FC2ブログ

プロフィール

あまの

Author:あまの
白雪納戸(シラユキナンド)という
屋号でハンクラ活動しています。
英語表記 whitesnow closet
(ほわいとすのーくろーぜっと) です。


自己流ミラクル技が多いので、レシピは載せていません。

記事は基本的に長めです。
改行も少なめで密度が高いです。

↓作品販売しています↓
* ハンドメイドマーケット minnne *

* Twitter @whitesnow_c *
↑新作など最新の情報を載せています↑
みんね経由でない販売を行うこともあります。

ブログ内検索

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
  • --
  • --/--
  • --

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

edit↓ top↑

納品しました。

並べてみるとこんな感じです。
170205-1.jpg
一段に6個乗るサイズで台紙を作っています。
在庫数MAXの24個。みちみち。

相場がわからないので材料費からお値段を算定してみました。
同じ石のは一律にしようかと思ったりもしたけど、金具のお値段に結構差があるので、トータルのお値段もその分差があります。

値札貼ってボックスに並べるとこんな具合に。
170205-2.jpg
ひな段と内壁の間にすこーし隙間が出来てしまった…
5ミリくらい小さめになるようカットしたつもりでしたが、1センチくらい空いてしまいました。相変わらず目盛り読めないのかしらアタシ。
品物置いたら目立たないのでまあいいか。

一番奥が照明にぶつかってしまうのも想定外でしたが、ギリギリくっつかないで置けるのでこれもまあよしとします。
あえてフレームアウトさせてますが、手前の横壁には看板もつけてあります。
こなれ感大事よ。とかなんとか。

ボックスは並んでいるけど、系統が全然違うし、違うひとだと思われたら嬉しいな…
「えっ同じひとが作ってるんですか!」とか言われたい。

それで確認してみたら、台紙兼値札の場合は、やはり現物だけのお渡しになるんですって。
注意書きや素材名も明記しましたよ!と見せたら「やさしい!」と褒められました。
買う人はその辺あまり気にしないみたい…?
まあアタシの場合は自分が気にするのと、単に「こういう石使ってますよ!(ふんす!)」を明記しておきたいだけなのですが。

もう少し上乗せしても良かったと思ったくらいのお手頃価格なので、
うまいこと捌けてくれたらありがたいです。


スポンサーサイト

edit↓ top↑

視察とか。

毎度毎度ギリギリながらボックスのお支払いに行きましたよー。

ピアスを作りたい、わけなので、よそ様だとどんな感じなのかなあと観察視察。
台紙と値札を兼ねている方も結構いるのだなあ。
値札は購入された時にお店で回収してしまうので、現品だけ渡されるのよね?
それはちょっと味気ないなあ。
それと、どういう素材なのかを明記している方があんまりいないのも今更驚き。
なんの石なのかよくわからないし、金属名もないし…
アレルギーある人は二の足を踏むのではないかしら。

ペンダントやブレスだとだいたい真鍮かなーと思ったりしますしあまり気にはしないのだけど、ことピアスだけは素材を気にしますアタシ。
自分がちょいちょい傷にするからだと思うけど。たまにしかつけないので、穴がふさがり気味なので。
アレルギーは今のところないのだけどね。

お値段もほんとにピンキリでした。
なにぶん素材が不明なので、お値段の拠り所がわからないのね。
石が使われているのはなんとなーく察せられますが、そうでないパーツだと、
お値段が高いってことはお高いパーツなのかな、とか、
お手頃価格のパーツなのかな、とか推し量るわけでして、
でも明記されてないからわからんなーと思うのです。

たとえばそれがヴィンテージパーツだとかなんとか明記されていたら、そこが買いポイントにもなるんだけど…
わからないからね、「なんでこんなお高いの?」で終わってしまうのです、アタシはね。
(お手頃だったら「こりゃラッキー」って買いポイントになるけど)

なのでアタシはその辺ごりっと明記しておこうと改めて決意しました。
小さい石だけど結構なお値段してますよ!と。
(下手するとピンの方が高いと言うね)

にしくみさんが樹脂ポストだったのは意外でした。
陶器や粘土系は樹脂の方が作りやすいのかしら?
対アレルギーを考えると樹脂の方がいいのですが、
フックタイプを使うつもりだし、樹脂のフックはさすがにちょっとチープな気もするしな…

で、「わしはこれからピアスを作りたいんじゃが」と店員のめがねパツキンさん(以後めがぱっちゃん)に話を振ってみたわけですよ。
そしたら、案外イヤリング派もいますよとのこと。
確かに、学生さんとか穴開けられない方もいるもんね。
イヤリングもイヤリングで、ネジばね式とかシリコンクリップ式とかいろいろあるみたいです。
ピアスも、フックが好きな方、スタッドが好きな方といろとか。
フックもいろんな形があるし、長めフックが好きとか言い出すとキリがない状況に。
そうよねーアタシ自身はスタッドが好きだもんよー。
パーツの価格が半端無いからお手頃なフックにしたいだけでさー

というわけで、フック一種から変更して、フック、スタッド、イヤリングで三種類作ることにしました。
いやー、話振ってみてよかった。

そしてお人形服を作っているボックスがあったことから人形の話になって、
めがぱっちゃんが実は割とお人形好きというのが発覚…
どちらかというとぬいぐるみ寄りのようですが、
やってることがドールオーナーと同じで大変興味深く聞きました。

edit↓ top↑

納品しました。(箱を)

不審者かと思うくらいの大荷物でマルセルに行きましたよー…

おそるおそる中箱を差し込んでみましたら、

キツイ? いやぎりぎり入る?

ずりずり…

ぴたり。

それはそれは美しくフィットしました!!
明かり窓の場所も合っていたので、壁紙に穴を開けて仕上げ。
もう一度ずりずりと押し込みます…

…フィット過ぎて震える…!!
161105-3.jpg

次は大箱。

ずりずりずり…

穴開け仕上げ…

ずりずりずり…

なにこれアタシ天才ですか!!!

フットしすぎて感無量です。もう。満足。
161105-2.jpg

いやね、寸法的には入るはずではあるんですけども、
なにぶん紙ですし、作っていく段階での多少のゆがみなぞもあるわけですよ。実は直角でないとか。
その辺が許容範囲に収まったということです…!
もうね言ってしまうけど、

内装の精度が一番高いのはアタシだと思うの。

デザインは負けますよ。
精度なら負けない。自信ある。

それはさておいて、大量の納品の伝票書きをしておりましたら、
他の納品者さんがいらして、なんだか会釈とか挨拶とかしちゃって、
ちょっと話しかけてみたりしちゃって、
ご飯食べに行きました(なんだと)。

近くでやってた某イベの帰りだそうです。
ボックスはまだ三ヶ月めくらいだそうで、引っ越しを検討されていたので、
アタシが以前使っていた正面の横型を熱く推してしまいました。
ここ、引き出しにすると反応ありますよ!!(実話)とか何とかおだてて。

ハンクラ活動自体もまだ始めたばかりのようですが、いい感じにガツガツしている方でした。
「どうやったら売れるのか」を真剣に考える人はすきだぜ。

ボックスに出している方がこれだけいるのに、知り合う機会がなくてさみしいなと思っていたので、
これはよい出会いでした。
せっかくだから前に使っていた内箱も譲っちゃうよー。
箱だけはあるからね…ふふ…


edit↓ top↑

ChikChikさんに行きました。

やっとこ納品に行きました。
作家別にまとめたのかな、アタシの品物はもはやがまぐちコーナーになっております。
今回の納品もがまぐちです。

今日の目当てはもうひとつ、マーブルアートの体験レッスン。
土沢でも見かけたし、自分でもちょっとやってみたいなと。
「ちょっと」ね。
これでワイヤーラッピングに似た技術が身につけたら助かるな的な。

ちょっと難しい、といわれたのですが、やっぱり作りたいものが作りたい、ということで「お花」に挑戦。

はいっ。
161105-1.jpg
まあ、不格好ではあるわな。

これで30分くらいでしょうか。
ワイヤーが思った以上に柔らかくて、ほとんど素手で出来ました。
ビー玉を留める輪っか部分は乾電池で型を作ります。
輪っかで挟んで固定するのだけど、完全固定でないので、ちょっと緩むとビー玉が落ちます…

余ったワイヤー部分をぐにぐにっと巻いて、何となく蝶を作ってみました。
ここはわりかしうまく出来ました。さすがに工具使ったけど。

小さいビー玉はワイヤーラッピング用のワイヤーを使ったりするそうです。
決められたモチーフもあるみたいだけど、基本的にはフリーで作るみたいで、その辺もラッピングと似ているかな。

で、がまぐち教室の提案をしてきました。
これから冬になるし、春以降、早くても6月くらいではないかということですが。
アタシも初めてなので準備期間も必要だしね。

ひとまずは12月のChikChikマルシェでピンポイントレッスンの看板でも出してみようかな…


edit↓ top↑

内装箱を作る。1

寸法を測ってきたので、展開図に沿ってカルトンのパーツを切り出します。

一度に作ると失敗するので、パーツの段階で一度持ち込みました。
ボックスにうまく収まれば続行、収まらなければ調整。

測り方が甘かったのが、ちょっと小さめに切り出してしまっています。
予定外だったからお店の柔らかメジャーで測ったしねえ。
調整部分をカルトンに書き込みながら、愛用のスチールメジャーで測り直し。


大きいのは切り落とせばいいけど、小さいのは継ぎ足し継ぎ足しで調整します。
ミリ単位で継ぎ足します。
やればやるほど精度は落ちていくというね…

そして間違ったというね…

立体の寸法図、に加えて、パーツごとの寸法図も書いておかないとアタシは理解できませんよ…

引き出しも結局リニューアルです…
でもこれ、作ったのがもう二年も前なのです。
そんなになるのかー早いものだなあ。

片側だけバラして詰めればいいだけだもんね。そんなに手間はかからないはず。
…切りすぎとかしなければね。

edit↓ top↑

ボックス増やしました。

納品のつもりで準備していたわけですが。
室内外の工事がありましてね…
終わったら点検あるからーっていうんで何時間も待ってたんですけども、

いつの間にか業者がいなくなっていたという…

オイコラなめてんのか。

そんな次第で時間も押してしまって、とりあえず支払いだけしに行きました。

ふふ、在庫減ってないなっ。

こりゃ今月の売り上げゼロだなっ(泣)

そこそこ長いことやっていますが、いまだに売れセンがわかりません。
前月に売れたものをまた持ち込んでも、今度はまったく売れなかったりするし。

2493さんが11月から移動するとのことでしたが、移動先にもうディスプレイが出来ていました。
前よりゆったり目で数は少なくなったの…かな。
オールホワイトで末広がりのディスプレイなので、明るくてぱっと目に入ります。
なんて素敵なんだ…!!

それと別なところのボックスで、二段引き出しをこしらえた強者がいらっしゃいました。
上下段で奥行きが少し違っていたり、
引き出すとストッパーがあって落ちないようになっていたり、

なんというアイディア
アタシにその発想はなかった。ぐぎぎぎ。

それでね、
間の悪いことにね、

お隣のボックスが空いていたのです。

今日空いたんですって。
そうだね、月末だもんね。引き払ったんだね。

隣は正方形。そういえばこのサイズは借りたことがない。
引き出しをこっちに移せば、小物メインにできるかな。
そしたら元のボックスは大物を入れられるかな。
元々大きいのを三分割で使ってるからね。

お値段もまあまあだったので、
すったもんだしたあげく、とりあえず年内はやってみよう!と契約いたしました。
月末だから支払いは日割り一日と来月分だけでいいもんね。
なんだかデジャヴな気がするわ。

これ、納品に来ていたらこんな事態にはならなかったかもなあ。
時間がもっと早ければまだ空いてなかったかもしれないし。
納品刷るものも見直しになるし、納品しなくてよかったのか? 悪かったのか?

ボックスは予約の類も出来ないし、ここぞと思ったらもう確保するしかないです。
当月の日割り+来月分の前払いだから、月初に借りちゃうと結構な出費になります。
撤去する方も月末までは置いているだろうし、月末の遅い時間だと空きを探しやすいのかな。

それで、だ。
2493さんにならってホワイト内装にしてみようかと。
引き出しはすごくいい出来なのでこのまま使いたいけど、ホワイト内装にすると浮いてしまうので、
木目柄にでも貼り替えようかな。
そもそも内装壁が入ったらサイズが合わなくなるし、作り替え…

したくないなあ…
サイドを縮めるだけだけどさ…
これいい出来なんだよなあ…

とりあえず、持ち帰ってきました。
161102-2.jpg


寄り道して帰宅したら、なんか業者の声みたいのがよそから聞こえたけど…
知るか。アタシは4時間は待ってたんだからな。
明日の朝イチでもの申してやるから待っておれ。


edit↓ top↑

ChikChikさんに行きました。

市内でハンクラ品の委託販売をしているお店です。
数年前につくるっこで声をかけていただいたのです。
開店前だったのでお店の名前はわからなかったけど、だいたいの住所を聞いていたのでここだ!と。
開いている時間場短いのでなかなか機会がありませんでしたが、もう、今しかないという勢いで突入しました。

田園と住宅の中にある古民家ぽいお店です。

迷いましたよね思いっきりね。
グーグルマップを見ながら近くまでは行ったのだけど、そこから無駄に15分くらい行ったり来たりしましたね。
現在地も時々更新しておかないと、反対方向に走ったりすることを学びました。

店主さんに話を聞いたら、やはり声をかけてくださったとのこと。
ブログにコメントしようとして書き込めなかったと言うことです。
ううーん…ろくなコメントがないから閉鎖していた可能性があります…申し訳ない…

12月にハンクライベを開催すると言うことで、参加する気は満々でしたが、細かいところをいろいろ訊いてきました。
あと委託も申し込んできました。
送って並べてもらうこともできるそうなので、雪が積もったらそれで行こうと思います。
規約がしっかりしていて驚きましたが、置き方は結構ゆるいみたいです。
決まった場所がなくて、好きに並べてもよい感じ。
なるべく早いうちに納品したい!!

イベント主催者と言うことで、よその話もアレコレと聞けました。
市内開催が複数ある状態なので、やはり重ならないようにはしているのだそうです。
ちゃりっブーが最終週末というのも初めて知りましたよ…
来月は土沢があるけど、ぶつけるのかな…ぶつけたらさすがにアホだよね…
参加する人もかぶっているので、奪い合いになるのはよくないです。

ちくちくさんは年三回の開催なんですって。
つくるっこは年二回だし、arteVarieとかぶらない限りはこちらも出るだろうし、
arteVarieとかぶらなければてどらんごにも出たいし、
手応えがあるなら土沢にも出たいし(望遠カメラ野郎に耐えられればでもある)
これに東京イベを足したら月一ペースになるじゃない??
なんかもうこれで充分じゃない?? 委託もしたいし通販もあるし??

手応えないorメリットが感じられないところは割り切って切り捨てる、というのも必要なんだろなあ…


edit↓ top↑

マーケティングのようなもの。

ギリッギリながらボックス代金を支払いにいきました。

和柄がまは売れちゃったんですって。
最初に納品した時は全然売れなかったのにねー。
麻の葉柄がよかったのかな? 最初は七宝つなぎだったし。アタシは七宝のが好きですが。

そこでチャコちゃんが一言。

「お祭りに合わせて和柄があれば…」

…うおお。
ぜんっぜん考えてなかった!!

東北は八月第一週、そこかしこで夏祭があります。
この街もそうです。東北五大祭に入るくらいの祭です。
(三大祭りには入らない模様)

売れセンかと考えて納品したミニバッグは減らず。
というより和柄がまくらいだな売れたの。

在庫の中からボックスに入るものを適当にチョイスして持って行ってる感じなので、
(たまに限定で作るけど)
シーズンものとか全然考えてなかったりします。
そもそも季節を選ぶようなものでもないし。

でもお祭りっていうイベントは想定外だった。
というかこういうのをつかまえてこそ売れるんじゃないのかね。

てかもうあさってから始まりますよね??
今から作って間に合いますかね??

まあとりあえず作ろう、ということで、和柄がま(七宝つなぎだけど)と巾着を作ることにしました。
あと根付けも作りたいな。貴和さんで根付けパーツ買ってくれば良かったな。

そんなわけでぐるぐる回ったけど、そんなオサレパーツは売ってないんですよ。
久々にウエダいってまたおまけされちゃったりね。常連扱いかアタシ。


edit↓ top↑

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。