列店ばかりを巡っているので、売ってるものもだいたい同じなわけです。
近場で入手出来なくなったものが残ってないかなーとかそういうのも探したりはしたのですが、
選択肢自体がだんだんなくなってくるという罠。

で、結局トランプ生地は入手出来ませんでした。
となるとまたあの店舗に行かねば点ですが、足伸ばしてやっぱりなかった、だと切ないので、
地道にネットでも探します。
アリス柄に合う生地なら何でもいいのだけど、
ここまで来たらもう、「トランプモチーフ」にしたい……


で、ユザワヤです。
長めの持ち手が安くなっていたので即買い。
それと、革に縫い穴をつける道具を奮発しました。
裏当てのない持ち手を使うときに、別な革で裏当てをつけられたら強度が出るかなと思い。
それと革用の縫い針。先が少し丸くなっているのだそうです。
普通の縫い針を使うと、指に刺さることしばしだからね…

さらにマブチ。
かわいいベルトがあったのだけど、長さが足りず断念。

最後に木村屋。
ここは毛糸が主なので、ついでという感じではあったのですが、
ココランドの端布が安くってつい買いそうに。

あー、仙台は広いねー。

餃子の王将でランチもできたし、満足です。
さすがにくたびれましたので、予定を早めて帰路につきました。

用事がないとなかなかいかないのよね、仙台……
思いっきり買いものってなれば東京に出ちゃうし。

戦利品はこれ。ステッチルレット。
141130.jpg
レザークラフトをすることになっても役に立つと思われます。予定ないけど。
スポンサーサイト

edit↓ top↑

トーカイ巡り。

所用で仙台に赴きましたので、
市内のトーカイを巡ってトランプ生地を探すのです。


……なかったけど。

代わりに、パネル生地の色違いを買ってしまったり、
お気に入りの小花柄を買い占めてきたり、
まあまあ得るものはあったのですけども。

どうも売り切れたみたいです。
セール品になるっていうのはそういうことなのよね…


一泊するので、明日は別なトーカイと、ユザワヤもいっちゃいますよっ。

edit↓ top↑

アリス三部作をつくる。そのに

脳内設計をしてみたのを、小さな紙模型にしてみる。
……うん、この形はダメだ。
立体にしてみるのは大事です。
そんなことを日中やっています(仕事しろ)。


そんなこんなで型紙ができました。

どれも30センチクラスの口金を使います。
マチも太めにして「とにかく大きく」つくりました。

いっこめ。一番シンプルな台形型。
141127-1.jpg
本体を台形にして、マチは三角形にせず同じ厚みを出すように設計。
実に14センチものマチを取ったので、ぼってりと分厚い台形に仕上がる予定です。
口金は一尺の角形。数年前に購入しておいてやっと使う機会が来ました。

にこめ。完成形がイマイチ不明(えっ)。
パネル生地の都合で、マチは8センチと薄め。
141127-2.jpg
接ぎ合わせが少ないのだけど、その分一手間加える設計です。

さんこめ。いわゆるがまぐちらしい形。
141127-3.jpg
口金は一尺くし形。先のデコレクションがまと同じです。
幅が実に40センチ超。マチも10センチほどにして、過去最大の大型です。
作りは一番単純だけど、一番縫いにくいと思われます……

マチの先端をあえて、尖らせずに落としてみました。
この形は今後も作るので(縫いにくいというのに)、作りやすい形を模索中。

edit↓ top↑

アリス三部作をつくる。そのいち

何となく購入してみた、パネル生地というものに挑んでみようと思います。

大きな柄が数個とか、場所によって違う柄になっているようなのをパネル生地と言います。
一枚で違う柄のものが作れるので、入学グッズ生地によくある模様。

実は初パネルです。
お店では黒地のドットを組み合わせてトートバッグにしていたけど…
黒無地と合わせて、これまた大きながまぐちにしたら面白そうだなーと。

141125-4.jpg
141125-5.jpg
ひとつなぎの中に7種柄があります。
縦はだいたい24センチ、横は、一番大きいウサギのストライプが約30センチ、一番小さいウサギの時計が約20センチ。
上段の時計柄は単体、あとの6つを3組にして、違うデザインを3つ作ります。

edit↓ top↑

【新作】 セミショルダーバッグできました。

一尺(約30センチ)ある大きな口金のバッグです。

デコレクションズというお店のカラフルな小花柄に一目惚れしまして、
ちょっと大物をつくってみたいなと。
柄が小さいので小物でもかわいいのですが。

141125-1.jpg
幅38、口金幅31、高さ25(ゲンコ含まず)、マチ9、持ち手約54センチ。
持ち手はあと20センチ長くしてセミショルダーにするつもりが…おかしいな…

持ち手の裏には内側生地を当てて、
本体は茶無地で切り替えて引き締めました。
トートバッグのようなデザインです。むしろお稽古バッグにすら見える…

141125-2.jpg
持ち手の間にポケット。両側につけました。
タグは控えめにこそっと入れました。

141125-3.jpg
内側は薄いミントグリーンの無地。
仕切ったポケットを二つ。
表が賑やかなので、ハウツー本でよく見るように裏は無地にしてみましたが…
なかなか高いハードルでした。

A4はぎりぎり入りません。
大きく開くので、あれこれ入れても底まで取り出しやすいです。
持ち手を本体に縫い付けてあるので、重いものを入れても口金が外れる心配がありません。
サブバッグにもメインバッグにも使えるベーシックな形です。

裏生地を使い切ったので、同じ組み合わせは2個限定。
茶無地の切り替えをもう少し低くしてもいいかも。
表を無地にしてますますトートバッグ風にしてもいいかも。

edit↓ top↑

大きなバッグを作る。そのに

早めに帰宅したので、大型バッグの仕上げに入ります。

本体合体。
141124-1.jpg
お稽古バッグ的な見た目ですな…
今ならA4入ります。

内側。
141124-2.jpg
思った以上にのっぺりででろーんとしていますな!!
やはりポケットは両側に欲しかったか……!!

ハウツー本だと、内側が無地というのはよく見るのですが、アタシにはまだちょっこしハードルが高かったやも知れません。
淡色なので余計にのっぺりしているというか。

口金と比べるとこのサイズ。
141124-3.jpg
口金をつけるとA4は入らなくなります。
30センチ以上ある口金ではありますが、縁の厚みなどを差し引くと、A4(297ミリ)より狭くなってしまうのです。
これより大きいのとなると39センチなので、A4も余裕っちゃあ余裕だけど……
そこまで大きいがま口を作るとなると、だいぶ気合いが要りそうなので、まだ手は出ませんな。

とはいえこの一尺サイズも随分大きいと思ってたんだけどね……
20センチ台のをあれこれ作ってきたら、そんなに大きくも思わなくなりました。慣れですね。

持ち手は当初予定よりやはり短くなりましたが、
あまり長くすると手提げにできなくなるので、それはそれでいいかと。
薄着の時期なら肩掛けできないこともないし。


口金もさくさくつけます。
あー、休みの日は作業がはかどるねー!!

edit↓ top↑

お店巡り。

納品も終わったことだし、買いものに行っくよーーー!!!

まずはウエダだよーーー!!

と、言っても、セールで値下がりしていたココランドの生地を少々です。

で、次は移転したトーカイに。
どこにあるのかビミョーでしたが、迷わず着きました。

うーん、店舗面積が広くなったのか狭くなったのか…
L字型になっているので、奥の方で品探ししてたら怪しまれそうだなあ…

とりあえず、ミラーがま口を買い占めました。三つ。
買い占め、趣味ですけど何か。

特筆すべきは、オトナっぽいトランプ柄が4割オフでかなり安くなっていたこと……!!
普段ならスルーする感じのやややかましい柄ですが、
実際一度見てスルーした記憶もありますが、
今見るとこれはっ……
アリス柄のバッグにちょうどいいではないか!!!

というわけで、4メートル購入。
ちょっと多いかなーとも思いましたが、トータルで8個作ることを考えると、決して多くはない、うん。
むしろ足りないかも知れない……もっと多く買っておくんだったな……
(使う量を計算していないという迂闊さ)

来週仙台に行くので、仙台のトーカイを攻めてみようと思います。

ちょっと時間があったので、もう一箇所回るかと思いましたが、
なんだかんだ睡眠不足なので早めに帰りました。

なお本日の購入は10メートルでした……そんなに買ったのかよ……

edit↓ top↑

納品してきました。

やっと行きましたよ…
犬印のエコバッグ大にぎゅうぎゅうに詰めて。
ボックス空いてるといいなーと願いつつ。

…まあそんなには空になってない。
持ち込んだものもぎゅうぎゅうになるくらいだったので、
かさばる在庫は回収しました。

次は1月下旬かなー。
3ヶ月スパンだと、ボックスの支払いも大きいし、放置期間が長すぎる気が。
スパンを縮めると諸々の経費はかかるわけですが、二ヶ月毎にお買い物に行くと考えればいいかなと。
冷麺食べたいしなあ。


近くにいるとあんまり行かないんですが、
近くにないと無性に食べたくなるのです、冷麺。

edit↓ top↑

大きめバッグを作る。そのいち

納品用のものつくりが終わったので、かねてより計画していた大きなバッグを作ります。
さっさと納品に行けという気がしなくもないですが。

設計しています。
141123-3.jpg
諸々の寸法も書き込んであります。
型紙と設計図を兼ねている感じです。作るときにすぐ見られるし。

型紙できました。
141123-4.jpg
途中で紙不足になったのはご愛敬。
書き込みするので白紙の方がいいわけですが、ミスプリントが大量にあるのでこういうとこで消費。
(白紙にしても印刷物の再利用です)
表は切り替えをするので二分割。裏は切り替え無しなので、別途同じ形を作りました。

休日なのでさくさく縫います。

内袋。口金は幅30センチあります。
141123-5.jpg
表がカラフルなので、裏は思いきって無地にしました。
記憶しているだけでも10年ものに近い生地です。端布買いしたのでもう手には入らないと思われます。
使い道もなくてだらだら取っておいたのですが、やっと消費できました。
(そもそも人形服用にしようと思っていたのよね)
足りなくなってしまったのでポケットがひとつになったのは内緒。


でもっていよいよ表生地に取りかかったわけですが…
切り替えしなかったらかなり楽だったなあ……と反省しばし。
それと、地味に方向性のある柄なのに気付いて、持ち手を接ぎ合わせたり。
ポケット作って持ち手作って本体に取り付けて、やっと切り替え無地と接ぎ合わせて、なので、見た目以上に時間を食いました。


そして悲しいことに、持ち手の長さがまったく足りませんでした……


セミショルダーにするつもりだったのだけど、ただの手提げ状態です……

設計図を見直したら、本体に縫い付ける部分の長さをまったく考慮してなかったという……
20センチ近く短く作っているので、ほんともう何ともならない。
裏生地と合わせたときに長さが違うのには気付いたのですが、
「長く設計しすぎた」
と思ってカットしちゃったんですよ…
違うよ、表生地が短かったんだよ…

単純な加減計算が下手だというのもありますが、
一気に推し進めるとこういうしくじりをやらかします。
気がつくポイントはあるのにね……スルーしちゃうんんだよね……

裏生地は使い切ってしまっているのでほんともうどうにもならないのだけど、
デザイン上使い物にならないわけでもないので、このまま作ることにします……
セミショルダー予定だったってのは黙ってればいいよね!!

edit↓ top↑

ばね口を作らない。

この三連休中にレンタルボックスに行かねばなのですが…
予定では今日行って泊まってくるはずだったのですが…
思うようにものつくりが進みません。

12センチのばね口でスマホケースをつくったら、
5センチの小さいばね口で小銭入れを作る!と意気込んでおりましたが、

ばね口ポーチが恐ろしく下手だという結論に達しました。

巾着の要領でつくって、ひもの部分にバネ口金を差し込むわけですね。
理屈はわかっているのですけども、

そもそもアタシは巾着作りがとても下手です。

給食の白衣を入れるような一重の大きなものならなんとか…

作る機会がないので、うまい作り方が自分の中にありません。
うまい作り方を知らないので、毎回どうにもならん仕立て方になります。
裏地をつけて、となるともう高度すぎて手におえません。

なので、ベンリー口金もうまく扱えないのですよ…

そんなわけでスマホケースをだいぶ格好悪い出来にしてしまい、
(下手なのに厚い芯を貼ったりするからだ)
小銭入れを作るのがもう激しいストレスになっているので、放棄しました。
じっくり作るよ…ぐすん。

気を取り直して、しくじった生地のリメイクです。

これが、
141123.jpg

こうなります。
141123-2.jpg

裏地が透けてしまい、厚い芯をあとから足したりして要らん手間をかけました。
シールタイプの芯、立体になったあとでも貼り込めて便利です。

がま口作るって楽だなあーーーー

としみじみ思いました。

ストレス感じながら作るのって良くない。ほんと良くない。
ばね口はもっと精進します。

edit↓ top↑

デザインフェスタ申し込んでみました。

同人誌即売会と同じ感覚で、まだまだ余裕あるだろーと思ってましたが
(3月5月8月の締切が年明けなのです)
実は二週間そこらだけだと言うことを知りました。
うっわーーーー……あっぶねーーーー………

とにもかくにも初めてなので、おっかなびっくりではありますが、
ポピュラーにSブース(90×180)をチョイスしました。
支払いは当選後なのがいいですねっ。

机は60×120のを借りて、
シングルのパイプハンガーを高ーくして壁みたいにしてやるのですよっ。
アタシは隅っこに椅子構えてちまっと座ってますよっ。

そんな計画はもうできあがっています。

なお、申込名はついに「白雪納戸」にしました。
英語名って欄もあったからそこは「whitesnow closet」で。
ふりがながなかったのが謎です。

edit↓ top↑

まちのしゅげいやさん。

色糸が足りないので、街中にある手芸店に行きました。
色さえ合えば100均のでも構わないのですが、微妙な色合いになるとやはりカバーしきれません。
ついでに絹糸も買ってみようかと思いましたが、予想外に高くて諦めました。
絹糸値上がりしてるそうです…

手持ち金がだいぶ心許なかったにもかかわらず、
カットクロスのかわいいのをあさってしまいもりもりと購入。
28×30くらいの小さいのなので、茶無地で底をつけて、ついでに小さい持ち手をつけて、
小さいがまバッグにでもしたいです。

持ち手ね…作りたいものがあってがーっと購入したんだけど、
レシピがよくわからなくて挫折したのよね…
読解力ないのかねアタシ…


さて色が揃ったところでがつがつマカロンを縫いますっ。

edit↓ top↑

なまえをかんがえる。

イベントに参加する際のサークル名というかディーラー名というかを、変更しようかなあとふと思いました。

タグにしろついったにしろこのブログにしろ、「ほわいとすのーくろーぜっと」で表記していたのですが、
元々は「白雪納戸」と書いて「ほわいとすのーくろーぜっと」と読ませる感じなのです。
webのIDなんぞは英語表記のがとりやすいし、雑貨系で初参加したときから何となく英語表記にしてましたが…
「whitesnow closet」と書いて「しらゆきなんど」とは読まないよなー。

そもそもこのブランド?名の由来ですが、
サーバーをレンタルする際のドメイン名で一番気に入ったのがwhitesnowからだったと思われます。
あと自分が冬生まれだとか後付けでいろいろ出てきそうなのですが、
決定打は思い出せませんので、多分「何となく気に入った」ってところだと思われます。

じゃあ「納戸」は何かと言いますと、
「クローゼット」の和訳と言いますか、
元々は人形服を作るのが主だったので、
ウォークインクローゼットのノリで選んだと思われます。
いろんな服飾品がありますよー、みたいな。

なんだろう、英訳が先に来たのだろうか…
漢字を当ててもまあまあ様になるし、読みも語呂がいいし、
なんとなーくいい感じだと思ったんですね多分。

アタシは「名付ける」のがとてもとても苦手でして、
同人活動のサークル名もペンネームも創作するにしても、いつもいつも難儀します。
なので、はまったらしぶとく使ってます。その都度ひねり出せるセンスがないのです。

まあそんなことは置いといて。

ちょっと定着しつつある感もありますが、「ほわいとさん」よりは「しらゆきさん」のが呼びやすいかなとか。
「がまぐちさん」で覚えられてる可能性が高いと思いますけど。

edit↓ top↑

デザインフェスタにいきました。後編

続きです。

最初に突入したのがレジン系のエリアでしたが…
センスの善し悪しが露骨な部類だと思いますここ。
パーツの選び方、載せ方、柄の出し方、好みはともかくすてきだなあーと惚れ惚れします。
いろんなものが置いてあるのも楽しいけど、系統や作りなど、統一感がある方が見てて美しいと思いました。

自分のところもそうだけど、いろいろ置くよりは、何かに特化する方がいいのかな…というか。
明確なコンセプトやテーマがある方がいいような気もします。アピールしやすい。
うち、ないけどさ。
アタシが作りたいものをのべつ幕無しに作ってます! て状態なので。もはやテーマですらない。

フェイクスイーツもたくさん。
ここはちょっとピンキリを感じたエリア。
お手頃価格だけど作りもそれなりだったり、その逆だったり。
梱包でうまく見せるというのも大事だと思ったエリアです。
(パケージ詐欺は良くないけど)

西ホール二つなのだけど、一つの半分をじっくり見て回ったらすでに二時間…
品物は元より、ディスプレイもがっつり見ていた所為です…
これはいかん、と食指の動かないエリアは少しペースアップしました。

アイロンビーズでジョジョの台詞を再現していたブースがあって、
ジョジョ話とアイロンビーズ話でちょっと盛り上がってしまいました。
アイロンビーズをそんな風に使ってるのは初めて見たもので。
いろんなアイディアがあるものです。
「作ってるなら売る側で参加する方が絶対楽しい!」と力説されてました。
ちなみにこの方は年一での参加だそうです。開催は5月と11月なんだって。

夏コミと、先のSPARKで隣だったサークルさんをそれぞれ発見。
夏コミの方はまたしてもラミネート生地で新作を作ってらした…!!
てか、だったらアタシも参加してもいい…よね?(なんの基準だ)

いやね、品物だったら太刀打ちできる!と思ったのですねアタシ。
がま口オンリーというのはそんなになかったし。
安価と言われるうちの価格設定のリサーチも兼ねてたのですが、
高いところは高いし、ものによってはうちより安価だったりする。
まあ、現状で適正価格だと思っているので、参考程度です。

で、ななしさんとCRYSTAL GARDENさんにいろいろと相手していただきました。
背後が余裕ある方がやっぱり楽だと言うこと、
アタシの荷物量だとMブースのがおすすめなこと、
Sブース二つなぎもアリだけど管理しきれないかもよ?ということ、諸々。
場所に応じて在庫量は調整するけど、背中がキツイのは精神的にやだな…
夏コミのときに、背後に人の壁があった状態で作業したのがめっちゃきつかったので。
会議机入れたら奥行きは半分持って行かれるし、後ろのブースと密着てのがいやだ…

でもMブースだとブース代がとんでもないことになります。
客層も全然読めないそうなので、そもそもが赤字覚悟になるだろうけど、
(むしろ黒になっているだけでもありがたいわけですが)
できれば初期投資は抑えたい(備品の搬入、レンタルも含めて)のも本音。
元々ディスプレイ力がつたないのもあるしね。

そんな感じであれこれぐるぐる考えた結果、とりあえずSブースだなと。
座る場所が欲しいので、120×60の机を借りようと思います。
背後壁つけたらいろいろいじれそうな気もするけど、壁高いのよね…
とりあえずの様子見だし。
人形もちらほら見たので、久しぶりにSDに看板背負ってもらおうかしら……

しかし60クラスだとかさばるのよね…
かといってMSDは使いたくないし、40クラスのPH、本気で買おうかな…

ともあれいろんな意味で、下見に行って正解でした。
アタシも参加するとしたら年一かなあ…と考えてます。
在庫を足すのに結構時間がかかるので、あまりイベントを詰め込むと作るのが追いつかない。
まあ、在庫を足すことになる、方がありがたいのですけど。ジレンマ。

来年5月の開催はSCCの翌々週です…2daysに次ぐ2daysって大丈夫か自分。
もうね、今からそのあたりのことを見越して作っていく必要がありますよ。

もっとも、ブースが取れるとは限らないので、毎回申込はすることになりそうです。手応えあるならね。


戦利品はこれ。初見できゅんときたゆびぬき。
141108-6.jpg
ななしさんに言わせると、適正価格だそうな…

おまけ。撮影ウェルカムだった苔玉ブースの、箱庭。
141108-5.jpg
「進撃の巨人」の外壁の外、をイメージされたのだそうです。

edit↓ top↑

デザインフェスタにいきました。前編

即売会かフリマかカテゴリに迷いますが、参加方法の類似具合と
必ずしも売るばかりではないけど、即売会カテゴリで。

以前から「デザインフェスタにはでてますか?」と訊かれることがあって、
オトモダチが参加しているので、ちょこちょこ調べたりはしてましたが…
会場の様子を知っておきたいと考えて、ついに突入しました。

入場料かかるのか!とか、西ホールだけなのか!!とか
いつも出ている同人誌即売会との違いにちょこっと戸惑いつつ。
まあ同人イベでもパンフ購入必須だったりするしね。

会場に入って最初に思ったのは、

「壁が多いなあ!!」

ということ。
ブースに最大三方のパネルを借りられるのですね。
背後だけの壁が結構あったのは驚きでした。
最小のSブースが180×90センチとは知ってたものの、
背後にまったく余裕がなくて、サイズ通りびっちりなのも驚き。
同人イベは比較的背後がゆったりだし(会場の広さと参加数にもよる)
フリマもなんだかんだゆったりめなので、こうもみっちりだとは予想外…!
で、そこに壁を建てたりしているので、一ブースがことのほか狭く感じられました。

というか、備品すべて別途有料なので、どんだけ金かけてるんだ…と下世話な感想。

でも、壁をうまいことディスプレイして、一坪ショップみたいに仕立てているところもあったりして、
ディスプレイ力がものを言うなあと感心しきりでした。
品物の値札や梱包にしても、とにかく手をかけているなという印象。
漫然と並べているだけではいかんなあ、と、普段のぐだぐだぶりを反省しました。

品物についても、レベル高けぇぇぇぇぇぇ!! です。
これ既製品レベルですよやだもぉぉぉぉーーー。
多分、実際にショップで販売してらっしゃる方も混じってると思います…

せっかくなので可能な限り見て回ろうと思いまして、
まず遭遇したのが羊毛フェルトの人形(?)。
小ぶりな動物のはよく見ますが、大型の人型は初めて見みました…
141108-1.jpg
何かのキャラクターかどうかは不明。

141108-2.jpg
こちらはストリートファイターのザンギエフと、宇宙人ジョーンズ(これは胸像)だね。

こんな風にアニメティックな目が作れるのも驚きだったし、何より大きい!!
20~30センチの全身像です。これはすごい!!
なお、背景は後ろのブースの背面パネル。木地むき出しになるので、裏ブースの人は布をかけてもいいそうです。

次、ゆびぬき。
まさかの対面。
141108-4.jpg

141108-3.jpg

どれもさんぜんえん超。相場知らないけど、安くは…ないよね…

せっかくなのでお話を伺ったら、もう6年くらいやってらっしゃるそうで。
ブースには大西さんの本(前に出たハードカバー)のも置いてありました。
図柄はともかく、多色になるほど面倒なのだそうです。

自分で作ろうと思ってるものは、自負の都合で基本的に買わないことにしているのですが、
実物を見たのは初めてだったので、これひとつだけってことで購入。

手のひらサイズのフィギュアというか、球体関節というのか、その手の人形もありました。
個人でここまで作れるのか…すげぇぇぇぇ。


後編に続く。

edit↓ top↑

かがのゆびぬきその後のその後のその後の後。

二冊目のゆびぬき本が届きましたー。
141106.jpg
内容は本屋で見たからわかっているのですけどね!

作ってみたいなーと思うものはいくつかあるのだけど、
当たり前なのだけど、「複製販売は禁止」なわけですよ。
さすがにそっくりそのまま作る気はないけど…

モチーフものはともかく、古典柄は色が似通うこともあると思うので、そこはあまり神経質にならないでいこうと思います。

edit↓ top↑

修理する。

SPARKで預かったがま口を直します。

購入してすぐに一部剥がれてしまったものです。
他の部分は剥がれてないので、多分そこのボンドが薄かったのだろうなあ。

口金を交換するので、みしっと引き剥がします。
剥がれますよ、力入れて引っ張れば。
(一度くっつけたらむしっても剥がれないボンドがあったらぜひ教えてください)

修理するのは気を遣います。
渡す相手がわかっているし、前と同じものではいけない。直すわけだから。
なのでできればまあ、やりたいことではないです。

でもね、「使っている」から壊れるのだよね。
買ったまま放置してたら、状態は変わらないわけだし。
で、今後も「使っていきたい」から修理を頼まれるのだよね。
使わないなら廃棄すれば済むのだから。

ありがたいことです。

先のショルダーバッグも、今回のポーチも、どちらも使い込まれてるのがわかりました。
売る側は基本、そのあとを見ることがまずないので、使ってくださってるのを知ることができるのは大変嬉しいです。


修理しないようなものを作るのが一番いいんだけどね。

edit↓ top↑

布整理。

月曜日も着手しましたが、
二時間くらいで飽きてやめました。

なので微妙にぐちゃっとしていたのを、改めて整理。

またすぐに引っ張り出すんですけども。
いつどこで入手したのかまったく記憶にないものや、ダブり買いや、在庫を見直すという意味でも整理は大事です。

こんなんなりました。
141105.jpg

ある程度は柄で分けてましたが、大量の綿麻はともかく、薄手生地のが分けきれませんでした。
なのでもうざっくりと、表に使うか裏に使うかで柄問わずにしたら、これがいい具合にすっきり。
綿麻はチェック系、ストライプ系、パッチワーク系とそれ以外な感じです。
これも厳密にやり過ぎると分けきらないので、ざっくりで。

箱は27×40、高さ14センチ。引っ越しでもらった段ボール箱を模造紙でくるんで使ってます。
布の整理用に昨年購入した棚です。

ある程度の長さがあるものは、畳まずに巻きで別な箱に。
いまだ箱から出していない和柄ももそっとあります。

…うん、これ、今のペースで使っても一年は保つね!!(一年だけか!?)


元々人形服用に買い集めていたものもいまだに残っていたりして、
軽く10年ものになっていたりするので、その辺も積極的に使っていきたいです…
服用だから薄すぎて手に負えないのもあるけど…がっつり芯貼って裏地にするかな…

あ、バッグ用に集めたのはここ五年くらいのです!
比較的入れ替えてる…と思いますが、好みが変わって使いたくなくなったものもあるので…
その辺は大物で一気に消費する予定です。アタシが好みでないだけで、柄は悪くないので。

edit↓ top↑

かがのゆびぬきその後のその後のその後。

「すてきにハンドメイド」10月号を探しに本屋に行きました。

11月号はありますよ…
前の号はもう売れちゃったのかな…返品したのかな…
大きな本屋だと前の号も置いてあったりするのだけどなあ。

ハンクラ系の本が二箇所に分かれていて、せっかくだからずらーっと見てみましたら、

ゆびぬきの本がありました。
一冊は、先日購入した大西さんが、以前出した本。
少し安いのと、付け足しがあるようなので、新しい方を購入したわけです。
もう一冊は、別の方の本。
蝶やら花やらいろんなモチーフが出てくる柄がたくさん載っていて、しかも作り方の図解がわかりやすい!!
ぐは…これ、欲しい…


本屋二軒目。
ありましたよー10月号!!
めくったら、欲しいのはやはりゆびぬきのページだけなので、数枚。
あとは強いて言えば、和紙バッグと刺繍のが気になるくらいかな…

なのですが、
手順の写真が大きめで、これもこれでわかりやすい。
でもなー、さっきの本買うしなー。

むむむ。

買っちゃえー……

覚えたら売ればいいしさ!!

なお、記憶通り13分割の青海波でした。


というわけで、楽天はまだセール中なので、ゆびぬき本オーダー。
大西さんに師事した方、の本なのだそうです。
元々はキルト作家だそうで、なるほどなーと。
大西さんは古典柄、こちらはちょっと洋を取り入れてる雰囲気。
培ったものがこうやって影響してくるのだなあ、と思いました。

アタシが紙模型をちょいちょい作るのは、紙工作に抵抗がないというか、自分にとって当たり前に出来ることだからだと思います。
小学校低学年の時分に、家にあった赤い厚紙でランドセルを作った記憶があるくらいだし。
布をいじる前は紙工作をやってたのです。

まあね、なんだかんだ手を出しているうちに、うまいこと応用できてくることもあるのよね。


で、

絹糸も買いました。
メーカー問わずだし、何しろ在庫限りの半値のがあったので。
色は限られてたけど、ありすぎても迷うからいいや。
あとは届いたら、合わせたいのを買い足します。

さーて、ゆびぬきの材料は揃ったよーーー!!

edit↓ top↑

がしがし買いもの。

楽天がセ(以下略)。

トーカイにオックス無地はあったのですが、ピンポイントで茶色が無く…
しかもメーター千円超なので、手が出ません。

というわけで楽天のショップを探しました。

ちょこちょこ買いものするショップが最安値です。
ヴィンテージコラージュ柄も多く扱っているので、ついでに買っちゃいます。

しかしここで衝撃の事実。
ハマラボさんで出しているボックス口金、のサイズ違いが売られている…!!
しかも半値に近い……!!

ハマラボオリジナルだと思ってたけど、違うの??

金型を横流しされたっぽいとか、
口金をぱくられたとか、
たまーーーに、ブログに書かれているのですが、
もしや、この口金も??(サイズ違うけど)

オリジナルの口金については、著作権とか特許とか申請した方がいいのじゃないでしょうかね、と思いました。
なんにも防御してない個人って、企業にはかなわないと思うのですね。
開発費も相当だろうし、横から持ってかれたら悔しいよなあ…
もうやってるのかも知れないけど。

それはさておいて、買う側としては、同じようなものが安く手に入るなら助かりますよ。
というわけで、もそっと買いました。もそっと。

ついでに、ゆびぬき用の材料も買っちゃいました。
芯用の紙、綿、バイアステープ、和紙。実にゆびぬき20個分。
綿以外は自分でも用意できるけど、不必要に多くなってしまいそうなので、
ハイコストでも使い切るくらいの量、を試し買いです。
別に20個一気に作るわけじゃないからね。

ものつくり解禁したので、ちょっと頭のネジが吹っ飛んでおります。
そしてパネルに合わせる用の黒無地を買い忘れました。まあいいやじっくり取り組もう。

edit↓ top↑

イベント参加のお知らせ。

2014/12/30(火) 東京ビッグサイト
コミックマーケット87 東5ホール ハ35b
whitesnow closet
 です。

大物祭にしたいとか、
ショルダーバッグ祭にしたいとか、
ばね口祭にしたいとか、

いろんな妄想をしています。

予告したことに限って頓挫する傾向があるので、
確定したことからがしがし載せていきますー。

edit↓ top↑

このブログについて。その2

文化の日ですので(関係ない)
一年八ヶ月ぶり(半端)に履歴を記します。

書いている人 あまのしのぶ
書いていること ハンドクラフト全般
扱うもの 布・紙・天然石・レジン・ビーズ・粘土
作るもの 主にがま口 手のひらサイズの小さいのから、実用的な大きいものまで
      時々バッグ グラニーバッグとメッセンジャーバッグ限定
      ストラップやチャーム ビーズだったり石だったり粘土だったりレジンだったり
      
その後のハンクラ履歴。

2013年3月 雑貨系で初めて即売会に参加
2013年5月 樹脂粘土を買ってしまった
2013年6月 レンタルボックスを借りる(販売委託?)
(この間ボックスを移動したり増やしたり減らしたり悪戦苦闘)
2014年正月 minneに登録(しただけ)
2014年6月 マクラメ編みを経験してコードを買い込み、結び(編み?)まくる

こんな感じです。
はまりだすと一気に材料をそろえるタイプで、
どれもやめようとしないので、増える一方です。
すでに手が回らないので、作りきり終了にしたいこともなきにしもあらず…

でも何年か経つとまたやる気になってきたりするので、とてもたちが悪いです。

近頃の活動場所は、東京の即売会、ハンクラフリマの「つくるっこ」、レンタルボックス。
2013年は「てどらんご」にも出てましたが、転勤してしまったのでお休み中。

作るものの8割ががま口になっているので、「がま口作る人」で認識されつつあります。

edit↓ top↑

ものつくりびと解禁。

所用が片付いたので、張り切って買いものに行きまーーーす!!

金に糸目はつけませーーーん!!

……いや、つけろよ。

会員更新が必要なのでトーカイに行きました。
上記の理由で、思うさま買いものしよう!なのですが、セールでもないのに大枚はたくのはなんか勿体ないな…としみったれたことを思うわけです。
来るのが億劫(ちょと遠い)なので、ごそっと買い込むから、割引額も大きいし…

でも来るのが面倒なので、買います。

まず気になったのが、アリスモチーフのパネル生地。
大きなイラストが50センチ長の中に7点。うまいこと組み合わせて作ればいいのだろうけど、どう調理しよう?
ちょっとハードル高いと思いつつも、冒険心出して購入することにしました。
それと、折りたたみ?の鏡がま。
前から気になってはいたけど少しお高いので、手を出さずにいましたが…
解禁ではじけすぎて正気を失っていたので、買い占めました。
在庫二個だったけどね!! もっとあればもっと買ったね!!

製作見本、鏡がむき出しで危ないので、カルトンで縁をつけたりしてアレンジ予定です。
リバティでつくったらすてきかなーと思いましたが、そんな大きい生地はありませんので却下。
というよりそんな大きいリバティを使ったら、材料費が大変なことになるので却下。
リバティ風のが少し残っていたはずなので、それを使ってやりますかね。

会員更新したおかげでセール価格にはなりました。やった!!


今日から遠慮も気兼ねもなく作れる!! と思ったら、にやにやが止まらない…
どんだけ我慢してたんだろう自分。ものつくり依存度が高くなってて我ながら痛いです。

edit↓ top↑

大きなバッグを作る。予定。

セール中に購入した生地が続々届きまして。

こちらはデコレクションズというお店の北欧柄。
こみひなたさんのキットにもここのお店の生地が使われてます。
前日作った大型バッグのサークル柄もこのお店。(でも今販売してないの…(泣))
141101.jpg
きもち厚みのあるコットン。写真で見るよりベースは生成が強いです。

たまたま遭遇して妙に気になったので、思いきってまとめ買いしてみましたが…
ちょっと思った以上にかわいいのですがこれ。
柄が小さいので、いろいろ使い回せるのもあるけど、このカラフルな感じがどうにもかっわいいいいいい!


というわけで、手持ちの一番大きな口金(幅30センチ)で、お仕事にも使えるような大きめバッグを仕立ててみようかなと!!
A4横…はぎりぎり入らないか…今時の書類ってだいたいA4だしなー…
ま、いっか!!

カラフルなだけにやかましいので、茶無地のオックスで切り替えて、少し落ち着かせようと思います!!
オックス万歳!! ……今度こそ無地買おう!!

所用があまりにも億劫で、ひたすら現実逃避しているのですねアタシね。
早くあしたになーれー終われーーー。

edit↓ top↑