FC2ブログ

プロフィール

あまの

Author:あまの
白雪納戸(シラユキナンド)という
屋号でハンクラ活動しています。
英語表記 whitesnow closet
(ほわいとすのーくろーぜっと) です。

記事は基本的に長めです。
改行も少なめで密度が高いです。

↓作品販売しています↓
* ショップカート *
* ハンドメイドマーケット minnne *

* Twitter @whitesnow_c *
↑新作など最新の情報を載せています↑
みんね経由でない販売を行うこともあります。

ブログ内検索

最新記事

カテゴリ

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

ファイルを作ります2。

131030-6.jpg
やり直しの裏打ち。70か55kのコピー紙から90kのクラフト紙に変更。
ノリが足りないとぼこぼこになるみたいなので、布にしみ出すぐらいもっさり塗りました。
そのときはたわんでぼこぼこなんだけど、乾くと案外ぴーんと張るんだなこれが。

まっすぐ貼ってるつもりだけど、やはり微妙に曲がるので、ストライプやボーダー柄は以下略。

裏を貼りました。
背表紙と柄をあわせるつもりはなかったんだけど、合ってたらもっと格好良かったな…
で、重なって浮きやすくなっているところを洗濯ばさみで挟んでます。
キツイので挟むとへこんで跡がつくので、あとがでにくい形のをチョイス。
地区に四つ角は重なりすぎてとても浮きやすいので、厳重に挟んでます。
131030-7.jpg

ファイルっぽくなりましたね。
131030-8.jpg

コーナー金具を取り付けます。
前回使ったのがちょっときつかったので、大きめのを買ったら大きすぎた…
キツイのは角なんだよね、重なってるから。そこさえ押し込めれば小さい金具でもいいと思います。
131030-9.jpg
金属接着なのでアクリラで接着して、両端を少し締めました。
口金用のペンチが活躍したわけだけど、傷も良くつくんだこれが…
やはり革か何かをあてないと、そのままでは使えません。

こんな感じです。かなりファイルです。
131030-10.jpg
洗濯ばさみのあとがすでにつきかけていたので、キルト芯でくるんでから挟み直しました。
金具つけてみたけど、久しぶりでカシメの打ち方がビミョーで、まごまごしているうちに行方不明になりました。

小さいのはあるし、前回もそれで作れたからいいかなーと試してみたんだけどやっぱりダメ。
夜中だし、焦って打っても良くないので、アタマ冷やすために保留。
ついでに大きめカシメ探しに行こう…
スポンサーサイト



edit↓ top↑

ファイルを作ります1。

レンタルボックスの伝票用の、B6リングファイルを作ります。
材料はそろえてあったのだけど、なかなか着手できんかった…

カルトンと生地、金具の全材料。ここまで小一時間。
本体布は綿麻で、ビニールコーティング加工。
可愛い柄でお気に入りなんだけど、自分用袋物には可愛すぎるのでこういうところで使います。
裏布は同系色っぽい柄ストライプ。前回みたくベタなチェックにしようかと思ったけど、この際だからベタにラブリーで行こうと。
まあ大きめ端切れの中でこれがちょうど良かったというのもありますが。

裏打ち用の紙はコピー用紙。カルトンは大きいものから適宜切り出しました。

131030-1.jpg



綿麻にカルトン、裏地にコピー紙を貼りました。
一度作っているからレシピは脳内にあります。ファイルなら楽勝です。
131030-2.jpg

四つ角を畳みます。
レシピだとベタにただ折るだけなんだけど、金具をつけるために角を落としているのと、見栄えを考えてこのたたみ方。
厚みが出てしまうので余計なところはカットしているのだけども…
それでもやはり厚みは出ます。カルトナージュ用のノリが強力なのでくっつくけども。
131030-3.jpg

四辺ぐるりと囲むとこんな感じ。
前回学んだので布の巻き部分もたっぷりでいい感じです。
131030-4.jpg
しかし裏打ちがぼこぼこにたわんでしまい、剥がして少し厚めの紙に貼り直しております…
ノリが強力なのが災いして、リカバリに1時間くらいかかっております。とほほ。

内側の背を貼ります。
レシピだとここは表布を使っていたんだけど、市販のファイルだと裏は裏布一色なので、揃えました。
折れるように隙間部分をへこませて貼ります。
131030-5.jpg
チョイスしてなんだけど、曲がったり歪んだりのあらが目立つから、ボーダーとかストライプは使わない方がいいね…
前回のチェックでも思ったのに、ここは学習しませんでした。
そういえば前回も裏打ち一回失敗したような…

縦横や布目が気にならない総柄がいいと思います。



続く。

edit↓ top↑