FC2ブログ

プロフィール

あまの

Author:あまの
白雪納戸(シラユキナンド)という
屋号でハンクラ活動しています。
英語表記 whitesnow closet
(ほわいとすのーくろーぜっと) です。

記事は基本的に長めです。
改行も少なめで密度が高いです。

↓作品販売しています↓
* ショップカート *
* ハンドメイドマーケット minnne *

* Twitter @whitesnow_c *
↑新作など最新の情報を載せています↑
みんね経由でない販売を行うこともあります。

ブログ内検索

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

ゆびぬきを作る。六回戦目そのに

はい完成!
151026-3.jpg
試作も兼ねて単純なかがりです。
同じカラーリングでいろんなかがりも面白そうね。
他のカラーリングと並べても楽しそうね。

これにチャームとチェーンをつけて製品化したいわけですよ。
わかるひとだけわかる、ぱっと見わからないファングッズです。


なお写真を見せたオトモダチには、留め袖?と言われました…そうか…

スポンサーサイト

edit↓ top↑

ゆびぬきを作る。六回戦目そのいち

かねてより作りたかったカラーリングのゆびぬきに着手します。
151025-1.jpg
この三色です。
ここでわかった方とは多分語り合える気がします。

途中経過(早っ)。
151026-0.jpg
土台黒、ベース黒糸なので、ちょっと難しいかと思いましたが、多少の隙間をごまかせるのでかえっていいかもしれません(なんだと)。

目分量です。同じものをもう一度作れといわれても無理かもしれない(なんだと?)。
黒目分量、白10段くらい、オレンジ5段くらい、濃いオレンジ5段くらい…かな。
三色で作るつもりでしたが、オレンジをさらに一色足してみました。
遠目にちょっと深みが出るかもーと。

元ネタを知らなければただの渋い組み合わせですな。

edit↓ top↑

ゆびぬきを作る。六回戦目そのさん

土台を黒、グラデ方向を逆にしてかがりました。

はいっ。
151022-6.jpg
原色系の面積が少なくなるので、もう少しふんわりするかと思いましたが…
ふんわりしすぎて見た目にメリハリがないという罠。

濃い色の土台は初めてでしたが、濃い糸を使うと土台と同化してしまうので、
隙間がわからず配分がかなり難しいです。盲点。
なのでかがり自体は、白土台に比べて散らかってます…。

おまけにピンク糸の順番を間違えたよ!!(泣)
151022-7.jpg

十色使いの格子が出来れば、いざ作ろうと思っている三色使いなんて楽勝!と思ってましたが、
黒土台に黒糸でかがる予定なので、かえって相当難しいのではないかと…

格子もまだまだ下手なので、交差のない回しかがりか、青海波でやってみた方がいいかもしれません。

あと格子は三本くぐりだと小さいので、次からは四本にします。


この数日でこしらえた土台。約四ダース。
これだけあれば当分もつでしょう。
151022-5.jpg

edit↓ top↑

ゆびぬきを作る。六回戦目そのに

くぐり刺しというのをやりたかったのです。
かがりの途中で前の糸を通して、格子模様にする刺し方。
チェックかわいいなー、みたいな。

ブルー系とレッド系のグラデを互いに交差させる合わせ技、を試作でやるという無茶っぷり。

これで六色目。
151022-1.jpg
すでにくぐりを誤ったりしてますが、試作なのでこのまま行きます…

九色目。ブルー系は終了。
151022-2.jpg
ここまではまだ淡くまとまってていい感じです。

十色目。赤を入れます。
151022-3.jpg
この赤がエンジや紫系、ピンク系かでだいぶ印象が変わると思われます。

できた。
151022-4.jpg
おめでたい感じはするけど、なんか思ってたのと違う様な気がしなくもないです。
土台は色の邪魔をしないオフ白にしてみました。

ここからもう一個作ります。


edit↓ top↑

ゆびぬきを作る。六回戦目そのいち

昨晩、青は手に入りましたが、赤や黄の原色系を持っていません。
ちょっと作りたいものがありまして、手芸店をはしごしてきました。

糸箱が満タンです。(詰めればもう少し入るけど)
151021.jpg
茶色と灰色系が入ればだいたい揃いますな。

グラデーションの色合わせ中。
151021-2.jpg
糸巻きの色に邪魔されないよう、裏返して重ねます。

だいぶ色を揃えたと思うけど、いざ合わせてみるとなかなか難しいものです。

edit↓ top↑

ゆびぬきを作る。小休止。

土台をもっつらもっつら作っています。

専用品の土台用厚紙を使い切るので、手持ちの110k上質紙を切って巻いてみたのですが。

薄い。

A4縦でぐるぐる巻いたけど、薄い。

なので思いきって、A4縦を二枚つなげて巻いてみました。
うん、これならだいたい同じ厚みです。

専用品は135kくらいかも知れないなあ…
探せば持っているかも知れません。

和紙も買い足したいけど、内容に比したらかなり高いです。
A4縦半分くらいの量で数百円だし。
自分で和紙買ってきてカットすれば1%くらいのコストで済みます、が。

カットも面倒だし、和紙多分余らせるよね…

それを考えると、専用品とプラマイゼロくらいかも知れません。


そういえばしばらく前にキット買ってたよなー、と、机上に置きっぱの山をあさりましたら、
できてる土台、土台用厚紙、和紙、真綿、そして糸が出てきました。
キットだから当たり前ですが、すっかり失念しておりました。
一気に4色も手に入れてしまった…!!

で、できあがってる土台と、リサイズした土台を比べて見ましたらほぼ同じでした。
うん、円周7センチがちょうどいいってことですね。

edit↓ top↑

ゆびぬきを作る。五回戦目そのに

土台用の筒を作り直しました。
円周を1センチほど縮め、直径2センチ→1.7センチくらいに。
151018-1.jpg

グラデーションぐるぐるかがり、8コマ2飛び。
151018-2.jpg
色合い的にマージマタンゴって感じです…
三回戦目(左)に比べると、だいぶふっくらシルエットに出来ました。

気をよくして青海波に挑んでみますよ。

はいっ。
151018-3.jpg
9コマ2飛び。
マージマタンゴデラックスです!

交差ラインもほぼまっすぐに出来たし、一段青海波はクリアしたのではないか!!
151018-4.jpg

青海波、二本目の糸くらいまで全然模様が出なくて、どうなるかと思いましたが形になってよかったです。
グラデーション糸は面白いし、楽。同系色グラデ糸も買ってあるので、そっちで作ればもっとかわいいのが出来るかな。

でも、絹糸に比べるとやはり毛羽立ちます。
ツヤもちょっと控えめです。

そこは素材的にちょっと仕方ないけど、気軽に使える点ではいいかなと思います。

edit↓ top↑

ゆびぬきを作る。五回戦目そのいち

どうも細かい手作業をしたいみたいです。
10ヶ月ぶりにゆびぬきを作る気になりました。

綿まきまき。
151017-1.jpg
自分でちょっと多いかなってくらいに巻き巻き。
「ちょっと多いかな」でよそ様並みだというのを少し学習した模様です。

糸はこちら。グラデーションカラーの刺繍糸。
151017-2.jpg
虹色すきだねアタシ。

六本取りなので、一本ずつ使えばこの量で足りるのではないかと。
色変化がどうなるかはまったく未知数です。すべて糸任せ。

一本かがり終わりました。
151017-3.jpg
思ったほどグラデーション風にはなってないけど、このままやってみますよ。

edit↓ top↑