プロフィール

あまの

Author:あまの
白雪納戸(しらゆきなんど) こと
ほわいとすのーくろーぜっと です。

天野忍の行ったり来たりハンドクラフト制作記録。
お裁縫、ビーズ、レジン、など。

自己流ミラクル技が多いので、レシピは載せていません。

記事は基本的に長めです。
改行も少なめで密度が高いです。

↓作品販売しています↓
* ハンドメイドマーケット minnne *
* Creema *
* tetote *

* Twitter @whitesnow_c *
↑最新情報はこちら↑

新作をご覧になりたいときは、
ブログ内検索で「新作」を検索してください。

ブログ内検索

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
  • --
  • --/--
  • --

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

edit↓ top↑

台紙を作る。

品物もディスプレイもできあがったので、いよいよ台紙作りに着手。
といってもモデルになる既製品があるので、あとは適宜寸法を決めるだけです。

こんな感じ。
170204-1.jpg
縦長デザインなので台紙もある程度高さがあります。
下の余白にはスタンプどうかなーと押してみましたが、台紙の幅ぎちぎちになって窮屈なのでやめました。
値札をどこにつけるかが問題で、下からぺろっとはみ出させるか、背中に貼るかだったのですが、
スタンプがなくなったので下の余白にシール貼ることにしました。

発掘したデニム調の特殊紙で作ってみました。
170204-2.jpg
てっぺんに小さなロゴスタンプをぺたり。

白い紙に枠をつけるか、色紙にするかで迷いましたが…
白紙だと白~透明な石が見えにくいし、濃い色の紙も透明な石が沈むし。
買い足したくはないので、手持ちの紙からなんとかしようとあさった結果、これでいいかなと。
綾織りみたいな畝があるので、なかなかいい雰囲気になっていると思います。

底面は噛み合わせで接着していないので、外してこのように畳むことも出来ます。
底に値札をつけると外せなくなるし、それでよかったかも。
170204-3.jpg
背中までの厚みも確保してあるので、バネやポストも露出しません。
…ってこういう台紙があるんですけどね、参考にしただけですけどね。

そこそこ高さがあるのは、背中に注意書きを貼るためです。
お手入れ方法とか、「お肌に合わない場合は~」とか。石の名前とか書きたいし。
ゴールドフィルド、使ったまんま放置しておいたら変色してしまったしね…

もう夕方になってしまったので、急いで値札つけて納品!は数分で諦めました。
その代わりちょっと納品数を増やしてみたり。
売れ行き見てからでもいいとは思うんだけどね…作り出すとハマるというかね…

スタッドタイプ用のチェーン。ほっそいし短いし、切りくずみたいですが大事なパーツです…
170204-4.jpg

さらに12個作って台紙にセット。写っていませんが注意書きも貼ってあります。
これだけあればお店感はあると思うのよね…
170204-5.jpg

こういう小面倒な作業、むしろ好きだわアタシ…

スポンサーサイト

edit↓ top↑

ワイヤーとの戦い。

だいたい材料が揃ったので、いよいよアクセづくりに着手しました。

連で購入したマルチカラーを色分け。
ルビー、サファイア、エメラルドだそうで、ピンクとイエローのは正直どこに属するのか…
(ピンクはルビーのような気もするし、イエローはサファイアかしら…)
170203-1.jpg
色が濃すぎてぱっと見黒に見えるのはどうしたものかなー。
あと赤いのだけちょっと多いし。

これに、いつどこで買ったのか思い出せない手持ちのガーネット、アパタイト、タンザナイトを加えたら結構な量になりました。
ムーンストーンもちょっとだけだけど見つかったしね…
あさったらまだあると思う…買ったままの記憶あるもんね…

アメジストも二色購入。
黄緑色が欲しくてペリドットも購入したのだけど、ちょっと小さかった…
170203-10.jpg
サイズ表記的に小さいかなとダメ元で買ってみたけどやっぱり小さかった…

虹色に並べてみたところ。
170203-2.jpg
黄緑色を入れたいところなのだけどこれはこれでまあまとまってはいると思われます。

これを全部通すと約25ミリ。
170203-3.jpg
石部分は20ミリくらいにしようと思って、ピンは25ミリのをもつっと買っておいたわけです…
38ミリのは数本しかないのです…

石の数を減らして25ミリピンに納めるとこんな感じ。(下段)
170203-4.jpg
グリーンはアパタイト。これはこれでふんわりした感じでいいかもしれない。
ちょうど7石で七色だし、これで作ってみようかしら。


はいっ。
170203-5.jpg
フックとイヤリングは直ですが、スタッドだけチェーンをつけて寄りぶら下がるようにしています。

ピンはゴールドフィルド0.4ミリ。
めがね留めすると様になる!と思ったのですが、ちょっとぎちっと押さえたら、ブチッとちぎれましてねピンが…
それと長さがギリギリなので、ピン先をつまむのが難しくてうまく曲げられないのです。
ぎっちりつまんでまたブチッといったら嫌だし。
普段は真鍮の0.6とか0.7、下手すると0.8くらいの頑丈なピンを使ってますが、同じ力加減でやると強すぎるわけです。
何よりゴールドフィルドのピンは、無駄遣いできないほどお高い!!
もう「おそるおそる」という言葉がぴったりで、心臓がきゅってなりました。

スタッドタイプのは、これまた細いチェーンに通すのでやむなく一重輪にしてますが…
下手なめがね留めもどきよりは、長さの許す限りのぐるぐる巻きの方が見た目も強度もよいという結論に至りました。
カットする手間も省けるし。カットしたくない値段だし。
というかもっと早く気付け。ここに至るまでにすでに何個も仕上げてるっつの。

ピンもさ、わざわざボールピンにしてるからTピンより高いんだよ…
こういうとここだわるから初期投資がかさむんだよアタシ…
(でもボールピンの方がかわいいしはったりが利くと思うの!)

納品数12個でとりあえず打ち止め。
12個の中でさらにフック、スタッド、イヤリングと三種に分かれるわけですが、必要なパーツ数が計算できないといういつものオチです。

edit↓ top↑

ブレスレットを作る。

虹色というか七色の石でブレスレットを作りたい、と数年来思っていて、
それらしい色が揃ったので着手してみました。

はいっ。
161001-1.jpg
トップには桜の素彫りが入った水晶を。


着用サンプル用の水晶タイプ。
161001-2.jpg


ううーん。
なんだろうこの漂うコレジャナイ感は…
原色じゃなくてパステル系にするとかすればいいのかな…
「同じようなもの」を作ってみてもいまひとつ「なんか違う」感がいつもあります。
よそから得たモチーフだからだろうか。

オトモダチが作ったものはいつも「素敵だな」と思うのだけど、
自分がまったく同じものを作れたとして「それがどうした」と思うだろう、と思うのです。
なんだろう、こっちのジャンルに自信が持ててないってことだろうか。


edit↓ top↑

六角モチーフを作る。

「アタシでも作れる」を形にしたいわけですよ。
あのあとモチーフをちょこっとメモっておいたのですよ。
パツクラで台座とブローチピンを購入したので、早速やってみまーーーす!

はいっ。
160702.jpg
記憶ともメモったのともちょっと違う気がしますが、これはこれでいいかと。
六角モチーフは前にしこたま作りました(数ヶ月前にもやった)が、忘れたのでレシピ見直したり間違ったり。
台座に乗せたら何となく様になったような気がするけど、どうだろうか。

なるべく控えたとはいえ、台座の裏にテグスが出てしまうのがちょっと気になる…
もう一枚台座を重ねて塞いでしまえばいいのだけど、そうすると台座の消費が倍になるし…
でもテグスは見せたくないし…


金の台座でも作ってみましたが、ビーズが透明なので金色を通してしまって、色合いがまるで変わってしまうので、
おとなしく銀台座だけで作ることにしました。
ちょっと山なりのモチーフなので、台座との間に水晶のボタンカット仕込んでみたり。
材料が減るって素敵…!!

なおこれはアレキサンドライトカラーなので、光源で色が変わります。

色が変わると言えばカンタロープだなー欲しいなー…

…貴和さんでよもやの半額セールだよ…
この間アレキ5ミリを半グロス買ったというのに!!

ていうかアレキの4ミリはセールじゃないんですね!!
ていうか買い込んでどうするんですかね! 減らしたいのに!!


ひとつモチーフがあればいろいろ作れるなあと言うのを少し前から思ってたんですね。
アクセサリーにしても、ブローチだったりブレスレット、ペンダント、ヘアアクセと数種できちゃう。
アタシにはそういうのが無いので、それがある人がうらやましくて。
まあ作ってみたところでどうもセンスが感じられないし、展開できる自信も無いのだけど…

同じモチーフをしつこく作るのくらいだったらありなんじゃないかな、と欲を出した次第です。


買ったはいいけどブローチピンも揺れないタイプだし、そもそもどうやって接着しよう…
金属用の接着剤持ってないしな…(探せば埋もれていそうではある)
レジンで固めちゃえばいいのかしら。

揺れるタイプのピンは貴和さんでしか見つからん…
見てるとあれこれ欲しくなるなあああ…

パツクラのサイトとはしごしてとっかえひっかえ見ていたら、買いためてたチャーム用のチェーンが倍の値段になっててびっくりしました。
パーツ集めて自作する方がなんぼか安上がりだったので、できあいのを買うのはもうそんなに無かったんだけど…
「なんぼか安上がり」から「だいぶ安上がり」になった模様です。いいのか悪いのか。

edit↓ top↑

ビーズ織りをしてみる。

ビーズ織機を買ってしまいました。
作りたい時に作ってみるのが一番いいので!(言い訳)

いきなりアレンジという冒険はせず、キットの通りに作ってみます。

一段目。
160619-1.jpg

五段できました。
160619-2.jpg

規則的な模様なので、ある程度進むとレシピを見ないでも織れます。

その結果、入れるべきビーズを入れそびれてできあがりました(直さない)。
160619-3.jpg

織機から外して縦糸の始末をするわけですが…
真ん中から順に送っていって、箸まで送ったらシートに織り込んでしまうそうですが…
シートの長さに比して縦糸が長すぎるし、きつくてなかなか引っ張れません。
無理に引いたら端のビーズががたがたになっちやったし…
160619-4.jpg
ここまで来て縦糸がぶっちぎれ、アタシの集中力も切れました。

調べたら、縦糸を一本ずつシートに織り込む方法もあるそうです。
それはそれで手間がかかりすぎていやだ…

縦糸をうまく引けないのは、きつく織りすぎているのもありそう。
というかやっぱり縦糸が長すぎると思うのです。織機の長さが変えられないから仕方ないけど…
数百円の差で調節できる織機もあるみたいで、早まったなーとがっくり。

気長にやろう…

edit↓ top↑

ビーズ織りのチャーム。

鞄型のチャームキットのおしらせがメールで届きましてね…
なんだこれかわいい…

ビーズ織りで作るものなので、織機が必要なわけですよ。
デリカビーズ自体はもりっと持っているけど…
織機か…

シート状に作ったのを立体にすればいいんだろうし、ペヨーテステッチでなんとかならないかしら…

織機も簡易なものは思った以上に安かったんですけどね。
あまり手を広げたくないというこのジレンマ…

edit↓ top↑

ペンダントを作る。

人形がらみなので、気になる方のみ続きをどうぞ。

edit↓ top↑

【新作】 十二星座チャームできました。

レンタルボックス用の品物です。

151129-1.jpg
星座のミール皿に、レジンで時計盤と鍵を封入しています。この部分25ミリ。
小さな六芒星と、星座ごとのラッキーカラーの石を合わせました。

誕生石ともちょっと違うみたいで、石の種類ではなく、色で見ていただければ。
間に水晶をプラスしています。

十二星座ひとつずつ、増産無しの限定です。

edit↓ top↑

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。