FC2ブログ

プロフィール

あまの

Author:あまの
白雪納戸(シラユキナンド)という
屋号でハンクラ活動しています。
英語表記 whitesnow closet
(ほわいとすのーくろーぜっと) です。


自己流ミラクル技が多いので、レシピは載せていません。

記事は基本的に長めです。
改行も少なめで密度が高いです。

↓作品販売しています↓
* ハンドメイドマーケット minnne *

* Twitter @whitesnow_c *
↑新作など最新の情報を載せています↑
みんね経由でない販売を行うこともあります。

ブログ内検索

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

つちざわに

落選しました(泣)

封筒さわった瞬間「あっ…」てなりました。
なんていうの、コミケの白ラベル封筒とおんなじで、「あれこれ入っていない」というのが感触でわかるわけですよ。

案の定中身はペラ紙一枚、選考基準により落選とかなんとか選考基準ってなんだよ!!

悲しみのあまり1.5回読んで即廃棄。

落選もあるとは聞いていたし、実際落ちたという話も聞いてはいたけど、自分が対象になるとつらいものだなあ…(泣)

320募集のところに420の過去最高の応募があったんですって。
4人に一人は落ちる計算で合ってる?

なんだかなあ、参加するイベの規模が大きくなってくるのは嬉しいけど、はじかれる可能性も出てくるってことだよねえ。
10/7のばりえは申し込みそびれたし…
なんて言うか泣きっ面に蜂感が強くて切ない。しょぼん。

というわけで、
翌週のてどらんごに申し込むかな、どうしようかな…

スポンサーサイト

edit↓ top↑

事故防止。

イベントが近いので関連のメールもしばしば届くわけですが、

イベント中でもショップ休暇にすんなし(意訳)って内容が書かれています。

前のメールでもそういう内容がありましたのです。
イベントの開催中はマーケットのアクセスも増えるし、出品増やすといいよ!
ショップを丸ごと休暇にしちゃうとせっかくのお客様を逃して勿体ないよ!と。

どうもイベ中は販売停止にする方が多いようです。
アタシもそのひとりです。
イベントとネットでお買い上げがかぶってしまう可能性も出てしまうわけで、それを防ぐためにネットは止めています。
それにイベント前は作るのでいっぱいいっぱいだし。出品する余裕があったら作る時間に使いたいんですよ。

いわく、
「イベ中は受注生産にして受け付けて、イベで売れたのはまた作る」
「(イベ中は発送できないから)発送日数を長めにする」
これらの対応でイベ中もお買い上げウェルカムせえ(意訳)と。

一理あるといえばあると思います。
でも何一つ賛同できません。
アタシが作っているものは、そういう対応では全然賄えないからです。

そもそもほぼ一点ものなわけだし、どこか一箇所で売れたらもう同じものは作れないわけですよ。
同じ生地を使うことはできるけど、柄の出方も変わるし、「同じようなもの」でしかない。
それに、そういうバッティングを防ぐために、イベ中もネットを監視する必要がある。
つまりイベに集中できないのです。
そこまで売れっ子じゃ無いし、数分数十分目を離したからってバッティングが起きる可能性は低いかもしれないけど。
それでも「ゼロ」では無いわけだから、だったらショップを丸ごとクローズする方が手っ取り早いです。

だいたいイベに来られる人はイベで買うだろうし、イベ期間中だからってそんなに購入あるか?みたいな。
宣伝する人はいるだろうからアクセス自体はあると思うけど…
なんだか斬新な提案をするな、と思いました。

まああれだ、品物によっては可能な人もいるからそういう人たちがやればいいよ。


と、思っておりました。


なので「また言うかこんにゃろ」と。
それが運営のスタンスなのかもしれないし、休暇にするひともそれだけ多いのかもだし、
それで運営になんらかのマイナスがあるのかもしれないけど。

多数複製品じゃないから同じものは作れない。
いくら納期延ばしてもなんともならない。
柄の出方が違ってもOKとか同じパーツ使ってればOKとか、
「出品写真との差」をある程度許容してくれるならそういう対応もできるだろうけども、
「写真と同じもの」を期待して買うんじゃないかとアタシは思うんです。

むしろ「写真と同じもの」を提供したいから、わざわざ一個ごと出品しているわけでして。
ブッキングしてキャンセルせざるを得なくても手数料は持って行かれるわけだし、
そんな罰ゲームを負うくらいならやっぱり丸ごとクローズします。
一日二日の売り上げよりもブッキングしないさせない方が大事。
そういうのの対応ってめちゃくちゃ疲弊するしね。
そもそもそこのマーケットじゃほとんど売れてないしね!!

ということで、何度言ってこようが何度でもクローズにします。
主催イベって年一だしね。


まああれだ、品物によっては可能な人もいるからそういう人たちがやればいいよ。



edit↓ top↑

撮影をする。

ネットも開通したし環境がやっと整ったので、久しぶりにみんねアップしまーーーっす!!

ということでまずは撮影から始めたわけですが、

環境が変わったのですよね…

壁紙は真っ白でなくなったし、
照明と壁の位置が変わったので影の出方も変わるし。
トルソ撮影はまだいいけど、壁に提げての撮影がどうも…美しくない…

場所はあるけどもごちゃごちゃ荷物が置いてあって空いてないのよね…
タイムロスしないよう場所移動せずに撮影したいし。
いずれ「今の環境」での撮影のが多くなるだろうし、慣れてくるとは思うんだけども、
「撮影に適しているか」を転居の条件に加えようと思いました。

edit↓ top↑

お買い上げからお届けまで。後編

大物です。
ゲンコも口金も大きくなるので、保護は厚めに。
151030-7.jpg

薄葉紙で全体をくるんで、さらにビニール袋にイン。
151030-8.jpg

紙袋がちょうどいいサイズなので、解体さずにこのまま使います。ロゴスタンプぺたり。
151030-9.jpg

入れ口を塞ぎます。
151030-10.jpg

底も補強します。
151030-11.jpg

梱包にはアンティークな柄のテープを使っています。クラフト紙によく合うと思います。
151030-12.jpg

こんな感じです。

薄葉紙での保護→水濡れ防止のビニル袋→発送用の外装、の三段階です。
包装紙もたくさん持っているんだけど、わざわざ包装したらちょっとうるさいかな?と思ったりで…
プレゼントに用いる方もいるかもですし、包装紙くるみは個別に承ります。

あ、梱包前にいやという程ガムテペタペタして、ホコリその他を取り除いてます。
変なにおいとかついてないといいんだけどなあ、こればかりは自分の鼻ではわからん…

edit↓ top↑

お買い上げからお届けまで。前編

みんねでお買い上げいただいたものの梱包を紹介します。

コラージュとかで飾れるセンスはないので、必要最小限+アルファくらいで梱包しています。
ちょうど大小の発送が出たのでこれをれいに。
151030-1.jpg
ハガキ(文庫)が入るくらいの大きめポーチと、A4が入る大物です。

薄葉紙を束ねて、口金部分のクッションにします。
151030-2.jpg

重なる部分が口金部分にかぶるようにして、全体をくるみます。
151030-3.jpg
マスキングテープで留めていますが、薄葉紙から剥がしたら破れるので、だいたい一発勝負です。

名刺を入れてビニール袋を閉じます。ロゴシールをぺたり。
151030-4.jpg

外装は封筒を解体したもの。ロゴスタンプをぺたり。
151030-5.jpg

完成。
薄葉紙の時点で四角く包めたので、全体的に美しい仕上がりです。
151030-6.jpg
これに宛名と差出人を載せて発送します。

知らないひとからの荷物が届くわけなので、わかりやすくロゴを入れています。

後編の大物に続く。

edit↓ top↑

『売り手が損をしない』こと。

ありがたいことに、みんねのオーダーが継続的に入っているのですが、
大型の商品二つを定形外で同梱して、というオーダーが届きました。

定形外のサイズ(三方の計90センチまで)をオーバーするから宅配にしてって書いておいたんだけど…
むむむ、スルーされてしまった。

定形外での追加送料と、宅配料金が幸い同じなので、サイズ超過したら宅配で送ればいいかなと思いましたが…
たまたま同じだっただけで、もっと遠方のオーダーだったら送料持ち出しになってしまいます。
オーダー後の追加入金などができないようなので、最初にうまいこと設定しておく必要があるのだけど、
サイズまちまちな物を扱っていると、どんな組み合わせでオーダーされるかわからないから、かなり難しいのです。
これはみんね使うときに散々悩んだところです。

参考に他のマーケットサイトを見てみたら、『売り手が損をしない送料設定にしましょう』なんて書いてらっしゃるくりーまさん。
そこまで割り切っててくれるときが楽だわくりーまさん。

とりあえず送料設定を見直して、注意書きも複数箇所に載せよう…

…そこではたと気がついたのですが、「自分が思っている大型」が、多分買う側に伝わってないのです。
サイズは明記しているけど、梱包してどうなるかとか、同梱してどうなるかまで考える人はほとんどいないだろうし。
そうか、これはこちらの説明不足だった。

ということで、大型商品には『大型です』ってのを最初に入れることにしました。
送料もさらに見直して、『売り手が損をしない』を踏襲。そこは割り切る。

太文字なり色文字なり、文字にアクセントをつけられるといいんだけどなあ…
説明文は単一のフォントがつらつらーっと並んでるだけなので、強調するのが難しいです。

edit↓ top↑

みんね始めました。

2014の正月に登録してから放置していたみんねですが、
やっと販売開始しました。

こちら。↓
ハンドメイドマーケット minnne

マカロンケース、ぷちがま、30センチ未満の各種がまぐちはほぼ登録済み。
30センチ以上のがまぐちと、それ以外のバッグは随時登録予定です。

イベントになかなか出せない、ストラップや天然石のブレスレットもあるので、
こつこつ増やしていきたいです。妄想。

上記リンクはワタクシのみのページに行くわけですが、
個人ページ内でのカテゴリ分けがどうも無いようで、
ずらーっとベタ並びしているのでちょっと探しにくいかも知れません。
同じ系統、さらに同じシリーズで並べるようにします。

また、品物はいずれも「残り一点」になっています。
同じ生地を使っても柄の出方が異なるので、掲載してあるものをそのままお送りしたいためです。

ワタクシ参加できるイベントも限られているので、こちらもご利用いただければ大変嬉しいです。
よろしくお願いいたします。


そうそう、このブログをご覧いただいている方々には、
今まであれこれ公開してきた小道具がどう活用されているのかもお楽しみいただけると思います。


edit↓ top↑

みんねとの戦い。

追加送料の計算に脳内でくたびれたのです。
一個一個計算するのも手間だし、だったらもうショップカートにする方が良くない?と。

というわけで、ペパボのカラーミーショップ(for lolipop)を設定しました。
無料のオプションなので、有効利用したいなーと。

で、最初につまずくのがアレだ、特定商取引云々の表記。
数種類のページを見て、参考にしまくってそこだけで早数時間。
本名の公開はなー…抵抗あるんだよなー…
(若干少数民族なので)

支払いやら配送方法やら、下地固めして、さていよいよ商品登録!となったのですが、
ふと見た他のサイトに気になることが。

「登録数30まで」

て。

for lolipopのみのマニュアルがないというか、カラーミーのヘルプに飛ばされるので、イマイチわからないまま(えっ)進めていったわけですが。
簡易版なのは承知していたけど、30までて。
みんねのギャラリーにもう40以上登録しているんですけど。

そもそも全然無理じゃないですかーやだー。

多少の不便さはスルー予定でしたが、品数の上限はどうにもならないので、諦めましたカラーミー。
月額料金払ってまでやる規模じゃないもの。

というわけで、フリーで上限無しのFCにしようかと思ったのですが、
また下地固めするのに疲れてしまって、挫折。

面倒でもみんねで回す方がいいのじゃないかという結論に至りました。
なんなんだもーーーーこの後戻り感…

まあみんねはみんねで販売手数料やら引かれるんですけどね。


で、販売無しのギャラリー登録していたのを、販売に切り替えて公開しようとしたのですけど、
すでに公開済みのをひとつひとつ手直ししていくよりは、
コピーに次ぐコピーで新規登録していく方がはるかに早い、と。

はあ、だったら最初から販売で公開するんだったよ…

ついでに、写真のサイズが大きすぎるので、全部リサイズしました。

最初だからね、回り道は仕方ない!(ポジティブ)

edit↓ top↑