FC2ブログ

プロフィール

あまの

Author:あまの
白雪納戸(シラユキナンド)という
屋号でハンクラ活動しています。
英語表記 whitesnow closet
(ほわいとすのーくろーぜっと) です。

記事は基本的に長めです。
改行も少なめで密度が高いです。

↓作品販売しています↓
* ショップカート *
* ハンドメイドマーケット minnne *

* Twitter @whitesnow_c *
↑新作など最新の情報を載せています↑
みんね経由でない販売を行うこともあります。

ブログ内検索

最新記事

カテゴリ

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

机上の敷布を探す。

イベントでのテーブルに敷く布が欲しくなったんです。

あるんだけどさ、わざわざ縫製して用意したんだけどさ?

真っ白だとなんか寂しいなー、と思うようになりました。

って前から思ってるけど。

シワがつかないようにとポリエステルツイルにしたのも、無機質な感じで余計さみしいのかも。

片隅にステンシルでサークルロゴを入れようかとかいろいろ考えたりしたわけですが、
(なまじものつくりスキーだといろいろアホなことを考えるのだよ…)
とあるイベントの様子を写した写真を見まして、カラーの方がいいかなー、みたいな。

散々考えて真っ白ツイルにしたんだけどね。
数ヶ月前の自分全否定ですかコラ。

で、片耳がスカラップ(波形)になった生地だと、そのままべろっと敷いてもかわいいのじゃないかなと。
刺繍が施してあるわけだから、いいお値段するのよねこれが…

ぐるーりと楽天を探して、数百円って意外と安い?と思ってみたら10センチの価格だったとか、
(つまりメーター数千円)
やっぱりいい値段します。おまけに刺繍模様もなかなかこれぞというのがない。

でも見つけてしまいました。

ボーダーで、刺繍もなかなかかわいい生地。
生地部分は生成だのオフ白だの茶だの黒だの紺だの、とにかく無地がほとんどの中で、
ボーダー生地はたったひとつ。
しかも水色と薄紫と黒の三色ある!
水色もかわいいけど、冬場寒そうだから紫がいい!!

…しかしながら、必要な尺を買うと一葉さんがお出ましになる価格。
アタシの最高額はメーター二千円ですよ…それを軽く超えたわ…

なのでとりあえず、セール価格でかなーーーーーりお手頃価格の、
無難な生成生地をまず買ってみることにしました。
めっちゃ気に入った!ってほどでもないけど、許容範囲だし、何より安すぎる…
イベで使ってみていい感じだったら一葉さんを召喚してみようと思います。

edit↓ top↑

憧れのアクリルひな壇。

復路も名古屋から東京に戻りまして、東京から帰るんです。
また昼行便に乗る予定だったけど、所用を作ったついでにあれこれ買いものすることにしました。

まあお目当ては浅草橋のシモジマさんですけどね!
サイズを間違えて買い損なった、梱包用品が欲しいんですよね!
それとアクリルのひな壇があるはずなんですよね!!

ついでに養生テープと布ガムテープと、白無地のマスキングテープゲット!!
白無地は型紙をつなぐのに必要なんです。
柄テープでもいいんだけどね、白無地の方が見やすいですからね。

布ガムテープは、巻き(芯)が小さいもので、持ち歩きに重宝します。
考えてみれば、テープの真ん中って空洞だから、荷物として詰めるにはロスなのよね…
普段使いにはそれでいいんですけど、イベント用には小さい方が便利です。

で、ありましたよーひな壇!!
アクリルのボックスにしようかと迷ったけども(ひな壇はかさばるので)、やっぱり段が格好いい。
幅が21センチというのもA4にジャストで収まる!!
小さく梱包できそうな半分の幅のを二つ買うか迷った末、21センチ幅のにしました。
それともう一つ、長財布などを立てて飾るための財布立て。
高さはないけど、傾けて自立させられる優れもの。
これがあれば小銭入れの展示に便利かも知れないということで、これもゲット。
幅もほぼ同じなので、組み合わせればA4内でかなり展示できるぞ!!

浅草橋にいるので、貴和さんやパツクラにも寄ったものの、思考回路がオーバーヒートしててなんも買えませんでした。
うん、目的は果たした、とりあえず。宝くじも少し買った!!

次は新宿のオカダヤさんですよっ。
会員更新を兼ねて、15ミリの綾織りテープをゲット。
ちっさいグラニーにはこの幅がジャストです。
それと20ミリ幅のアクリルテープ。次のA4がまはテープを使います。持ち手作ると手間過ぎます。


もっといろいろ歩きたかったのですが、さすがにくたびれて早々にネカフェに引っ込みました。
明日はまた修羅場だし、体力回復に努めよう…

edit↓ top↑

テントを探す。

先の土沢で雨に当たったこともあり、簡易テント(タープ?)の導入を真剣に考えたのです。
一年くらい前にも探したけど、車なしで運ぶのは無理、で買わず。
まあ現状も同じなのですが、車の導入も見越してもっかい探すかと。

で、テントを立てるとなれば固定用の重石も必要だし、
そういうのを保管するのも面倒だなー、とは正直思っています。
テーブルにしろ何にしろ、「フリマに出るための用具」を増やしたくないのですね。
プロフリマーのオトモダチみたく、毎週のように出店する(オンシーズンのみだけど、
年間で二桁にはなってそう)ならともかく、
自分は屋外出店、片手で数えて余るくらいだし。
いや車持てばもっと出店増えるかもしれないけど。

マイ用具で固定しちゃえば展示も楽ではありますよ。
テーブルサイズに左右されることもないので、要らんことを考えなくてよい。

そんなこんな考えながら探していましたが、気がついてしまいました。

テントって、ひとりで組み立てるの無理じゃない?

「組み立ては最少ふたりから」て書いてるし、イベで見かけるときも二人がかりだわ…
そうだよね、屋根を持ち上げるときひとりじゃ傾くよね!

でもって自分、いっつもひとりで参加しますよね!


…はい、無理でした。

そもそも無理でした。

無駄な時間を使ってしまったよ…

でもですね、雨は無理でも日除けは欲しいと思いまして、ガーデンパラソルなら持てるかなと。
品物が直射日光にあたるのもあまりよくないし、自分が不用意に日焼けするのも避けたいし。
少しの雨くらいなら防げるかもしれないし。
これはこれで重石が要りますが、テントに比べたら半分もないです。

ということで目星はつけておきました。


edit↓ top↑

口金を探す。

マチ無し車掌がまの、口金が丸いのがいいなーってのを先のつくるっこで聞きました。

長財布が入ればいいなーも聞きます。
二つ折りが入ればいいなーも聞きます。
どっちにしろっちゅーんじゃといつも思います。
そういうお申し出をされた方に、その後も巡り会うということがないので、
話半分に聞くことにしています(えっ)。

長財布用に作っても、
二つ折り用に作っても、
申し出られた方がその後お買い上げになることがないからです。
今のところ。


そんな呪詛はさておいて、小銭入れが大きくなったような形もそれはそれでかわいいので、
口金をもそっと探してみました。

まあちょくちょく探すんですけどね自分。
材料ゲットには余念が無いのです。
(でも多分、卸的なところは網羅してしまった気がする)

マチ無し車掌がまは24センチ幅の角形です。
24センチ幅のくし形となると、選択肢が限られます。
ふふ、探すまでもない感じだよ。

くし形はくし形でも、「角張った丸み」と「楕円のような丸み」がありまして、
アタシは後者のつるんとした丸みが好きです。
18~21センチだと、前者の角張丸みが多いのが残念です。
このサイズでいろいろ作りたいんだけどなあ。

で、24センチのつるんくし形、たっかいんですよねまた。
おたふくがまに使っているアレなんですが、AG色になるとますます高いです。
ちょこっと安価な銀色にしたいけど、そうすると今度はストラップの銀色が必要。
それはそれでまためんどくさいわけです。

24センチの角形も、安価品はすでに入手困難です。
そもそも売っているところがない。あっても買える状態にない(ずーーーーーっと売り切れ中)。
買えてた時期、そこまで大きいのを作ってなかったので、買い占めもしてなかったわけですよ自分ね。

なので安価品は諦めて、今後はこれまたたっかい口金にせざるを得ないわけですが…
くし形も角形も、価格にほとんど差が無いので、品物価格も同じに出来るのが救いかな。
同じようなものは同じような価格にしたいけど、片方が暴利になるのも薄利になるのもちとつらいので。
それでもまあ、現行の車掌がまに比べれば値上げせざるを得ませんけども、
売価自体をあまり上げたくないというお人好し思考なのです。
(現時点でも結構欲張ってると思っているし)

そういう意味ではA4バッグもだな…
口金の高さが低くなる(=開きが狭くなる)というのに、お値段倍なのでこれも上乗せ。
心苦しいですが、薄利過ぎても自分が困ると思うので、お許しください。

出来るだけ材料費を抑えたい。
口金探しに余念が無いのは、こういう理由も有りなのです。


なお、お高い口金はお高いなりに傷もなくていい品なので、ハズレがない分楽にはなるかも。

edit↓ top↑

サヨナラミシン。

レンタルボックスの納品に行くついでに、ミシンをオトモダチに引き渡すのです。
引き渡しは前から決まってたんだけど、なかなか持って行けなくて延ばし延ばしになってました。

なので、普段分解しないところまで可能な限りバラしてお掃除。
150926.jpg
ジャノメのメモリークラフト5150です。
当時の最新型だと思うし、当時の給料吹っ飛ぶくらいお高い買いものだったけど、10年ほぼ何事もなく働いてくれました。
ヘビーユースは後半の5年くらいだけど、前半も人形服でかなり使ってたもんね。
新しいのも買ってあるとは言え、愛着もあるしお別れが切なくて、感謝を込めて磨きました。

ミシンカバーを引っ張り出したら、こっちの方がきったなくて大変なことに。
転居時くらいしか使わないし、やむを得まい…
なお新機種にカバーは無し。元々使わないから気にしない。

前々日まで使っていたので動作確認はばっちり。
一応通電を確認して、遠路はるばる引き渡しに行きました。

で、オトモダチとは引き渡しのみの予定だったのだけど、お買い物に誘われたのでついて行きました。
フットコントローラーが欲しいんですって。
トーカイで聞いたら、最近のはフット標準装備のようで、単品売りしてなくて値段も調べないとわからない模様。
なので、単品売りしている別のお店にご案内。

うーん、結構高いんだな…
自分の新しいのもオプションで着けてもらった(標準じゃないらしい…)んだけど、巻き取り式のワイド幅でいいお値段します。
メモリークラフト購入時もオプションだったので、要らないからって着けてないんだよね。

ひとまず、手元スイッチで不自由するようだったら購入ってことにしました。
オトモダチのところでもちゃんと働きますように。


その後ちょっと街中をうろついてたのですが、
ウエダ様がなんか改築されている……
地上一階と地下一階の店舗だったのに、地上一階がカフェだか飲み屋だかになっている…
マジですかこれ。地上二階を縮小したのも近年だったのに。

あまりにもショックで、その後かなりやさぐれました。
手芸店がどんどん縮小しちゃって切ないよ…
人員不足だったら張り切って勤めに行くんだけどなあ…

edit↓ top↑

あのぬの。

同人誌即売会のテーブル用敷布として、「あの布」というものがあります。
昨年から販売されているもので、オトモダチも使っています。
先日お邪魔した際に現物を見学させてもらって、いよいよ自分でも作りたいなと(えっ) 。

というのも、「あの布」は高機能なんだけれども、自分の用途にちょっと合わないのです。
幅90×奥行き45のスペース用なので、180×45となると2枚必要ですし。

アタシの場合、参加するイベで机サイズが違うのがネックなのです。
幅は90、120、150、180の四段階、奥行きは45、60、90の三段階あります。
大きいブースだとL字配置もやったりするし、すべてカバーするとなると複数作る必要さえあります。
でもそれは非効率なので、L字はとりあえず除外(参加できるの今だけだろうし)。
なので、
最小90×45、最大180×90をカバーするにはどうしたものかと。

最大サイズで作れば賄えるけど、生地もかさばるわけですよ。
なので、90幅のを二枚作って、真ん中をオープンファスナーでつなげばいいんじゃないかなと。

敷き布自体も固定化したくて、木目生地を買ってみたけど何かが違う…
シャビーシックに白木目ならいいかもと思ったけど、色がイマイチだし。
以前販売していた青木目か緑木目、もっと買っておけば良かったなーと思います。

目印にしたい反面、飽きが来ないのと考えると白無地が一番いいのかしら…


edit↓ top↑

北の大地観光ふらふら編。

思い立って始発の特急に飛び乗りました。
ラッキーピエロのバーガーが食べたかったわけですよ。
あわよくばオムライスも食べたいわけですよ。
煉瓦館のがまぐちショップをがっつら見て英気を養いたいわけですよ!

詰まるところただの現実逃避です。
だって2時間で着いちゃうからねー。

というわけで金森煉瓦館に突入したところ、新しいがまぐちショップができておりました。

ちょっ…なにこれもう悶える!!

小銭入れからポーチやらバッグやら、それと和柄の小物を置いているショップなのですが、
店構えから品揃えからもう…悶える!!

でもですね、一応仕立てている身としては「作れるものは買ってはならない」と思っていまして、
デザインをガン見して脳内メモリーに刻みまくるにとどめました。
タックやヨーク入りのデザインを一度作ってみたかったのだけど、
内袋はタックヨーク無しで設計していいんだなとか、
これくらいのサイズ有りなんだなとか。
開けては閉め開けては閉めでどこのバイヤーなのかという感じです。

でもですね、

負けました。

数時間迷ったけどもこれ買ってしまいました。
150828.jpg
通帳が入るくらいの1.5センチくらいのマチの薄型がまです。
正直、「何を入れるんだ」と思ってます。
でも柄に負けました。
木彫りの熊はかさばっちゃうけど、これならまだ実用もできるのではないかと。

イベントでたまに、「何を入れるの?」と訊かれることがあるのですが、
ようやくお気持ちわかりましたです。
「入るもの入れればいいじゃん!」というのが答えなんだけど、
果たしてアタシ、何を入れる気でいるのか…

これくらいの形でもいいんだなーというサンプルもあるんですけどね。

あとここのお店で、トンボ玉のシンプルなチャームを売ってまして、
あーこういうのもいいなと脳内メモリーしました。
石ならたくさんあるし、消費したいのですよね自分ね。


なお朝兼昼食にはホタテバーガーとエビポテト、
夕食にはエビオムライスをいただきました。
わかっちゃいたけどやっぱりオムライス多かった…
同じ値段でいいので半分か2/3くらいにして欲しいです…
サイドメニューをつける余地がないんだもんよ。美味しいのに!!

edit↓ top↑

撮影背景を探す。

みんねの出品をするにあたって、決まった背景が欲しいなと思っているのです。
撮影自体まだまだ下手っちょだけどそこは置いといて。

憧れはですね、手芸本によくある白っぽい板壁。
あとアンティーク風の家具とか。白っぽいの。
こういうの、しゃびーっていうんでしたっけ?

背景用として小さな板壁を作ってるところもあるのですね。
漆喰壁もあって素敵だけど、用途的に少し小さいかな…
そしてめちゃくちゃ高いかな!!

自作背景のハウツー記事をあさったりもして、また壁紙にたどり着きました。
小さい角部屋を作ろうとも思ってたのよねーすっかり頓挫してるけど…

今使っている簡易スタジオが折りたたみ式なので、これをそのまま活かそうと思います。
全然使っていない背景布を撤去して、壁に壁紙を貼っちゃう。
床は100均のウレタンボードか何かで別に作るかな。

「しゃびー」で検索してヒットした壁紙屋さんで、ひとまずサンプルを請求することにしました。
ちょっと時間はかかるけど、写真で見るのと現物は相当の差異があると思うので…
最初から慎重にやる方が、トータルで早いと思います。
うん、自分ちよっと学習したわ。

「しゃびー」はシャビーシックというそうですね…
使い込まれたアンティーク感とかそんな感じ?
いいですねーすきなテイストですねー。


edit↓ top↑