プロフィール

あまの

Author:あまの
白雪納戸(しらゆきなんど) こと
ほわいとすのーくろーぜっと です。

天野忍の行ったり来たりハンドクラフト制作記録。
お裁縫、ビーズ、レジン、など。

自己流ミラクル技が多いので、レシピは載せていません。

記事は基本的に長めです。
改行も少なめで密度が高いです。

↓作品販売しています↓
* ハンドメイドマーケット minnne *
* Creema *
* tetote *

* Twitter @whitesnow_c *
↑最新情報はこちら↑

新作をご覧になりたいときは、
ブログ内検索で「新作」を検索してください。

ブログ内検索

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
  • --
  • --/--
  • --

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

edit↓ top↑

【新作】 大玉ショルダーバッグできました。

幅32、口金幅29、高さ22・5、ゲンコ含み24、マチ10センチ。
口金他金具はアンティークゴールド。

全五色です。
140531-3.jpg
140531-4.jpg
外側にふた付きポケットひとつ。

作り手一番のお気に入りはピンク。めっちゃかわいい。
合わせやすいのはブルー系とベージュ系。パープル×ブラウンもなかなかシック。
グリーン系、一見派手目ですが、いい感じにアクセントになる色ういでこれも結構お気に入りです。

内側。クリーム地に全面小花柄。大きなポケットつき。
140531-5.jpg

500mlペットボトルが縦に入る大きさです。
口が大きく開くので入れやすいです。容量も多め。
空の状態でひもを持つと、大玉の重みで逆立ちしてしまうのがちょっと難点です。

持ち手はちょい持ち用の小型なものなので、重いものが入っているときはショルダータイプで使う方が良いです。

女子の長財布だって入ります。参ったか。


【追記】  五点とも完売しました。ありがとうございました。

スポンサーサイト

edit↓ top↑

【新作】 横長セミショルダーバッグできました。

幅32、口金幅24、高さ18(ゲンコ含まず)、マチ9センチ、口金はAG。
140531-11.jpg

内側はピンクで共通。両側にポケットついてます。外側にもついてます。
140531-12.jpg

ロゴに使ったインクもチョコレートという色です。
もうチョコづくしのスイート感爆発な一品です。
アタシもチョコ大好きです。

一目惚れして購入したオックス生地。
案の定めっちゃかわいいです!!


【追記】二点とも完売しました。ありがとうございました。

edit↓ top↑

【新作】 和柄ミニバッグできました。

幅約25、高さ約14(ゲンコ含まず)、マチ約10。口金は黒。
桜祭り第二弾です。6個限定。
前面と背面で柄が違います。

黒系。マチは茶無地。
140531-6.jpg

赤系。マチは灰無地。
140531-7.jpg

青緑系。マチは紺無地。
140531-8.jpg

内側。ポケットひとつつき。
140531-9.jpg

500mlのペットボトルも入る大きさです。
ぶっといマチで自立します。カン付きなので、自分の好きな持ち手でアレンジしてもいいと思います。

140531-10.jpg
横から見たところ。やや三角マチ。

女子の長財布は入らないと思います。


【追記】 六点とも完売しました。ありがとうございました。

edit↓ top↑

【新作】 レトロシルエットバッグできました。

幅36、口金幅24、高さ20(ゲンコ含まず)、マチ10センチ。口金は銀。
140531-1.jpg
マチは茶無地。

内側はクリーム地の薔薇柄。大きなポケットつき。
140531-2.jpg

前回より手をかけて仕立てました。
次はさすがに型紙を見直すので、この形はこれがラストかな。
とはいえシルエットは気に入っているので、なるべく似た感じで調整します。


【追記】 二点とも完売しました。ありがとうございました。

edit↓ top↑

レトロシルエットバッグを作る。第二回そのに

もうね…モチベーションが切れかかってるんですよ…
前日だというのに作業が山盛りに残ってるんですよ…
……いや、間に合えばいいんだ間に合えば。

型紙を直すつもりでいましたが、結局そのまま作ったレトロシルエットバッグ。
口金つける前です。
140531-0.jpg
芯を替えてみたり縫いをいじったりしてみましたが、やっぱり作りにくい形ですこれ。

このほかにショルダーひもを11本作ってたり。
犬印カバンの肩紐を参考に、糸と針を変えて縫ってみたら、まあまあスムーズに行きました。
それにしてもアクリルテープの三枚重ねは難関だなあ…針が通りません…

edit↓ top↑

レトロシルエットバッグを作る。第二回

残念なことにもうあまり残日数がないので、
レトロバッグは二個だけにします!!

先に作った内袋。
140529.jpg
綿カスいりの肌色系を使うつもりだったのだけど、
色合いの爽やかなクリーム地になりました。外袋が寒色だし!
うん、色違いだから柄は同じだしね。

多めに購入した青と緑。マチは相変わらずの茶無地。
140529-1.jpg
明るめに写ってますが、くすんだ感じのラムネグリーン(イメージ)な緑と、くすんだ感じの緑がかった青です。
赤、オレンジ、黄色、黒と別に買ってあります。
前に作った茶、紺、紫と合わせて、全色作って並べたらクレヨンみたいでかわいいよなあ…(妄想)

で、今回の青も緑も、そんなに爽やかじゃなかったというオチ。
まあ夏向きのカラーではあるよね。

二個だけなら気持ち的にも楽なので、頑張りましょーーーう。


だってもうアタシ、テンションが落ちてるんですよ……さすがに走り疲れたよパトラッシュ…

edit↓ top↑

大玉ショルダーバッグを作る。第二回

アンティークコラージュという柄を五色。
140517-3.jpg
生地は数ヶ月前に購入したのですが、作るなら五色一気に作りたくて、
なかなか着手出来ず延び延びになっておりました。

真ん中の青系と右端の紫系は、一年ほど前にも一度使いました。
オトモダチに好評だった生地で、機会があれば買い足したいなと思ってまして。
お店に二色しかなかったのだけど、楽天で見つけてそりゃもう即買いですよ。

で、口金をつける前。
持ち手の色もちょこちょこ変えてみました。
140527-1.jpg
140527-2.jpg
ポケットのサイズと付け位置を見直しました。ぱっと見は大差なし。
フタのサイズもちょっとだけ変更。これも並べて比べたらわかるレベル。
前回手間かかったところをちょこちょこ修正して、よりスムーズに仕立てられるようにしました。
まあ外ポケットやら持ち手やら、だいぶ手間がかかる部類ではあるけど。

手間がかかるんだけど、自分の中ではかなりうまくできた一品なので、
定番にしたいなーと思ってます。
生地もだいぶ消費出来るしね!!(そこか!)

edit↓ top↑

芯探し再び。

4メートルも買い足してきたもんねうふふふふ!!

と、作業を続行しましたら、

なんか…厚いよ、これ。
いつも使ってる厚みじゃないよ??

財布の中のレシートを見直してみたら、

違ってました。

一段階厚いタイプでした。
同じ場所にあったからって何も考えずに買ってきたよ……4メートル!!

となると、巻きでオーダーしてきたのも厚いタイプじゃないか……!!

これはマズい、と急いでトーカイに行って、オーダーの変更をしていただきました。
ついでに芯を買い直そうとしたのだけど、在庫がないんですって……!!
そりゃそうだよね、買い占めたもんね、アタシが!!

こうなったら他のトーカイに行くほかない……!!

と、ざっくり25分かけて他の店舗で無事に買えました。3.5メートル。
店員さんがテンパりすぎて大変なことになったけど。
買い占めるからそのまま巻きで欲しいって言ったらむき出しで渡してきたし。
ついでにお買い得になっていた綿麻を二種購入。童話っぽいメルヘンぽい柄と、青ベースに船や地図の描いてある旅っぽい柄。
使うのはいつになるかな……


予想以上に時間を費やしてしまった上、帰宅直後、激しい頭痛に襲われて気を失いました…
目が覚めたら夜中だった…うん、今夜は寝よう…

edit↓ top↑

芯探し。

内袋群もいい感じにできあがってきたので、そろそろ外袋に着手しようかと。
生地の粗裁ちと芯裁ちをしてまして、あーやっぱり足りないなと。
2.7メートルじゃ全然足りませんよー今回大物多いんですよー。

そんなこともあろうかと、買い足してきたんですよー4メートル。
ついでに巻きで取り寄せもお願いしてきたんですよっ!!

ちびちび買いに来るの面倒だなあ一巻買えないかなあ、と、ダメ元で訊ねてみましたら、
取り寄せでまるっと買えるそうなんです。10メートル。
だったら買うでしょうよ。

セール中なのでセール価格で買えるそうです。やっほう!!


トーカイでメンズ店員さんを初めて見ました。
4メートルなのに2メートルってレジ打ってたけど…ちゃんと指摘してきたけど…

edit↓ top↑

横長セミショルダーを作る第四回。

袋合体。
140522-4.jpg
内側もピンクで、隅から隅まで甘ったるくしてやりましてございます。
かわいいですこれ。おそろいのポーチ作りたいなー。

購入した分で二個作れないか頑張ってみましたが、ギリギリ(あと8センチあれば…)足りませんでした。
肩紐はいつも金具でつけてますが、本体をぐるっと囲む形にしてみても面白いかなと。
(帆布のトートバッグによくあるデザイン的な)
金具使わなくていいので、気分的に少し楽かもしれません。
まあ、ひもを作る長さが伸びるのと、ひもを作ること自体はなくならないわけですが…
次回はそのデザインでやってみたいです。

edit↓ top↑

和柄ミニバッグを作る。そのに

袋合体させました。
140522-1.jpg
140522-2.jpg
残り生地から二組とれたので、赤、青緑、黒、それぞれ二個ずつです。
柄もなるべくかぶらないようにしましたが、
もともと鹿の子柄が二列入っているので、そこはあえて同じバッグにまとめました。
赤のひとつだけ8柄、あとは7柄出てます。

無地マチをつけて、これまたぼってりした形に。
女の長財布は入らないかもしれませんが、知るか。

口金をつけたところ。
140522-3.jpg
和柄にはやはり黒口金がよく似合う…!

作り手的にはこの黒系がお気に入りなのですが、
がまポーチの黒系、全部残っているという悲しさ。
逆に、さほどお気に入りでもない青緑系ポーチは完売しました。
アタシの好みがいかに一般的でないのかという、わかりやすい例だと思います……ぐすん。

猫柄で似たようなのを作ったときは、本体にダーツを入れてふくっとさせましたが、
今回はダーツ無しでスマートに。
…のはずが、なんだかうまいこと膨らんでいます。
作ってみてわかることもあるのさ。

edit↓ top↑

ボビンセーバーというもの。

先日購入したボビン収納を使ってみることにしました。

ボビンセーバーという商品です。メイドインゆーえすえー。
140517-1.jpg

ボビンタワーやケースを売ってるお店は数あれど、この品物は一店舗だけだと思われる。

パッケージ裏面。メイドインユー!エス!エー!!
140517-2.jpg
「おてがるです
・プラボビンも金属もオッケー!
・小さいのも大きいのもオッケー!
・(三行目目謎)
・20個以上入ります!」
てなことを書いてあるようです。

三行目を訳したら、
「ボビンの糸が絡まったりもつれたりしません」
な感じみたいです。

これに紙ひもを通して、その辺にぶら下げておこうと思います。

edit↓ top↑

オーダーについて。

たまに、「オーダーメイドはできるか」というお尋ねをいただくことがあります。

「基本的にできません」がその答えです。

ご要望通りのものを仕上げるのが大変難しいからです。

要望を細かく伺って、生地と他の材料を用意して、となると、相当な労力が要ります。
一度や二度のやりとりでできるものではないと思うのです。
そういうことをしていると、他のものを作る時間もなくなります。
(アタシは日中、フルタイムでお仕事してますので…)

なので、できません、なのです。
腕を見込んでくださってのことだと思うので、ありがたいのですけど、お断りせざるを得ないのです。

でもですね、「製作代行」程度ならできるかもしれません。
こちらですでに公開した作品と同じ形で、かつ、布は持ち込みで。
一度作ったものなら基本的に増産出来るので、材料さえあれば可能です。

期間は2~4週くらい、時期は春以外あたりかな…。
イベントが立て込んでくればそちらを優先しますので、
あとお仕事の繁閑でも違ってきますので、気長に待てる方向け。
条件は多くなりますが、選択肢はありということで。

「(別作品の)この生地で作って~」と気軽に仰るかたがいらっしゃいますが、
使い切っていることもあるわけですよ、生地。
手に入らないこともあるわけですよ。
なので布は持ち込みでお願いしたいです。
作る部分だけアタシがやります、って感じに捉えていただければわかりやすいですかね。


なんてことをふらふら考えました。

edit↓ top↑

和柄ミニバッグを作る。そのいち

テンションが上がってきた…というか、あげないとそろそろマズい日数です。
材料が揃ってないものもあるので、できるところからぐいぐい縫っていく戦法です。
とりあえず裏地からどんどこ縫っていく。

和柄生地のミニバッグに着手。
140516.jpg
ウエダで購入した、さらっとした手触りの和柄っぽい生地。
表がさくらじゃぱんの生地なので、ちょっと桜つながりで。
ポケットひとつつけました。

edit↓ top↑

だらだらパンドラ。

早く帰れたのでイオンの手芸店いにいきました。
ここで買いものすることはほとんどないのだけど、それだけに掘り出し物があるのではないかと。
いつもはワゴンセールくらいなので、見るのは。

このお店で生地探しをこんなに真剣にやったのは初めてです。
有輪生地もあるんだね…

巻きの生地が置いてあるのがお店の隅っこなので、
図らずもすみでがさごそ不審人物になっておりました。

この小花柄いいなあ。
こっちの違う色のもいいなあ。
雰囲気似てるから一方だけにしようかな…

(一旦食事)

うん、気になったら両方買えばいいよねっ!

とダメな結論を出して、似た感じの小花柄をごそっと。

似た感じどころか、ただの色違いだったとあとで気がつきました。
方やアイボリーに近いクリーム地、かたや綿カスいりの肌色系で、違うものに見えたんだよ…

でもまあ、遠出した甲斐あってなかなかいい感じのが入手出来たと思います。


帰宅したら先日購入した綿麻無地が手届きました。
表面がさらっとしててなかなかいい感じ!!
一応違うページの生地を選んだのだけど、見た目に差が無いので混ぜて使えそうです。
それぞれのチョコレートブラウンも購入して、どっちがどっちの生地なのかまるでわからなくなったのはご愛敬。
(ちょっとだけ色の差がある)

メール便で2メートル買えるし、手頃価格だし、次から茶無地はここで買おう。


材料が揃ってくるとテンションが上がってきますな!!

edit↓ top↑

ウエダ祭。

和柄の裏地と、アンティークコラージュの裏地を探しにウエダに。
コラージュの裏側は茶色のチェックがいい!と思ったんだけど、
チェックはチェックでなかなかこれぞというのがないのです。
5ミリくらいのギンガムならどこにでも売ってるんだけど…
1センチくらいのブロックチェックが欲しいっていう、なんだこの選択肢の狭さ。

ココランドの猫柄がいろいろ、いろいろいろいろあってもうはすはすして買い占めたかったのですが、
猫柄なのでぐっと堪えました…
猫柄なので…
かわいいんだけど……

もうひとつ萌え滾ったのがこれ。
140514.jpg
いろんなお菓子のリアルプリントされたオックス。
ピンク、ターコイズ、ブラウンもありましたが、白黒だけでぐっと我慢してきました。
これで横長セミショルダー作ったらかわいいと思うんですよ!!

はあもうウエダの品揃えたまらなさすぎる…
アタシを破産させる気ですかと思いました。給料日前だったし。

edit↓ top↑

だらだらトーカイ。

そろそろトーカイでセールやらんかなあ、と考えていたら、DMが届きました!!
これは行くでしょう!! 和柄の裏生地も欲しいし、芯も欲しい!!



あんまりこれぞって布がなかった…

レトロな看板柄の柄違いっぽいのがあったので、三柄追加。
愛用の芯も買い占めました。2.7メートル。

2.7メートルなんてあっという間に使い切ると思います。大物作るし…
まだ時間あるし、また買い足しにこよう。

edit↓ top↑

レトロバッグ増産。

和柄のミニバッグを作ろうと思ってしまったので、必要な道具を調達。
使い切るだけをびっちり買います。

その過程で、レトロバッグに使った水玉生地を他のお店で発見。
50センチ販売というのがネックなのだけど、欲しかった色なので買い足しました。
それと綿麻の無地。
レトロバッグをまた作ってやるんだぜ!!
色違いのが並んでたらそれだけで可愛いと思うんだぜ!!!

なので大きな口金も買い足し。
また銀口金だけど、これはこれでいいような気がする。

edit↓ top↑

口金数えました。

てどらんごも終わったことなので、ここしばらく、購入したまま整理していない口金を整理することにしました。

140511.jpg
一番ぐしゃぐしゃなサイズ群。↑ 10~19センチくらい。
一応、「○~○センチ」なくらいで大分類はしてあるのです。
その中でさらに種類ごとに袋詰めはしてある。サイズも書いてある。
整理ついでにここだけでも数えてみるかと。

トータルで千本くらい持っていると思うんです。大なり小なり。
最初に材料をぐわーっと買い集めてしまうタイプです。
使い始めると、使うサイズが絞られてくるのだけど。使わないものはずーっと使わずに年代物になりつつある。

で、
このぐしゃー群は217本でした。(数えるのが下手なので誤差はあると思われ)
もともと格安で売ってるところの訳あり品を数本買ってみたんだけど、
ユルい、キツイは明記してあったので覚悟していたけど、
サビが浮いているのもあって、それはさすがに使えまいと。
ユルいのもキツイのも調整するのが面倒なので、結局半分くらい廃棄対象にしてしまいました。
まさに安物買いのなんとかですよ。

それと、初期の頃キットで購入した口金が、まさかの丸溝だった…
口金の溝は大体、断面がコの字型なわけですけども、
丸溝は断面がC型なのです。
溝の隙間が狭いのです。
基本的に閉めずに紙ひもで固定するらしいです。
このキット、丸形と角形があって、角形はフツーのコの字型なのですよ。
なぜ丸溝。アタシも使ったことありません。てか商品ページに明記すらしてないはず。
ひどいなこれ。商品レビューで突っ込み入れておかねば。

実はレビューしたときに店舗責任者から直に連絡(御礼のようなもの)が来たんだこのショップ。
レビューした相手が店舗側でわかるみたいです楽天。よそのショップでいやな思いしたし。


それはさておき、次は大サイズ群。159本。
ここはかさばるから大きい箱に入っているけど、意外と本数無かったです。

次、10センチ未満のミニ群。165本。
容量は大きいのの1/3。小さいからぎゅうぎゅう入っているかと思ったら、これも意外と数持ってない。

次、和柄に良く合う黒口金、26本。
60本ゲットしたので別な箱に寄せておいたのだけど、すでに半分切ってました。頑張った!

最後。オクで150本ゲットした手のひらサイズの金口金、これまた別な箱にまとめてあって、10本は使ったはず。
…が、153本。
おかしいな、減ってないんだけど。
総量をちゃんと数えてないというか、出品時も150本くらいとかそんな感じだったかな…
サイズ的に使いどころが難しいので、100本くらい売りに出してもいいかもしれませんこれ。

ここまでのトータルと、すでに落札している14本と、その辺に見落としているだろう誤差を含めると、大体750本です。
多いのかこれ。少なくはないけど、千本無かったのでほっとしました。
千本超えてたら土下座してたね!

当面増やさなくていい数ではあるので、お蔵入りしているのとかを積極的に消費していきたいと思います。
で、よく使うものだけが残ればいいと思います。

edit↓ top↑

てどらんご二日目。

いい天気です。
気温もぐいぐい上がってきています。
前日の反省を踏まえてかさばるストールを用意しましたが、巻かなくても平気です。

照り返しも強いので、車庫に入ったときの暗転ぶりが気になりまして、
できるだけ日の当たる場所にブースをちょっと移動。
その場において帰ることができたのはラッキーでした。
オープンスペースだと持ち帰る手間があるので。

(ただそのままOKというのは訊いてからわかったんだけどね、要項にあるとなお良かった)

本日はオーバルマカロンをぐいぐいぐいと縫い倒しております。
近隣のブースの方々から見て、なにやってんだこいつと思われたレベルです。

お客様の数は悪くはないのだけど、
「中に入る」のワンアクション追加はやはりデメリットだなと思いました。
同じ車庫でも、道路に面した部分だと少しはいいのかな…

なお本日の萌え。
小さめ男子ふたりと男性のお客様。
レトロシルエットのがまバッグ、ママンが可愛いと言っていたのだそうです。
パパンの財布には五千円しかなくて、
おまえたちに千円ずつ使うと、このバッグは買えないよ。
だそうです。
うん、このバッグちょっとお高いからさ!!

一割くらいだったらお値引きしないこともないのですが、
三割引はさすがに無理でした。ママンごめんね。

レンタルボックスを見てくださっているというお客様、
前日購入したのを早速使ってくださっているお客様、
などなど、
きゅんとする出来事はいろいろありました。
近くのブースの方とお話もできたし。

お隣のブースはつまみ細工を作ってらして、
多分よく訊かれるのでしょうが、アタシもベタな質問をしてしまいました。
小さな四角の生地を折ってつまんで返して、花びらがひとつできるのだそうです。
小さいものだと一センチ角だとか。うへぁ。

そんな感じで、結構楽しく過ごせました。
次も参加出来ると良いなあ。
10月ってイベント立て込むから、どれか重なってしまいそうで怖いです。
(その前に転勤しないという大前提がいるけど)

140511-0.jpg
本日こしらえたオーバル。
重ねて持ち込んだ上からどんどん縫っていってます。柄の善し悪しもかなりあると思う…

edit↓ top↑

てどらんご一日目。

いい天気です。

車庫に8ブースひしめいています。
横幅(奥行き)は結構余裕があって、大きいテーブルでも良かったなと思うくらいでしたが…
ものが置き切れたのでこれで良しとしましょう。
ハンガーラックがあると何でもひっかけられていいなあ。

ただやはり、お向かいとの間隔が狭いので、
どちらかに人だかりができると通れなくなる感じです。
そこはうまい具合に互い違いにブースを構えたりしましたが。

それと、通りから中に入る、というアクションが必要になるので、
奥の方のブースは少し不利だなと思いました。
「ふらっと通りがかる」ということがないわけなので。

天気がいい分、車庫に入ってくると一瞬視界が暗くなるし、
明かり取りの窓の下に陣取れてはいたんですけど、
善し悪しだなあと思いました。

なにより寒いんだよ…

ちょっと気温の低い日だったので、日の当たるとこにいても、じっとしていると寒いです。
手持ちぶさたになることもたびたびあったので、ちょっとテトリスしちゃってました。
明日はマカロンパーツ持ってきて縫いまくってやります。

本日気になったのが、「女性の大きい長財布」でした。
いや前々からうすうす気になってはいたんだけど、
女性の使っている長財布はなぜああも大きく分厚いのかと常々疑問なんです。
アタシ自身は二つ折りのお財布しか使わなくて、
なんだかんだ詰め込んでぱんぱんになることもあるけれど、
長財布の分厚さにはまるでかないません。

出かける際に必須なのはまず財布だと思うし、
財布が入るかどうか、で購入を決めることも当然至極です。
ちょっと持ちのミニバッグの類は、長財布が入らないこともあって、
それで諦める方を目の当たりにすると、長財布めぇぇぇ!!!という気になるのです。

……だからって長財布のためにサイズを変えるのは難しいんだよ…

そんなわけなので、女性の長財布が時々敵視されますがご容赦ください。

edit↓ top↑

前日準備中。

てどらんごの参加は二度目ですが、
前回と違って、参加要項的なものが事前に届きました。
それを前日に開く時点でアタシもいい加減です。

しかし今回は場所の下見もしてきたし!!
がっちりしたガレージで、屋根もあるので雨天でも平気!!(晴れみたいだけど)
いい場所だったぜ!!

……要項の中に、場所の写真とブース瑠場所の写真までありまして(すばらしい!!)
車庫は車庫だったんですけども。

その車庫の中になんと8ブースもあるのを知りました。

車庫の壁に沿って両側4個ずつ。

えっ。

奥行きのある車庫だったから4個並ぶのはまあいいとして…
えっ、これ8ブースも入るんですか? みちみちになりませんか??

ブースの奥行きは90センチ(幅180センチ)なので、、数値的には可能かもしれないけど…
どうなんだこれ……

展示備品をどうしようか迷っていましたが、
ハンガーラックと小さいテーブルにしました。ブースの幅目一杯のサイズになります、数値的には。

edit↓ top↑

【新作】 横長セミショルダーできました。

水色のチェック+薔薇柄と、黒系パッチワーク柄の二個。
高さ約19(ゲンコ含まず)、幅34、口金幅24、マチ10センチ 口金は銀。
140509-1.jpg
大きい方のセミショルダーです。

内側。
140509-2.jpg
水色バッグには水色に白の細かいドット、
黒にはモスグリーンのドット。
水色系はなんだかもう爽やかですよ。

140509-3.jpg
底面は茶無地。
縫い方を少し変えて、仕立てを減らしてしくじりにくくしました。
比べて見ないとわからないくらいです。
茶無地はまだまだあるので、微妙に違う色合いのを使っています。

薄手芯にしたので、くたっとしていて自立しません…しくじった…(小声)

水色系はペンケースで使っていますが、大物にしてみたら結構かわいいなと。
そのまま使うとラブリーなのだけど、茶無地を入れることでいい具合に引き締まる気がします。

黒系は初出し。赤みも少ないシックな柄なので、暗色系の服に似合いそうです。

やっぱり二個だけにして良かった…みちっときれいに仕立ててありますよ!!

edit↓ top↑

横長セミショルダーバッグを作る第三回。そのいち

お仕事にでると、良くも悪くも頭が働きます。

雑然としていた複数の考え事を整理して、書き出して、整理する。

今月中に作るものの種類と数を明記したということですが、
予定外のものを作り出さなければなんとかなるんではなかろうか。


とりあえず、週末のてどらんごに向けての増産。
残日数もさほどないので、ぐっと我慢して横長セミショルダーを二個だけです。

edit↓ top↑

材料集め。

SCCも一段落したので、足りなくなっている材料を買い足します。

まずは低反発ウレタン。

SCCでお友達と話した際に、タブレット用がまもアリだねと。
横入れにすると口金が大きくなるけど、縦入れだったら16センチくらいの口金で作れそうなのです。
薄いものなのでマチもそんなに要らないし、ペターっとしたなんの変哲もないがま。
いや変哲はあるか。重くてごつい薄いがまです。

それと、ドールバッグいいんじゃない?と。
アタシも含め、お人形に多少なり縁のある方々なのです。
ドールバッグは独占市場らしいので、介入の余地があるとかなんとか。
キャスト用の重いのは難しいけど、ソフビ用のだったらできるんじゃないかと。
(ソフビは壊れにくいので、そんなにがっちりしたものでなくてもいいんです、バッグ)

いやいやいや、やらんけど。

やってみたいけど。

材料だけ買っておくけど、みたいな。

そんなわけで送料無料になる4メートルまで買いました。これだけあれば大物も作れるだろう!!

ウレタン、今のところひとつなぎでしか使えてなくてロスが大きいのが難です。
隙間なく使ってはいるんだけど。

次、ショルダーバッグ用の持ち手とボビン。
数年前に百均で10個くらい買い足しただけのをとっかえひっかえ使っているのだけど、
布が増えると糸色も増えるので、だんだん賄えなくなってきました。
使っているのと微妙にサイズ表記が違って不安ではあるけど、
メーカー併せて買えば大丈夫……かな。

次、ボビンケース。
ミシンのポケットに入れておくとぐしゃぐしゃになるのと、
数が増えると納まらないので。

先日探した結果、ケースでもタワーでもない、ゴムっぽい素材のリング型にしました。
メール便で二個まで送れるけど、そんなにボビン持ってないし、とりあえず一個。
それでも30個くらい入るみたいだし、足りなくなったら買い足そう。

…我慢ってのを覚えたみたいね、アタシ。

edit↓ top↑

イベント参加のお知らせ。

2014/5/10(土)~5/11(日) 10~16時
岩手県盛岡市鉈屋町
てづくり市「てどらんご」
です。
「whitesnow closet」です。

がま口をメインです。
大きめバッグも持ち込みます。
ストラップもちょっとあるかも。

趣のある住宅地の道路1キロほどを封鎖して、
民家の軒下をお借りして出店します。

食べ物店などもあるので、お買い物のついでにぜひお越しください。

edit↓ top↑

SCCでした。

お立ち寄りくださった皆様、ありがとうございました。
雑貨での参加は二回目だし、同じところの即売会なので、
なんとなく勝手もわかってきたようなところです。
三月の反省を踏まえ、スペースもあからさまにぐちゃぐちゃではなかったし、
値札もポップも準備できたし、
開場前にほぼ準備もできたし、
参加自体はなかなか及第点ではあると思っています。

間に合わなかったものがあるとか、
最初置ききれなかったとか、
お渡し用の紙袋がぎりぎりだったとか、
黙っていればわからない反省点はありますが。
そもそも出発時点での反省点はありすぎてもう、アホかと。

今回最大の教訓は、
切羽詰っても手抜きするべからず、です。
間に合わなかった一品、ちょいちょい工程をはしょりました。
仕立て方もびっくりするほど間違いました。
その辺のフォローを時間優先で怠った結果、
最後の最後でだめになったという自業自得ぶり。
最初からきちっと作っておけば、二個くらいは出せたかなあ…と思います。
文字通り後の祭りですが。

マダムに縫い目をガン見されることもなくてよかったです。
三月以来、ミシン作業中にちょこちょこ脳裏をよぎる思い出です。トラウマです。

ほかのスペースは移動するときにちょっと見たくらいなんですが、
がま口も結構あるみたいで、
皆さんお上手だなあほわわん、てなります。
機会があればぶらぶら探索したいです。己の未熟さにへこむ可能性もあるけど。
がま口に限らず、お裁縫系はいろいろ見て回りたい。

それと今回うれしかったのが、
ついったーで新作をチェックしてくださった方がいたこと。
ブログに新作アップできれば理想的なんですが、
製作に時間をつぎ込んでしまうので、
お知らせは遅くなってしまいます。
メモもかねてついったーに随時アップしているので、そちらもチェックしていただければうれしいです。


なお最初の小一時間は半分寝ていました。
今日はのんびりだなあ~と思ってました。
危うくテトリスはじめるところでした。


次回の東京参加は、スペースが取れれば8月の夏コミです。
何も考えずに1スペースだけ申し込んだのだけど、
2スペースって申し込めるんだろうか…?
てか1スペースだと何を持っていけるんだろう…
場所的に余裕もない感じなので、展示方法なども検討します。
上に伸びるしかないわけだけど。

そんな感じです。
本日は本当にありがとうございました。

edit↓ top↑

親子口金長財布を作る。そのさん

トランクガラガラ引きながら上京しました。
今日は入場もゆっくりでいいので、遠回りしてホテルに荷物預けました。
使わない大荷物持ったまんま歩き回りたくないしね。

なお設営は3分で終わりました。

で、早めに撤収して(客足もイマイチだったし(泣))、早めにホテルinを目指したわけですが…
なんだかんだで日没過ぎてました。
一番の誤算は、買いものしたかったお店が早々に閉店時間になっていたこと。
問屋系は閉まるの早いねほんとに!!

なんだかんだでいよいよ口金付けに取りかかったわけですが、
いつもの道具も持ち込んでいるわけですが、
ボンドがうまく塗れず、思わぬタイムロス。
親がまはまあまあきれいに入るのだけれども、子がまがどうにもすっぽ抜けてしまいます。
芯がない分、生地の厚みが足りないっぽいのです。
しかも脇縫いがあってないし……
手縫いで直すほかなくなってきたので、急いでソーイングセット買いに行きました。糸と針は持ってきてなかった…


そんなリカバリに早二時間超。
速度優先ではしょった部分がここまで悪影響を及ぼすとは…
それに、この口金、やはりアタシには使いにくい。
何がどう、とはうまく言えないのだけど、とてもはめ込みにくいです。
リピしません、確実に。

で、気付いてしまいました。
子がまの幅が足りないのです。1センチ。
せめてあと5ミリ幅広だったら、口金に納まるのだけれど…
小銭入れとしてのゆるみ分も考えたら、やはり1センチ足りない。足りないからすっぽ抜ける。
これをリカバリするのはさすがに無理です。
なんとか口金にはめ込んだものもあるけど、使っていくうちに多分外れてしまいます。

……諦めました。

裁ち方から縫い方まですべて子がまにやられました。子がまに成功した部分がない有様です。
アウトレットにしようにも、そもそも実用に耐えられないものを売ることはできない。
完全な設計ミスです(泣)

諦めました。
せめてもっと早く気付けよ…
この数時間の作業がまったく水の泡です。
あーせめて二個だけにしておけば間に合ったかもしれない…

欲張ったが故の全滅です。今回最大の反省点。
自宅で間に合わないものは潔く諦めましょう。これ教訓。

あーもっと早く気付いてたらさっさと寝てたのにーーー!!!


ぐすん。

edit↓ top↑

親子口金長財布を作る。そのに

イベント出発日はできるだけ休みにします。
通常なら日曜開催土曜日出発で、そもそも休みなのだけど(週休二日)、
GWのイベントに限り、出発が平日になる罠です。

もっとも今回は3日と4日の2daysだからだけど…

親子口金に挑むのも三度目だし、先のミニバッグがなかなかうまくできたので調子に乗ってましたが、

布の裁ち方を間違ったり、
子がまの縫い方を派手に間違ったり、
なんだかもうぼろっぼろなんです。

割とぱりっとした布だからと芯を省略したのも裏目に出ているし。

やっぱり4個は無謀だったのか……
2個だったらもう少し時間かけて丁寧に作れたかもしれない!!

……いや、丁寧ではあるんですよ。
それ故進まない。

なんだかんだで焦ってるのもあると思います。

なんとか口金付けまでこぎ着けたのですが、
これが、非常に入れ込みにくい。

親子口金の経験が足りないというのもあるだろうけど、
微妙に狭くなっているシルエットの所為なのか、思うように口金に入ってくれない。
もう、半泣きです。
この口金、リピートはしません。多分。

そうこうしているうちに出発時間も近づいてきまして。

とりあえず、口金付けはホテルでやろう!と、材料を荷物に詰め込みました。
ハンクラでの参加は4日なので、3日の宿で時間があるはずなのです。
出先で作業、はやりたくないのだけど、やむを得まい。今回最大の反省事項です。

edit↓ top↑

ストール祭2014。その4ラスト。

この期に及んでストールのフリンジ作り開始。







目の粗い生地なので、コツをつかめばすいすい抜ける。
指でつまんで引っこ抜くとくたびれるので、ラジオペンチでぐっと挟んでずっと抜きます。
ビーズ細工用に用意したペンチですが、裁縫にも大活躍しています。





フリンジ作りに約二時間。

一本あたり約三時間くらいでできる代物です。

麻なのでまだゴワゴワしているけど…
自分用に作るのはまたあとでだな。


edit↓ top↑

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。