FC2ブログ

プロフィール

あまの

Author:あまの
白雪納戸(シラユキナンド)という
屋号でハンクラ活動しています。
英語表記 whitesnow closet
(ほわいとすのーくろーぜっと) です。

記事は基本的に長めです。
改行も少なめで密度が高いです。

↓作品販売しています↓
* ショップカート *
* ハンドメイドマーケット minnne *

* Twitter @whitesnow_c *
↑新作など最新の情報を載せています↑
みんね経由でない販売を行うこともあります。

ブログ内検索

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

取り置きについて考えた。

取り置きについてのツイートを見て、考えるところがありまして。
新作の取り置きをしていないわけではないのだけど、おおっぴらにアピールしてない。
なぜならいろいろ条件があるから。

それと、2daysのイベのときは初日で完売したものをツイートしているのだけど、
(1dayでもあまりに早くなくなったものはツイートします、余裕があれば)
今回、その「完売したもの」の取り置きを二日目になって要請されたりもして、 ツイートも確実に伝わっているわけではないな、と痛感。
完売ツイに該当品の写真を添付し忘れたので、わかりにくかったのもあるか、と反省。
そもそも完売ツイをしているひと自体あまり見かけないのだけど、無駄足踏ませたくないなーと思ったりもするわけで。

といっても朝イチで無くなるものも(たまに)あるし、残数が1/2でも1/10でも9/10でも「完売ではない」からツイートしないし、完売ツイート自体にタイムラグがある(見る側にもラグがある)ので、無駄足を完全に防ぐことは出来ないわけで。
何がいつ売れたとかいちいち発表する羞恥プレイはやってられないし、ツイートする余裕がないときも最近はあるわけですよ。
完売ツイ自体がサービス(というか良心)だよなーという認識でやってます。


そんなこんなで取り置きについて改めて練り直したりして、とりあえずこんな感じにまとめました。

1.作品一種につき一個まで、計三個まで
2.イベ開会時間二時間前までにリプライ
3.取り置き時間は開会時間の半分まで
4.購入は自由
5.取り置き品は「作品名」で指定すること


解説)
1.同一人による無為な取り置き防止。一種一点なのも、その種類を全部押さえられたら販売に出せないので。
2.TwitterのDMだと気がつかないこともあるので。リプライだと他の人にも見えるので、証拠保全的な意味合い。
3.たとえば10~16時のコミケなら13時まで。2daysだと初日の終わりが半分なんだけど、そこはちょっとグレーゾーン。
4.現物見てから、という気持ちはあるので、購入を強制するものではないです。が、「とりあえず押さえる」が多発すると困るので、押さえるけど押さえるだけだなって人はまあブロックしますわな。
5.似たような色や柄、作品違いの同じ生地、もままあるので、柄や色での指定は不可。たとえば「青いの」と言っても、スカイブルーから紺色まで受け散り方は様々なので。作品名で新作ツイを上げているので、そこはちょっと覚えてくれよ、と。

リプライは個別の新作ツイにするか新作まとめツイにするか迷って、どっちでもいいか、と思ったりもしたのだけど、まとめツイに限定。
まとめツイは結構ギリギリだったりもするし、こちらが必ずツイートするのも必要になってくるんだけど、個別ツイだとアップする時期がずれて管理しきれないと思われます。
(あと作品名で指定、の前提が崩れる)

で、完売ツイには該当写真を必ず添付しようと。
作品名でわかってくれる方もいるけど、そうでない人もいるみたいなので。そういうひとが「○柄で」と言ってきたりするのだろうけども、こちらは何種類も生地を扱うからいちいち柄で覚えてないのです。
そのために作品名をつけているわけなので。作品名がわかると、あーあの柄で作ったっけ、と思い出せる。逆だとこれが難しい。

(ところで作品名を覚えない人は、他の作家さんにも「○色の○の形の」とか言うのかな。多作の方ほど色覚えてないと思うんだけど)

この辺は毎回ツイートするの面倒なので、ウェブページ作ってリンクツイートすればいいかなあ。
メモ書きしてコピペでもいいんだけど…
1月のばりえからやろうと思うので、それまでに体裁を整えます。多分ね。
スポンサーサイト

edit↓ top↑

デザフェスでした。

初めて角ブースに恵まれました。
いつも一個内側だったりで悔しい思いをしていたのだけど、いざ角になるとどう使ったらよいかわからないものです。
とりあえず透明なウォールポケットを用意して、壁面にも展示してみました。

今回は品数に自信が無くて、オトモダチの水城さんにヘルプという名の委託を受けてみたり。
かんざしケースもあるので、客寄せパンダ的なね。
あと売り子もちょっとやっておくれと。

で、開会直後は静かなもので、今日はのんびりペースかなと思ってましたが、そこから数時間てんてこ舞いでございました。
水城さんの品物の梱包もあるし(不慣れ)、合わせてお買い上げになる方もいるし、まあどうしたものかと。
ブースサイズ的にふたり売り子は厳しいので、ひとりで対応するわけですが、「助けてくれ!」とぐるぐるしておりました。

(いやそれだけのお立ち寄りがあったのは本当にありがたいことです)

そんな感じで大物がほぼ捌けてしまったので、二日目は水城さんの作品が増えました(笑)
委託と言うよりフィーチャーリングとかになってました。売り子も丸投げしたし。
おかげで久しぶりに見て回ることが出来て楽しかったです。
いろんな才能を見るのは本当に楽しいね!

本人がいない間にご挨拶にいらしてくださったり(オトモダチがしれっと本人ぶったらしい…)、以前購入されたものをお持ちくださったり、わざわざ訊ねてくださるのも本当にありがたいです。
差し入れもいつもありがとうございます…湘南のアナタ様…

品物はやはり少なかった感があります。
頑張ったつもりなのだけど、ばりえ後にごちゃごちゃして作業日数削られた感はあります。
メンタルが荒れるとやる気もなくなるので、あんま煩わせないでくれ。

今回から搬出入が変わったし、前回からの保管費値上げで、荷物の往復だけでも二諭吉くらいになって、キャリーは手持ちしようかなと思ったりもしますが…
大型過ぎて移動に差し支えるからいやなんです。
東京に着いてからもトイレとか吉野家とかいくし、そういうとこにガラガラ引きずっていくのがすごくめんどくさい。
往復六千円と考えると迷う部分ではありますが…
大きいだけじゃなくて、什器が入ってるから重くて、それもいやなんだよな。
六千円さらに稼げばいいのかしら。そうしよう。

会場で直すはずだったオトモダチの鞄パーツを間違ったり、口金つけるつもりでいたのにボンドを持ってこなかったり、ノベルティもショップカードもなくなったり(ばりえの反省を活かしていっぱい持ってきたと思ったら意外と少なかった)、と自分的にすごくダメなところもありましたけども、手応えはだいぶよかったです。
場所かな。場所だね。あと水城さんのおかげだね。

ところで、お向かいのブースの方が何もないところに箱ひとつでやってきたのに、いつの間にかテーブルやら什器やらがでていてどうなってるのかと思いましたら。
その箱が変形して什器になっていた模様です。
撤収の様を見学させてもらいましたが、元の通り箱ひとつに収まってました。
もうねその箱受注製作したらいいよ。すごいよ。台車が椅子になるんだよすごいよ。
デザフェス用に設計したとのことで、思わぬところですばらしい技術に出会えました。
(まあうちのネット棚も、初日の朝に「すごい!」って言われたんだけど)←たまに言われる

次回は製作に余裕があるはずなので、是非とも当選したいです。

edit↓ top↑

このブログについて。ろくねんめ

文化の日です。
履歴を記します。

(相変わらずサボりぎみです)

書いている人 あまのしのぶ
書いていること ハンドクラフト全般と、少々の旅の記録
最近扱っているもの 布・紙・天然石・ビーズ・糸
作るもの 主にがま口、特にがまぐち鞄
     時々がまぐちでない鞄
     1/3ドールサイズの服
     ゆびぬき、天然石のアクセなどを合間に少々
      
その後のハンクラ履歴。
2017年11月 square端末によるカード決済導入
2018年1月 つまみ細工をやってみる
2018年4月 ハンドプレス導入
2018年5月 東京イベ参加五年目記念にノベルティ配布開始
2018年8月 PayPalによるカード決済導入
2018年8月 自家通販開始
2018年9月 またレジンをやりたくなりレジンランプ購入
2018年10月 ひまわり手芸店での委託販売開始
2018年10月 squareから撤退
2018年11月 四台目の家庭用ミシン導入

こんなところです。
新規クラフトはつまみ細工。
作りたいものは決まっているので、淡々と修行したいところです。
(正直なかなかやる余裕がないけど…)
ハーバリウムのワークショップにも行ってみたり。満足しました。

イベでの決済方法を模索して、端末を購入したのだけど、手持ちのカードが対応しておらずテストもろくにできなかったという…
あと端末を持ち歩くのが億劫になって、ほぼ使うことなくはや一年。

で、夏コミで大口のお客さまを逃したのが契機になって、ショップカートをオープンしたり、他の決済方法を探したり。
PayPalのシステムが使えるようだったので、カード決済はこれでやることにして、squareは辞めました
カートの決済はもちろん、イベでの決済もできるし、なんかはいてくになった気がします。
(今年の四月に始まったサービスらしくて、square導入時はやれなかった模様)
専用端末なし、ネット環境あればOKというのもありがたい。
カートは新作をぽちぽちアップするくらいのユルい営業です。
みんねも一応続けています。

カシメを打つのにハンドプレスあるほうが便利ではないか、と二ヶ月くらい迷って導入。
音が出ないので時間問わずだし、失敗も少ないのでカシメ打ちのストレスから解放されました。
高い買い物だけど、それだけの価値はあると思います。

で、使っているミシンの糸調子がおかしくなり、だましだまし半月ほど使いましたけど、それもまたストレスになるのでスペアミシン導入、まさに今日届きました。
前に使っていたタイプのグレード低いのの中古です。
使い勝手を変えないというこだわり。操作方法変わるとこれまたストレスなので。

ブログは新作出たときくらい書こう、というのが今後の目標です。

―――――

申込イベント)

arteVarie東京(大型)
コミックマーケット
デザインフェスタ
つくるっこ
ChikChikマルシェ
土沢アートクラフトフェア(秋のみ)
てどらんご
ドールズパーティ

edit↓ top↑

夏コミでした。

7月中に製作を終え、計画的なツイートをし、あざとく宣伝して挑みました。

東京に降り立った瞬間、「あまり暑くはない、耐えられそう」ではありましたが、
「湿度パない息できない」だったのは本当に困りました。
ただでさえ湿気に弱いタチですし、立っているだけでぶわっと汗が出てくる。
着替え多めに持ってきておいて良かったです。

案の定設営の段階で髪までびしょびしょのサウナ状態。
西ホールはほぼ閉めきりでまったく風が入らず。頭皮に汗をかきやすいので、それが額からぼったぼた落ちます。
ハンドタオルがびっしょびしょです。

シミュレートしてきたとおりに棚は組んだけど、ものが全然置けない。
置ききれないのは想定内でしたが(いつもだし…)、「出せない在庫」を置く場所的余裕がない。
正直、持ち込みすぎたと思いました。

島の端の方だったので、比較的出入りはしやすくてどうにかこうにか調整しつつでしたが…
棚板の奥行きがないところに無理に置いていた所為か、何度も落下する始末。
内側に大きなキャリーケースを置いて半分埋まってしまったのに加え、手持ち品を詰めてきた小型トランクでさらに倉庫化。
椅子を置く余裕もなかったです。
ひとつは本部に引き取ってもらえましたが、もうひとつも結局広げることが出来ませなんだ。
(座れても立てないし、立たないと接客できないし)

まあいろんなものが落ちましたほんと。朝から。ドタンバタンしました。
両隣のサークルさんには相当なご迷惑をかけて本当に反省しています。
搬入はキャリーとコンテナの二個までにとどめようと固く決意しました。絶対に置ききれないから。
(今回はさらにダン箱ひとつ)
入れ子もほどほどにしようと思いました。
今回は大物の捌けが良くなかったので場所が空かず、小物はほとんど出せないままでした。

それでもまあ、あざといツイートを見ていらしてくださった方、いつもいらしてくださる方(差し入れまで下さるのよ!)、狙い澄ましていらしてくれたであろう方、本当に本当にありがたかったです。
叩くと冷たくなる冷却剤とかね、お心遣いほんとに嬉しかったです。
ずっとサウナ状態でびっちょびちょでお見苦しくて申し訳ない。過去最高に汗だくでした。

大物の落下は、やはり棚板の奥行きのないのが最大の原因と思います。
ばりえなら棚板に対して横に置くから安定するのだけど、コミケは狭いから縦または斜めに置くことになります。
棚板といってもネットなので、安定感には欠けるのです。
おまけに高層組みするから横揺れに弱くて、些細な振動でもぐらっときたようでした。
なのでコミケだけでも棚板のネットは広いものにしようかと。
100円で買えない大きさのアレです。
なんならデザフェスもそれでやってみようかと。
使い回せるに越したことはないけど、大物も増えてきたので、むしろ見直す時期なのかもしれません。


それで、撤収後に「店長部隊集結」というベローチェに入ってみたのです。
いやあ、スマートだった。動きに無駄がなかった。「おぬし出来る!」って感じだった。
無駄にによによしちゃいました。また行きたい。


edit↓ top↑

続々・SNS告知というもの。

くだんのFBページはその後オトモダチがいろいろ見てくれて(ありがとう…)、
実はTwitterのアカウントがありました!というのが判明。
目には入っていたけど思いっきりスルーだったわ…
リンク先はFBでTwitterはアカウントだけ載せるってなんやそれ。

(それもやむを得ない。講師の所属元が紹介したツイートで、発信そのものは会場主でも講師でもないから)

Twitterはタグばかりで見づらい…とオトモダチの弁ですが、
これはインスタとTwitter連携のいわゆる垂れ流しです。
インスタの内容がそのまんまツイートに流れてくるというアレ。

というわけでインスタがあるのもわかったのですけど、ここ二ヶ月記事がありません。
従ってTwitterも止まっています。
おいおい。ワークショップのおしらせはFBだけなのかい。

実はここのお店、つい先日テレビで紹介されていたのをたまたま目にしました。
店主さんお一人で運営しているようで。それだけにいろいろと大変なのかもしれないけども、
SNS下手か…と小半時説教したくなりました。

ツイートをたどると最初は連携していなかったようで、素のトークが垣間見られるのだけど、それもなんだかちょっとイタイ。
ていうか、せっかく美しい商品が並んでいるのだから、ショーケースを毎日撮って毎日自タグつけてアップすればいいのに…
開店前のルーティンワークにどうですか! ボクに三分お時間を下さい!みたいな。

勿体ないなあ、と思いました。

オトモダチの調査によると、カフェスペースがあるので(テレビでもイートインできるとかやっていたような…)、おそらくそこが作業場になるのでしょうけれども、そうなると当日その時間はイートインできないということでしょうか。
そういうのを発信するのがSNSじゃないの…

しらんふりしてしれっとその時間にいってみようかなあ。


で、FBのアカウントはどうなったのかといいますと、

凍結されました

なんやこれ。わざわざ自撮り送ったのに。
まともに使えたの一瞬やんけ。

異議申し立てまでいて使いたいか? 否である

何度でも言いますが、否である

さようならFB。短いつきあいでした。

edit↓ top↑

続・SNS告知というもの。

夜中、思いきってFBに新規登録してみました。
見る専だからプロフィールほぼ白紙。下手に入力してたどられるのもめんどくさい。

すぐにアカウントは出来たので、当該ページを見てみたのだけど、教えていただいた以上の情報は無し。
よそのプロフ写真もみんなリア充って感じですね…

とつらつら見ていたら、
不正なアクセシビリティがありました、とのことでアカウントがロックされました
なんや。同じ端末から同じページを見ただけだぞ。

顔写真を送れ、というので、一応ネットの情報をあさってみたら珍しいことでもないのか、同じ目に遭った人の体験談がちらほら。
送ってから二日くらいで解除されたり、それでもダメなら異議申し立てで身分証を送ったりとそれなりに手間がかかるようです。
てか、異議申し立てって何…
そこまでして使いたいSNSか。否である
なのでそういうことになったらさっさとやめようと思いました。そもそも見る専なので。

SNSというかネット上の情報って、匿名性があってなんぼだと思うので、実名登録のFBには拒否反応が大きいです。
ベタな名前ならいいんだけどね。少数民族なのねアタシ。
母校のコミュがあるという話も聞いたし、それこそ引っかけられる可能性もあるわけで。
知られたくないこともいろいろあるわけですよ。
登録の段階でこんなぐずくずするシステムなんて使いたくねえな、というのが第一。
リア充とつながる趣味は無い。


続く。


edit↓ top↑

SNS告知というもの。

ワークショップやります、詳細は下記のリンク!というツイートがあって、興味持って見てみたわけです。

リンク先はフェイスブック(以下FB)で、アタシのタブレットからだと画面が固定されてしまって詳細が全然読めないのです。
ツイートでぼやいたら、優しいフォロワーさんが調べて下さったのだけど…

…うん、詳細が詳細じゃないのね。
材料費と講師と定員は書いてあるけど、場所は?
FB主(お店)でやるってことでいいのかな? だから書いてないのかな?
持ち物は? 手ぶらでお金だけ持っていって出来るの??

という感じで、随分ふんわりとしたおしらせでございました。
参加表明もFBからのみっぽくて…
アカウント持ってないとダメってことですか、そうですか。


個人的な感覚ですが、FBのみで告知している催しでまともな情報を得られた試しがほぼありません。
わかっていること前提、みたいな書き方というか、Twitterみたいな一見さんが一見してだいたいわかる、という感じではない。
イベントの告知でも要項までたどり着けなかったこともあるし。
なので、ユーザーには申し訳ないけれども、アタシはFBが好きではないのです。
そもそも実名登録って時点で無理無理無理、てなる。

これも個人的な感覚ですが、ログインしないとまともに読めない、と言う閉鎖感がもうダメ。
インスタもTwitterも、見るだけならアカ無しで見られるわけで。
拡散力もいまひとつだなと思うんです。

ほぼ見る専で登録してるよ、という話も聞いたので、登録だけでもしてみようかな…


続く。

edit↓ top↑

つちざわに

落選しました(泣)

封筒さわった瞬間「あっ…」てなりました。
なんていうの、コミケの白ラベル封筒とおんなじで、「あれこれ入っていない」というのが感触でわかるわけですよ。

案の定中身はペラ紙一枚、選考基準により落選とかなんとか選考基準ってなんだよ!!

悲しみのあまり1.5回読んで即廃棄。

落選もあるとは聞いていたし、実際落ちたという話も聞いてはいたけど、自分が対象になるとつらいものだなあ…(泣)

320募集のところに420の過去最高の応募があったんですって。
4人に一人は落ちる計算で合ってる?

なんだかなあ、参加するイベの規模が大きくなってくるのは嬉しいけど、はじかれる可能性も出てくるってことだよねえ。
10/7のばりえは申し込みそびれたし…
なんて言うか泣きっ面に蜂感が強くて切ない。しょぼん。

というわけで、
翌週のてどらんごに申し込むかな、どうしようかな…

edit↓ top↑