FC2ブログ

プロフィール

あまの

Author:あまの
白雪納戸(シラユキナンド)という
屋号でハンクラ活動しています。
英語表記 whitesnow closet
(ほわいとすのーくろーぜっと) です。


自己流ミラクル技が多いので、レシピは載せていません。

記事は基本的に長めです。
改行も少なめで密度が高いです。

↓作品販売しています↓
* ハンドメイドマーケット minnne *

* Twitter @whitesnow_c *
↑新作など最新の情報を載せています↑
みんね経由でない販売を行うこともあります。

ブログ内検索

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
  • --
  • --/--
  • --

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

edit↓ top↑

ベンリー口金に挑む。2

袋縫いできました。

前回作った二口金バッグと同じ組み合わせです。
140830-1.jpg
マチは派手に10センチ。

組み合わせるとこんな感じ。
140830-2.jpg
確たるレシピもないまま、こんな感じかしらで作るとこうなります。

表裏接ぎ合わせてひっくり返したらえっらいしわがついたので、
アイロンでぴしっと仕上げたかったわけですが。

小さくてアイロンが入りません。
仕上げ用の万十も行方不明です。
ミニアイロンも持っているはずなのに、どこに行ったんだ…

まだまだ発掘するものは多いなあ…

というわけであえなく中断。

てかいい機会だから万十買い足すか…
スポンサーサイト

edit↓ top↑

ベンリー口金に挑む。

口金が届いたので早速型紙を作ります。
140829-1.jpg
10センチ幅です。
比較対象にシャーペン置いてみたけど、
シャーペンの長さがわからないのでなんの比較にもなっていない罠。

こんな感じ。
140829-2.jpg
ギャザーがきれいに寄るのは、元の寸法の1.5倍以上から。
というわけで15センチ幅の本体。
これに別マチをつけるという超シンプル設計。
いいんだ、試作品だから。

edit↓ top↑

ベンリー口金を使う。

いよいよベンリー口金に挑もうと思います!!

30センチ幅の大型であります!
140824.jpg
サイズ比較にA4紙敷いてみました。

目標は、夏コミでお隣だったサークルみたいなふた付きバッグです!
(ギャザーを寄せる形だとどうしても隙間が空いてしまうから、ギャザー無しでふた付きにしました、とのこと)

……しかしだな。
棒をさしこむ部分とゲンコの位置がせまいから、ふたをめくる隙間がないのです。
となるとギャザー寄せたベーシックな形になるのか…

巾着を作る要領で、と世のレシピにはあるわけですが、
アタシ、巾着作るの下手なんですよ…
仕組みもだいたいわかってるんだけどさ…

世の完成写真をつらつらと見つつ、

最初に大物を作るのは危険だ

と判断しました。
当たり前というなかれ、がま口なんぞはある程度大きい方が楽なのですよ!!

手のひらサイズのを試しに作ってみてからにしよう…と小さい口金を探してみたのですが、

ベンリー口金って高いのですね…

がま口金もだけど、ある程度のサイズの方が安いくらい。
と言うかある程度のサイズのも充分高いんだけどさ!!

試作品なのに高いのは困るなとみみっちく探していたら、
10センチのでほどよい値段のがあったので、ちょっとまとめてオーダーしてみました。

……いやホラ、うまく作れるようなら何個か作りたいなーって、
練習するにもある程度数必要なわけで!

edit↓ top↑

小型ツボ型がまを作る。

しばらくものつくりできてなかったので、休養なんかいらん!と思ってましたが、
部屋を片付けたりぼやーっとしたりで早一週間。
10月のイベントに向けてそろそろ復帰せねば。

というわけで、すでに二度使い損ねている10センチ口金を使い切ろうと思います。
140823-1.jpg
なぜかひとつだけカンがついている…
同じ形の柄違いをずらっと作るのも夢なのですよ。

型紙できました。
140823-2.jpg
小さいがまであえてマチ付き、というのをやってみたいわけです。

が。

そのための端切れがないのです。

大きい生地から切り出すと、あとあと大物が作れなくなったりするので、
大物を作ったあとの残りから切り出したいのです。

というわけであえなく中断。

edit↓ top↑

夏コミでした。

お立ち寄りいただいた方々、ありがとうございました!


初の雑貨参加です。
1スペースだけなので。ものも絞って持っていきました。
ていうか…東京が遠い…出発時間が3時間くらい早い…
即高速、じゃなくて、日本海側をぐるっと回っていくので、その分かかる時間が長いのです…
つく時間も遅いし。うああ。
そして名刺を忘れてきたことに朝気がつきました…どうにもならん…

で、1スペースって、狭い。
設営するにしても、ちょっと置きする余裕がない。
両隣がもう来ていたのでなおさら。しかもスペース前が行列作る大通路で、人の壁が背後にある中での作業。
すでに汗だくです。

こればかりは運だけど、大通路に面するといろいろメンタル持って行かれます。

お隣さんの搬入箱がバカでっかくてまたびっくり。大人ひとりが余裕で入れてまだ隙間!って大きさ。
むしろそんな箱があることにびっくりです。どこから調達したのだろう…

でもこの方、割と大物をたくさんたくさん作ってらして、あーこれは大きい箱になるよね!って思いました。
三種類くらいのバッグをいろんな生地で作ってらっしゃる。
効率的な作り方です。選ぶ方も楽しい。

ベンリー口金のバッグだったのと、多分仕入れ先同じだなーってのとでこそこそチラ見していたのですが、
お話しすることができて、図々しく観察させていただけました。
ビニールコーティング生地のしっかりしたバッグです。
口金の仕入れ先はやはり同じなようで、そこで紹介している型紙を何度か作り直してやっとたどり着いた形なのだとか。
こんな風に同じものをいくつも並べたいなあ…

逆隣の方は、
イマイチやる気のない売り子と、売る気のない針子の組み合わせ。
学生なのかな、接客ができてなくて、せっかくいらしたお客さんが気の毒だなあと思ったくらいです。
針子は針子で、「売れて欲しくないのにー」なことをちょいちょい言ってらっしゃる。
チラ見した限りではしっかりしたものなので、売りたくないなら持ってこなきゃいいのにと思いました。
それ以前に「マーケット」に参加しなきゃいいのに。
謙遜なんですかね。


それともう一つ、以前ショルダーバッグをお買い上げくださった方が見えて、
肩紐の金具が外れてしまったと言うことでした。
見たらどうも金属が削れて抜けてしまったみたい。
預かって作り直すことにしましたが、金具がダメになるのは想定外だったので、
ここまで責任を持たねばならんのか?と思ったのもまた事実。

…いや、持たねばならんのですよ、きっと。
材料費を抑えたくて安価なパーツを購入してるんですが、
ヘビーユースに耐えうるくらいの頑丈なもの、のほうがあとあとのリスクが少ない。
少なくとも、重いものを入れられそうな大物に関しては、
多少のコストアップになっても、その方がいいのだと思います。
……ええ、びっくりするほど重かったですよ、バッグ…愛用してくださってありがとう…


相変わらず周りを見る余裕はありませんでしたが、
良くも悪くもいろいろと考えさせられた一日でした。

edit↓ top↑

【新作】 長財布できました。

マチ無しの薄型長財布です。
140817-1.jpeg
幅21・5、高さ約10(ゲンコ含まず)、厚み約1センチ。口金はアンティークゴールド。
一センチくらいの厚みのもの(ペンとか)も入る模様です。外生地にはビニールコーティングを施しました。

開いたところ。
140817-2.jpeg
左右合わせてカードポケット8、フリーポケット2。小銭入れは大きく1ポケット。
カードポケットの後ろがフリーポケットです。チケットやレシートはこちらにどうぞ。

カードとお札を入れてみました。
140817-3.jpeg

左側にカンがあるので、根付けなどつけても良いです。

edit↓ top↑

長財布を作る。2

小銭ポケットと蛇腹を合体させました。
140816-1.jpg
縫いやすい設計にしたのでそこは楽だったけど、糸始末が手作業になるので、面倒な部分です。

内側の土台と合体。だいぶ財布らしくなってきました。
140816-2.jpg

表生地。レトロ柄のオックスにラミネート加工しました(左)。
140816-3.jpg


ビニールコーティングなので縫いは避けて、四方をボンドで接着。
140816-4.jpg
レシピを見直したら、蛇腹を合体させるのはこのあとだった模様…
いいんだ、きれいにできたし。

口金をつけるとこんな感じです。
140816-5.jpg

あーもう出発の準備せねばです。出発時間早すぎるよ…(泣)

財布なので、汚れ防止のためにビニールコーティング生地がいいかなと思うのですが…
ビニコ生地だと柄が限られるし、扱いにくいので、ラミネート素材+好きな生地で作るのが一番いい。
問題はラミネート素材が高いこと。しかもカット売りしかないから、余った部分がかなりのロスです。
2年前くらいに量り売りもあったんだけどなあ…

edit↓ top↑

長財布を作る。

手持ち品ラスト、長財布の製作であります。
夏コミまであと二日なので、もう大急ぎですよっ。

中は茶無地と茶系ドット。
140815.jpg
全面茶無地の予定でしたが、ちょっとかわいげを出してみました。
ポケットは左右にカード4、フリー1。サンプルのカード(紙)がやたら反射している謎。

前回作ったのがもう一年以上前なのですが、そのときのあれこれを思い出しながら作ってます。
いろいろ縫いやすくしようと思って、設計するのに時間かかってしまいました。

にもかかわらず縫う過程ですでに変更してるしね…

edit↓ top↑

【新作】 小銭入れできました。

和柄の小銭入れです。
140813-3.jpg
最大幅13、高さ8(ゲンコ含まず)、マチなし、口金はアンティークゴールド。
カラシ、えんじ、草緑、紺、紫の五色一個ずつです。

内側は黒無地で共通。タグは中につけました。
140813-4.jpg
大きく開くので、ちょっとした小物入れにも使えます。洗濯バサミなら八個入ります。
百円と五百円硬貨を十枚ずつ入れてもまだ余裕。お札は三つ折りなら入ります。カードは入りません。


生地で柄と無地部分があったので、そこを使いたくて無理な作りになってしまいました。反省。
マチ無しはまだ難しいので、要練習です。


【追記】 五点とも完売しました。ありがとうございました。

edit↓ top↑

作りかけがま口を作る。

五月のイベ用(確か)に作って間に合わなくて放置していた小銭入れを仕上げることにしました。

マチ無しの小型って難しいのよね…

生地の使える部分が限られていたので、縫い代もかなりギリギリだし。

なんとかはめ込んでみたのがこちら。
140812.jpg
なんの変哲もないペーシックな形です。
しかし寸法がギリギリすぎて、口金に対してかなりぱっつぱつなのです。
急いで型紙作ったからだなあ…

全部で五色あったのだけど、他の色でついに寸足らずになってしまいました。
どうすんのこれ…

やむなく廃棄するかどうか悩みましたが、似たサイズで
ちょっと小さい口金があったので、そちらに付け替えることに。

どうでしょう。
140813-1.jpg
口金の幅も高さもわずかに小さくなったので、袋に余裕ができてまるっとしています。
並べて比べればわかるレベルだけど。

そんなわけで、寸足らずになっていた色も無事口金をつけることができました。
急いで作るの良くない。ほんと良くない。

小銭入れにしては少し大きめです。
140813-2.jpg

edit↓ top↑

【新作】 二口金ミニバッグできました。

140811-4.jpeg
幅18、口金幅15、高さ13(ゲンコ含まず)、マチ10センチ、口金はアンティークゴールド。

真ん中が仕切りで、左右どちらかからも開く形。
140811-5.jpeg
内外ともにアリスモチーフの生地です。
内側には小さなポケットつき。小さいのに手が込んでます。

閉じて横から見るとこんな形。
140811-6.jpeg
二つ折りの財布ならはいります。
必要最小限のものだけもっていくときに便利。
持ち手は外せるので、仕分けできるポーチとしても使えます。

もう少し幅の広い口金だったらもっと遊べそうな気も。
次作るときはあえてマチを狭めてみようかな。


【追記】 二点とも完売しました。ありがとうございました。

edit↓ top↑

二口金バッグを作る。

二口金と言う口金で、ミニバッグを作ってみます。
真ん中に仕切りがあって、両側をぱかぱか開けるのです。
使い勝手が謎なので手を出さないでいたのだけど、試しに二個だけ作ることに。

レシピはないけど、アレだ、親子口金の要領ですね。
真ん中ががまになるか仕切りになるかの違い。むしろこっちのほうが楽なくらい、のはず。

珍しく接ぎ合わせてみました。
140811-1.jpg
底の方を剥ぐ横切り替えのほうが楽なのだけど…
無難すぎてつまらん!と思ったので、縦に切り替えました。
アリスモチーフの生地で揃えるので、珍しくレースなんて挟んでます。
キットレシピの寸法がイマイチぽかった(完成品から推測する限り)ので、マチを厚めにして容量アップ(またか)。

袋合体。
140811-2.jpg
仕切り布、ちょっと高いかな?
数字上はぴったりなはずですが、立体にすると傾きやらで誤差が出てくるのです。

そのまま口金つけましたけど。
140811-3.jpg
ちょっと手間取りましたが、一箇所増えるだけなので大して手間でもなく。
親子口金の方がやはり難しいです。

メガネはサイズ比較です。

ラブリーな感じするけど、どうだろう…

edit↓ top↑

【新作】 コスメポーチできました。

140810-1.jpeg
全4色。幅14・5、高さ9・5(ゲンコ含まず) マチ11センチ 口金は銀。

口金の販売元でコスメポーチ用と銘打っていたので、
何となくそんな感じで作ってしまいましたが、実際には何を入れてもいいです。

140810-2.jpeg
内側はグレーチェックで共通。
閉じるとまくっと三角形になります。
底が水平にならないのが難と言えば難かな…

コスメっぽいもの入れてみました。
140810-3.jpeg
トライアルキットとファンデーションケースとハンドクリームとフェイスパウダーのケース(直径7センチ)。
これでももう少し余裕あります。

ぱかっと四角く開いて箱形になるので、机上での小物入れでもいいと思います。お菓子とかね。

edit↓ top↑

コスメポーチを作る。

形も作りもシンプルなポーチを作ります。
なにぶん一ヶ月作ってないので、ちとリハビリです。

袋合体させました。
140809-1.jpg
色違いで4個。数年前に購入した生地をやっと使えました。

140809-2.jpg
口金14センチ。マチが広いので袋自体は大きいです。

140809-3.jpg
ほれぼれするほど口金にびったりサイズ。
いつもこうなら口金付けに苦労しないのだよ明智くん。

140809-4.jpg
形が崩れないよう、逆さまにして乾燥。

閉じるとこんな感じです。
140809-5.jpg

シンプルなので早いです。
といっても朝から晩までやってます。

edit↓ top↑

転居十日後その後。

そろそろ製作に入りたいので、布の発掘に挑みました。
未開封の状態で7箱あります。ミカン箱くらいのが。

これをだいたいの柄ごとに、布箱に仕分けて棚に収めていくのだけど…

がっつりまとめ買いしたのとかは別な箱に寄せていたし、
まとめきれなくて積み上げていたものもあるし、
転居期間にはっちゃけて買い込んだものもあるし、

つまり収まらない(納まらないでもある)ということです。

なので、使用頻度の低い和柄はほとんど出さずにおいてます…

うーん、しばらく買わなくてもいいくらいだなあ…

……というのはいつもいつもいつも思っているんだけどなあ…

一枚消費したら三枚買ってくるからそりゃ減りませんよ、うう。

edit↓ top↑

搬入しました。

17日の夏コミに向けて荷物を送りましたよー。
机半分のスペースなので、持ち込みすぎても置けないので、箱ひとつです。
ゆうパックでこんなに大きな箱を送るの初めてですよっ。

意外と安く済んだなと思いましたが、一箱ですからね…
そりゃいつもの半額だよ、みたいな。

小物くらいならまだ置けると思うので、これから新作作りを始めます。

edit↓ top↑

転居十日後。

なにぶん、ちゃんと片付ける気もない状態でして、
必要なものから発掘しているという今日この頃です。
一部屋が物置になったままでも、アタシ本人は困りませんので!
むしろそのために一部屋余分にしてあるというこの贅沢ぶり。

……いや、ものがありすぎて自分でもうんざりはしているのです…
元々片付けられない性分で、見つからないからダブり買い、とかも多いはず。
数年おきに転居しているので、その都度それなりに取捨選択はしているのだけど、
その後の数年でまた増えたりするのです。

というか、一年前の転居時から開けていない箱も結構あるしね…

そんな感じのが一朝一夕にできるわけもないので、
じっくりと一年くらいかけて整理していこうと。
なので積み上がった段ボール箱は放置しているのです。


それはともかく、
ひとまず必要な手芸道具を発掘しまくりました。

ミカン箱五個。

三段のカラーボックスにして4つ分の量です。

多いわあ…

もっともこの中には、金属パーツや天然石、その他資材も入っているのだけど…

口金もサイズごとにまた仕分け直しました。
大きいサイズのがまた、かさばるわあああああ!!!
サイズで分けるので、だいたい均等になるように区切るのだけど…
20センチ以上の口金が一番多くて、一番かさばっております……!!
いや、本数的には一番でないかもしれないけど、、とにかくかさばっておる……!!

……はあ、あれもこれもやりたいから増える一方なのね…

このほかに布がミカン箱7個分あるんだけどね…

edit↓ top↑

久々トーカイ。

思い立ってトーカイに行ってみました。

……遠いんだ。

市内に二店舗あるけど(逆方向で)、会社から4キロと5.5キロ離れてるんだ。
これを自転車でガンガン攻めに行くわけですよ。

何がいやかって、街の中心部に線路が三角形に走っているので、
どこに行くにも高架橋を越えていくこと。
潜るんじゃないんだ、全部橋なんだ…線路も何本も並んでるからそれはそれはかなり長い橋なんだ…
めんどくせぇぇぇぇぇぇぇぇ(呪詛)。


さておいて、とりあえず4キロ先のトーカイに行ってみました。
モールのテナントで面積はそこそこ。品揃えもまあまあ…かな。
布はあまり置いてない感じだけど…

巻きが少なくなっていたのと、ラスト一枚のと、薄手のを6種類くらい買い占めてきました。うひっ。
好評なクリーム地の鹿柄の、紫色があったのでこれもちょっと買ってきた。

がま口コーナーが割と頑張ってて、24センチくし形のバッグのデザインがかわいいなーと。
外側に大きなポケットをつけて、ポケットに持ち手をつけるというのは
がま口バッグの本に載っていて、大きいのならこれが良いなと思ったデザイン。
24センチだとそんなに大きくもないけど。てか大玉ショルダーバッグのサイズだけど。

20センチくし形でもそこそこのバッグにはなるのよね…
ちょっと作ってみたくなりましたが、トーカイは口金は大変高いので買いません。

面白いなーと思ったのは、アイロンビーズというもの。
短いパイプみたいなビーズで、並べて上からアイロンで押さえると、溶けてくっつくらしいです。
平面のモチーフでいろいろ遊べそうな。
ビーズ自体が大きいので、小学生くらいの対象年齢かと思いますが。

なおセリアでもビーズ売ってました…色アソートだったけど…

買いものするってことは、気力がちょっと戻ってきたのかなーと思います。良いことだー。
 

edit↓ top↑

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。